ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 婚約指輪、結婚指輪
  3. 婚約指輪の基礎知識
  4. 人気でおすすめの婚約指輪のデザイン
  5. プラチナ以外もあり?婚約指輪で使われる素材

プラチナ以外もあり?
婚約指輪 で使われる 素材

プラチナ以外もあり?婚約指輪で使われる素材

婚約指輪(エンゲージリング)の素材にプラチナを選んだ人は87%と大多数。しかし、プラチナ以外にも、婚約指輪に使われる素材は多数ある。本記事では、婚約指輪で使われる素材の種類についてご紹介。

定番のプラチナリング

定番のプラチナリング

プラチナは白銀色の素材で、変色・変質しにくいのが特徴。 プラチナリングは、白銀色であることから、ダイヤモンドやルビーなど、宝石の色合いを問わず相性が良い。

指輪の素材は、色以外にも、変色・変質のしにくさ、変形のしにくさ、金属アレルギーの起こしやすさなどを見て選びたい。 プラチナはそれらの要素に対して、バランスの良い 素材といえる。そのため、プラチナを素材とした婚約指輪の歴史は長く、婚約指輪の定番となっている。

3つのカラーで印象が変わるゴールドリング

ゴールドリングには3つのカラーが

ゴールドリングには、ゴールドと言われてイメージする色の「イエローゴールド」、プラチナと同様に白銀色の「ホワイトゴールド」、可愛らしいピンク色の「ピンクゴールド」がある。

1. カジュアルなイエローゴールド

カジュアルなイエローゴールド

イエローゴールドは、金色の素材。金の純度が高くなるにつれて柔らかくなる傾向があり、金が75%含まれているK18が一般的。

イエローゴールドは カジュアルな服装とも合うのが特徴。 イエローゴールドの色味は、ファッションのアクセントとして、バランスが取りやすい。

2. プラチナと同じ白銀色のホワイトゴールド

プラチナと同じ白銀色のホワイトゴールド

金を中心とした素材に、白銀色のメッキ加工が施され、色はプラチナと同じ白銀色。金の純度が低いプラチナゴールドは、プラチナよりもお手頃。プラチナとは異なり、メッキが剥がれて色味が変化することが。ただ、再メッキで元の色合いに戻すことが可能。

プラチナと同様に、様々な宝石と相性が良く、おすすめの素材。

3. 肌になじむ人気のピンクゴールド

肌になじむ人気のピンクゴールド

ピンクゴールドは、肌なじみが良い優しいピンク色をしている素材。ピンクゴールドは金に銅を混ぜた素材で、銅の割合によって色味が変化。金が42%含まれているK10は、銅が多く含まれているので、赤みの強いピンク色となる。ただ、銅の割合が増えることで、変色・変質しやすくなるため注意。

ピンクゴールドのリングは、可愛らしい女性的な印象 に。ダイヤモンドを装飾した婚約指輪では、ダイヤモンドのカラーとのコントラストが美しい。

金属アレルギーを起こしにくいジルコニウムやチタン

金属アレルギーを起こしにくいジルコニウムやチタン

ジルコニウムやチタンは、 金属アレルギーを起こしにくいので肌が敏感な人にも安心の素材。 表面を様々な色に発色させられる素材で、様々な色合いやデザインが可能。硬度が高く、普段でも身に着けることができる。

婚約指輪の素材は気に入ったものを

婚約指輪の素材はプラチナが一番人気。プラチナ以外にも、ゴールドやジルコニウムなどの素材もあり、それぞれ特徴が。色だけでなく、変色・変質のしにくさ、変形のしにくさなど素材の特徴を踏まえて、気に入った素材の婚約指輪を、選んでみてはいかが。

婚約指輪で使われる素材まとめ

  • 婚約指輪の定番の素材はプラチナ
  • プラチナはどの宝石とも合う
  • ホワイトゴールドはプラチナに似た色味
  • ピンクゴールドは肌になじむ
  • イエローゴールドは変色しても安心
  • ジルコニウムやチタンはアレルギーフリー