ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 婚約指輪、結婚指輪
  3. 婚約指輪と結婚指輪の基礎知識
  4. いつ、どこで、どうやって? 婚約指輪・結婚指輪の買い方教えます

いつ、どこで、
どうやって?
婚約指輪?・結婚指輪の
買い方
教えます

いつ、どこで、どうやって? 婚約指輪・結婚指輪の買い方教えます

結婚が決まると、何となく考え始めるのが婚約指輪と結婚指輪のこと。「どんなデザインにしようかな?」と夢は膨らむが、いつ、どこで、どうやって買ったらいいのか、意外に知らない人が多いのでは? この記事では、婚約指輪と結婚指輪の買い方についてご紹介する。

婚約指輪と結婚指輪はその場で買えない?

婚約指輪と結婚指輪について考える際、まず知っておきたいのは その場で「ください!」と言っても、すぐには買えない ということ。「目の前で売っているのに、そんなことあるの?」と思う人は多いと思うが、その理由はいくつかある。
理由の一つは、 婚約指輪や結婚指輪はセミオーダースタイルで提供するところが多い ということ。例えば、婚約指輪の場合は、いくつかあるデザインの中から好みの枠を選び、それに自分で選んだダイヤモンドを組み合わせて作る。だから、その日には持って帰れないのだ。
また、 婚約指輪や結婚指輪はリングの裏に刻印を入れる のが一般的。既製品でも刻印を入れる場合は、その場で持って帰ることは難しい。さらに、自分のサイズの指輪の在庫がない場合は、取り寄せになることも多い。

既製品での場合でも、婚約指輪や結婚指輪は店頭には試着用のサンプル品を出し 、実際に販売するのは誰の手にも触れていないまっさらな商品 のことが多い。もし在庫がない場合は、こちらも取り寄せになる可能性が高い。
以上の理由で、婚約指輪や結婚指輪はすぐに手に入らない。だからこそ、余裕を持って購入することが必要になる。

いつまでに用意すればいいの?

では、いつごろから探し始めればいいのだろうか? そのためには、いつまでに用意すればいいかを知っておこう。
まずは婚約指輪。婚約指輪は男性がプロポーズで用意する場合を除き、 プロポーズから結婚式までに 男性から女性へと贈ればいい。 できれば、結納や婚約食事会までに用意する のがお勧め。この時に両家の前で婚約指輪をお披露目することが多いので、ぜひ結納や婚約食事会までには間に合わせよう。
結婚指輪は結婚式までに用意したい 。というのは、結婚式では挙式のスタイルを問わず、指輪交換のセレモニーがあるからだ。

探し始めてから手に入るまで、どれくらいかかる?

婚約指輪や結婚指輪はずっと長く身に着けるものだから、やはり慎重に検討して、お気に入りを選びたいもの。検討期間は人それぞれだが、だいたい1〜2カ月くらい。購入する指輪を決めてから、実際に手に入れるまでが1カ月と考えると、 探し始めてから手に入れるまでは3カ月は見ておきたい
となると、婚約指輪は結納や婚約食事会の3カ月前、結婚指輪は結婚式の3カ月前が、指輪探しスタートのデッドラインということになる。

早めに購入するのがお勧め!

とはいうものの、ギリギリになって探し始める人は少数派。 多くの人は指輪選びを早めにスタート させている。 お勧めは結婚式会場が決まるくらいのタイミング 。結婚式の準備が忙しくなるのは結婚式の3カ月前なので、忙しくなる前にゆっくりと婚約指輪と結婚指輪を選ぶのがいい。
また、早めに手に入れておくといいこともある。最大のメリットは、 前撮りで婚約指輪や結婚指輪を身に着けて写真が残せる こと。写真は結婚式でウエルカムボードなどに使用することもできる。また、婚姻届を提出する時に、婚約指輪と結婚指輪を一緒に撮影してSNSにアップするなんていうお楽しみも。

婚約指輪と結婚指輪、一緒に選ぶ?

婚約指輪と結婚指輪は一緒に選んでも問題ない。 婚約指輪と結婚指輪の重ね着けを考えるのであれば、むしろ一緒に選んだ方が効率的 でもある。また、ショップによっては、 一緒に購入することで割引がある 場合も。

どこで買えばいい?

婚約指輪と結婚指輪、一体どこで売っているの?と戸惑う人もいるだろう。 気軽に行けるのは全国展開のブランド店 。繁華街の路面店としてはもちろん、百貨店のテナントとして出展していることも多い。
ぜひ お勧めしたいのは、ブライダルリング専業店 。婚約指輪や結婚指輪に特化した品揃えで、バラエティに富んで品揃えを誇る。スタッフの商品知識も豊富で、いろいろ相談に乗ってもらえる。なお、婚約指輪と結婚指輪が買える場所を以下に紹介しておこう。

ブライダルジュエリー専門店

婚約指輪や結婚指輪などブライダルに特化した品揃えで、さまざまなデザインやサイズを取り揃える。アフターサービスも充実。

全国展開ジュエリーブランド(外資系ブランド、国内ブランド)

繁華街や百貨店の中などに店を構え、全国どこにでもあるのが強み。気軽に見に行けて、アクセスも分かりやすく、足を運びやすい。店内にブライダル専用のコーナーを設けているところも多い。

卸直営店

品質の良いものがお手頃価格で手に入りやすい。ダイヤモンドやプラチナなどについての情報も豊富に持っている。

地元ジュエリーブランド

親しみやすく親身な接客が魅力。アクセサリーや時計など取り扱いアイテムも幅広く、結納返しや親ギフトなども併せて選べることが多い。

セレクトショップ

婚約指輪、結婚指輪以外のファッションリングや、リング以外のジュエリーも揃えている。一つのお店で複数ブランドの商品を見ることができ、さまざまなテイストのリングを比較検討しながら選べるのが魅力。

費用負担や支払い方法は?

最後に、費用の負担や支払い方法について見ておこう。 婚約指輪は男性から女性へと贈るものなので、当然費用は男性が全て負担する
一方、結婚指輪は結婚の記念としてふたりで用意するもの。 費用負担の方法はさまざまで、お互いに贈り合ったり、合計金額を折半したり 、といった方法がある。
支払いについては、 購入を決めた時に内金を払い、受け取る時に残金を支払う というのが一般的。内金の額はショップによってまちまちだが、5割以上は支払うケースが多いよう。
また、 支払い方法は現金払いの他、クレジットカードや銀行振り込み にも対応するところが多い。クレジットカードを使えば、カードによってボーナス払いやリボ払い、分割払いが選択できる。

婚約指輪と結婚指輪はまさに一生の買い物。購入までの道筋をしっかり頭に入れて、後悔しない指輪選びをしたいもの。