ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

プロポーズなんて怖くない!
求婚男子に贈る、成功率を上げるポイント

プロポーズなんて怖くない!求婚男子に贈る、成功率を上げるポイント

「失敗したらどうしよう……」の気持ちが行動を鈍らせる

付き合っている彼女と、そろそろ結婚したい。だけど、断られるのが怖い。
……そうやって、プロポーズを先延ばしにしている求婚男子は少なくない。でも、そもそもなんでこんなにビクビクしてしまうんだろう? その理由を、精神科医の樺沢紫苑先生に聞いてみた。

「人間は本能的に“変化“と“未知”に対して恐れや不安を抱きます。結婚は、いわば人生最大級の“変化”であり、多くの男性にとってプロポーズは“未知”の領域です。求婚男子がプロポーズすることに対して二の足を踏んでしまうのは、ある意味自然なことなんです」

ある研究結果によると、人の感情はポジティブな事柄より、ネガティブな事象に強く影響を受けてしまうのだそう。では、このような「プロポーズの失敗を恐れる心」を何とか克服する方法はないだろうか。

自分のことより、相手のことを考えた行動を

「自分が失敗することや恥をかくことばかり考えるのではなく、どうしたら彼女が喜んでくれるか、プロポーズを受けてくれるかを、彼女の立場になって考えましょう」と樺沢先生。相手に対しホスピタリティーを持って接することで、プロポーズに対する不安を軽減させる効果があるという。

さらに、プロポーズ前にしておくことで、成功率が上がるこんなポイントも。
「人間は、自分に好意を向けてくれる人を好きになる傾向があります。これを心理学の用語で“好意の返報性”といいます」
本格的にプロポーズをする前から、彼女への好意をきちんと示し、普段の生活から彼女に結婚を意識させるような言動を小出しにしておく。そんな小さな積み重ねが、君のプロポーズを成功に導いてくれるだろう。

プロポーズ成功のカギは、「誠意と信頼」

「重要なのは、相手に誠意を持って本心を伝えること。心理学の世界には “自己開示の法則”という現象があり、これは、自分の秘密や本心を伝えることで親密度が高まることをいいます。また、シンプルで飾らない『結婚しよう』という言葉もいいですが、『結婚したら、こういう家庭を目指そう』というように、将来のビジョンを示すと信頼感が増します」

人間誰しも変化を恐れ、未経験の事柄に対して不安を抱くもの。そんな気持ちを少しでも緩和させることで、彼女との「結婚」への第一歩が踏み出せる、かもしれない。】

取材協力・関連リンク

樺沢紫苑

精神科医・作家・映画評論家/FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを駆使し、累計40万人以上に精神医学や心理学、脳科学の情報をわかりやすく発信している。『脳内物質仕事術』『「苦しい」が「楽しい」に変わる本~「つらい」を科学的になくす7つの方法~』など著書多数。近著に『父親はどこへ消えたかー映画で語る現代心理分析ー』がある。

その他のプロポーズに関する注目記事

ニュース一覧ボタン