ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 婚約指輪、結婚指輪
  3. 婚約指輪と結婚指輪の基礎知識
  4. 婚約指輪と結婚指輪の違い
  5. 婚約指輪と結婚指輪を長く愛用するために知っておきたいこと

婚約指輪と結婚指輪を
長く愛用するために
知っておきたいこと

婚約指輪と結婚指輪を長く愛用するために知っておきたいこと

ふたりの人生に寄り添い、ずっと長く愛用する婚約指輪と結婚指輪。美しい状態のまま身に着けるには、日々のお手入れやメンテナンスが大切。この記事では、婚約指輪と結婚指輪のクリーニングやアフターサービスなどについてご紹介!

指輪に付く傷や汚れって?

婚約指輪や結婚指輪はずっと身に着けていると、だんだんとダイヤモンドや金属が曇ったように見えてきて、購入当時の輝きがうせたようになる。
これは金属やダイヤモンドの表面に皮脂が付き、それにほこりが付着することで引き起こされる。特に、ダイヤモンドは油分を吸着する性質があるので曇りやすい

また、婚約指輪や結婚指輪に使われるような 純度の高いプラチナやゴールドは比較的柔らかいため、指輪の表面に細かな傷も付いてしまう 。これもまた、曇りの原因となる。ちなみに、ダイヤモンドは地球上で最も硬い鉱物といわれるが、特定の方向に力を加えると簡単に割れてしまう性質がある。硬い床などに落とした際、当たりどころが悪いと割れる恐れがあるので注意して。

家でのお手入れ

婚約指輪や結婚指輪を美しく保つには、普段のお手入れが大切。 ちょっとした曇りであれば、柔らかい布でさっと拭くことできれいになる 。指輪は身に着けた後、布で拭いて収納する習慣を身に付けるといい。また、結婚指輪をずっと着けっ放しという人も、1日の終わりには一度外して布で拭くといい。
さらに曇りがひどくなってきたら、もっと丁寧なクリーニングをしてみよう。 コップに水かぬるま湯を用意し、中性洗剤を少量溶かした液を用意する。その中に指輪を浸けて、しばらく置いた後、柔らかい歯ブラシなどでこするといい

指輪の裏側、ダイヤモンドが留められているところや刻印は特に汚れがたまりやすいので、丁寧に磨いてみて。その後、水で洗い流し、柔らかい布で抜き取ればOK。なお、頑固な汚れの場合は、洗浄液に1日浸けてから磨くといい。
ちなみに、ダイヤモンド以外の宝石が付いている場合は、クリーニング方法を事前にショップで確認して。パールやエメラルドなどは、水分や熱に弱いので注意が必要。

ショップでのクリーニング

購入店に持参すると、アフターサービスの一環として無料でクリーニングを行ってくれるところが多い。 超音波洗浄器などを使用し、手の届かない箇所まですっきりと洗い上げる
なお、超音波洗浄器にかける際は、爪などがゆるんでいるとダイヤモンドが外れる可能性があり、ゆるみがないかしっかりチェックしてくれるので、定期的に通うのがお勧め。わずか10分程度で終わるので、買い物などのついでに寄るようにしてみては?

ゆがみや爪のゆるみのチェック

指輪をずっと身に着けていると、 意識せずに強い力が加わったりすることもある。それが度重なると、指輪がだんだんとゆがんでくることに 。特に純度が高いプラチナやゴールドは比較的ゆがみやすいので、注意が必要。
ゆがむと着け心地が悪くなるのはもちろん、ダイヤモンドが付いているリングの場合は、ゆがむことで石を留めている爪がゆるみ、ダイヤモンドが外れてしまう可能性もある。ゆがみに気が付いたら、すぐに購入店で修理してもらうのがお勧め。

傷や変色を修復するには

前述したように、純度の高いプラチナやゴールドは柔らかいので、身に着けているうちに表面に小さな傷が無数に入ってしまう。傷により光沢はやや損なわれることになるが、気にならないのであればそのままでもOK。傷=味わいとして、そのまま使用する人も少なくない。

どうしても気になるという場合は、磨き直しをすることができる 。ショップによっては、リフレッシュ加工、仕上げ直しなどということも。これはその名の通り、 表面を磨いて、輝きを取り戻す 手法。磨いた分、金属は微妙に薄くなってしまうので、何度も行うのは避けた方が無難。また、デザインによっては磨き直しできないものもある。
温泉や入浴剤で変色した場合も、磨き直すことで元の輝きを取り戻せる。だが、合金の割合や種類、純度などによって反応の程度が異なるので、購入する際には温泉への対策について聞いておくといい。

サイズ直しをするには?

長年身に着けていると、体形の変化によってサイズが合わなくなることも。そんなときにはサイズ直しをしよう
サイズを大きくするには、いくつかの方法がある。1号程度大きくするくらいであれば、専用の器具を使って伸ばすことができる。素材によっては内側を削って内径を広げることも。ある程度広げるのであれば、アームを切り離し、そこに素材を継ぎ足して溶接する。最後に磨いて仕上げるので、接合したところは分からなくなる。

サイズを小さくする場合は、内側に板を張って内径を小さくする方法と、アームを切断して縮める方法がある。大きくする場合も小さくする場合も、サイズ直しによってリング裏の刻印に影響が出る場合もあるので、切断箇所は相談して決めるといい。
なお、サイズ直しは指輪のデザインや素材によってできない場合があるので、事前に確認を。一般的には、フルエタニティリングやパヴェリングのようにダイヤモンドがびっしりと付いているものや、エッジにミル打ちなどの装飾が施されているリングは難しいとされる。また、ピンクゴールドも硬度が高く、サイズ直しが難しい。

ダイヤモンドが取れてしまったら?

爪がゆるんでしまうなどしてダイヤモンドが取れてしまった場合は、ダイヤモンドとリングを購入店に持参すれば、ダイヤモンドを留め直してくれる 。もしダイヤモンドを紛失してしまった場合は、新たなダイヤモンドを付けることになるが、ショップによっては無料で付け替えてくれるところも。ただし、保証期間や条件はショップによりまちまちなので、事前に確認を。

長持ちさせるために自分で気を付けること

婚約指輪や結婚指輪をできるだけ美しい状態で保つには、身に着け方にも少し注意を払うといい。
汚れを防ぐためには、ハンドクリームを塗るときやメイクをするときは、油分を付けないために指輪は外すようにした方がいい。 傷を防ぐためには、炊事や掃除などの際には外すのがお勧め。また、ゆがみ防止のためには、力仕事や重いものを持つときにも外した方がいい。テニスやゴルフなど用具を強く握るスポーツの時も外したい

購入の際はアフターサービスもチェック!

婚約指輪と結婚指輪をいつまでも美しい状態で身に着けるには、日々のお手入れとショップでのメンテナンスが必要。アフターサービスはショップによりまちまちなので、内容はもちろん、保証期間や料金などしっかり確認を。指輪選びの一つの要素としてアフターサービスを考えるようにしたい。