ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 婚約指輪、結婚指輪
  3. 婚約指輪と結婚指輪の基礎知識
  4. 婚約指輪・結婚指輪、お金の不安や疑問に全て答えます!

婚約指輪・結婚指輪、
お金の不安や疑問

全て答えます!

婚約指輪・結婚指輪、お金の不安や疑問に全て答えます!

どんなデザインのものにしようかなと夢が広がる婚約指輪や結婚指輪。でも、一方で気になるのはお金のこと。なかなか他人にも聞けない婚約指輪や結婚指輪のお金の疑問や不安、この記事を読めば一挙に解決します!

婚約指輪の費用、誰が払う?

まずは婚約指輪の費用負担について。 婚約指輪は婚約の証しとして男性から女性へと贈るものなので、男性が費用を負担するのが一般的 。ちなみに、婚約指輪の価格相場は36万5000円(「ゼクシィ結婚トレンド調査2018(全国推計値)」より)となっている。

自分が欲しい婚約指輪と彼の予算の折り合いがつかない場合、自分で費用を少し負担しても好みの婚約指輪が欲しいと思う人もいるかもしれない。彼も納得しているのなら、その方法を取ってもいいが、彼の気持ちを考えると少し微妙なところかも。

結婚指輪の費用、誰が払う?

一方、結婚指輪の費用はどうやって負担するのだろうか。 結婚指輪は結婚の記念として、お互いに贈り合うもの。その意味を考えると、お互いの指輪を購入し合うのが自然で、そのようにしているカップルが多い
ただ、男女で指輪の価格が異なる場合もあるので、合計金額をふたりで折半して払うというカップルも。また、婚約指輪を購入してもらったので、結婚指輪は女性が払うというケースや、結婚式費用を項目別にそれぞれが負担することにした結果、男性が結婚指輪の代金を全て負担するというケースも。また、ふたりの経済力などから判断して、男性が少し多めに支払うということもあるよう。

結婚指輪の費用負担については、こうしなくてはいけないという決まりはない。だから、お互いに納得していれば、どのような分担割合でも問題ない 。しっかり話し合って、お互いに不満がない分担方法を見つけて。

結婚指輪、男女で価格は異なるの?

結婚指輪の価格はふたりで平均24万4000円。夫婦それぞれで見てみると、夫が11万2000円、妻が13万3000円となっている(「ゼクシィ結婚トレンド調査2018(全国推計値)」より)。

妻の指輪の方が少し高いのはデザインのせいと思われる。 男性の結婚指輪は比較的シンプルなものが多いのに対し、女性の結婚指輪はメレダイヤなどがあしらわれ、華やかなデザインのものが多く、それが価格に反映される というわけ。
ただ、 男女で全く同じ素材、同じデザインの結婚指輪を購入する場合は、男性の指輪の方が高くなることが多い 。それは、一般的に男性の方が手が大きく、指も太いため、女性の指輪よりも幅が太く、直径も大きくなるため。使用する金属の量が女性の指輪よりも多くなるため、価格も高くなる。

どうやって支払うの?

支払いについては、ショップにより少し異なる部分もあるが、 現金やクレジットカード、銀行振り込みでの支払いが可能 。高価なものになるので、多額の現金を持ち歩くのが不安という人は、クレジットカードや銀行振り込みを利用すると安心だろう

婚約指輪や結婚指輪の場合、セミオーダーで作ることが多く、既製品であったとしても商品の性質上、誰の手にも触れていないものを用意するので、取り寄せになることも多い。また、指輪の裏側に刻印もするので、指輪を決めてその場で持って帰ることは極めてまれといえる。そのため、 ショップによっては内金制度を採用しているところも 。購入時に商品価格の一部を支払い、商品を引き取るときに精算する。内金の割合はショップによりまちまちだが、5割以上というところが多い。

分割払いもできる?

婚約指輪や結婚指輪は高価なため、分割払いにしたいという人もいるかもしれない。 手持ちのクレジットカードが分割払いに対応しているのであれば、それも可能だろう。また、ショップによってはクレジットカード不要のショッピングクレジットに対応してくれるところ もある。
ただ、彼女と一緒に婚約指輪を購入する場合、「分割払いで!」というのは少しはばかられるところ。結婚生活をこれから始めようというところで、いきなり借金をしてしまうのも問題といえるだろう。

ふたりの記念の品だからいいものが欲しいという気持ちは分かる。ただ、分不相応なものを選んで、新生活の家計に影響を及ぼすようでは困る。「これからふたりで頑張って働いて、余裕ができたらそのときのふたりにふさわしい指輪を改めて買おうよ」というのでもよいのでは? なお、分割払いを利用する際は、しっかり返済計画を立てて。

値引きはしてもらえるの?

一般のジュエリーショップでは、基本的には値引きには対応していない。だが、 婚約指輪と結婚指輪を一緒に購入することで、お手頃に購入できる場合もある 。例えば、セット割引として合計金額から何割かを値引きしてくれるショップもあるし、婚約指輪と結婚指輪のセットリングをお得な価格で提供するところもある。
女性の場合、結婚後に婚約指輪と結婚指輪を一緒に身に着ける場合は、基本的には同じ指に重ね着けすることになる。一緒に選べば、重ね着けのバランスも見ることができるし、結婚準備で忙しい中、何度もジュエリーショップに足を運ぶ必要もなく、効率的といえる。

紛失の際の補償は?

婚約指輪と結婚指輪は高価なものだし、なによりふたりの大切な記念の品なので、紛失も心配なところ。ショップではさすがに購入後の紛失についてまでは保障はしてくれないが、 ダイヤモンドが外れてなくなってしまった場合、ショップによっては無料あるいは有料で付け直すサービスを行うところもある
ちなみに、ダイヤモンドは爪で留められていて、指輪がゆがむことによって爪がゆるみ、ダイヤモンドの紛失につながることがある。ダイヤモンドの付け替えについては、補償期間など条件がショップにより細かく定められているので、事前に確認を。

メンテナンスにもお金が掛かる?

婚約指輪と結婚指輪はこれからずっと大切に身に着けていくもの。クリーニングなどはもちろん、時にはサイズ直しなどが必要になることも。そんな時に頼りになるのがショップのアフターサービス。
アフターサービスの内容としては、クリーニング、リング表面の傷を目立たなくする磨き直し(リフレッシュ仕上げ)、先述したダイヤモンドの付け替え、リングのゆがみ直し、サイズ直しなどがある。 無料で行ってくれるものもあるし、費用が必要なものも。ショップによっても金額や保障期間などが異なるので、アフターサービスの内容もしっかりチェックして購入するといい

婚約指輪と結婚指輪はこれからの人生をふたりと共に歩んでくれる大切な存在。お金の疑問や不安を解消して、お気に入りのリングを選んで!