ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 婚約指輪、結婚指輪
  3. 婚約指輪と結婚指輪の基礎知識
  4. 豊富な種類あり!ダイヤモンドのセッティングの種類

豊富な種類あり!
ダイヤモンドの
セッティング の種類

セッティングで立て爪のダイヤモンド

ダイヤモンドが主役の婚約指輪(エンゲージリング)では、そのセッティングの方法によって雰囲気がガラリと異なる。この記事ではダイヤモンドのセッティングについてご紹介。

ダイヤモンドのセッティングとは

セッティングとは宝石を貴金属で固定すること。セッティングにはさまざまな種類があるが、婚約指輪のセッティングの場合は、 爪を使ってセッティングする方法(爪あり)と、爪を使わずにセッティングする方法(爪なし) の2つの方法がある。

爪を使ってセッティングする方法では、 ダイヤモンドを数本の爪で持ち上げて、留める形になる 。婚約指輪といって多くの人がイメージするのはこのセッティングだろう。立体的なデザインで光を多く取り込むことができ、ダイヤモンドをより輝かせることができる。ただし、高さがあることで洋服に引っ掛かりやすいといったデメリットも。

爪を使わずにセッティングする方法にはさまざまものがあり、爪ありに比べると輝きは抑えられるが、 高さがないので服に引っかかりにくく、日常生活でも身に着けやすい 。また、クラシカルでエレガントな印象の爪ありに対し、モダンな印象のデザインが多い。

ダイヤモンドの8つのセッティング

1. 爪あり(立て爪)

1粒の宝石を複数の爪で留めるセッティング 。爪は6本または4本が一般的。爪の間から光を受け、ダイヤモンドがより美しく輝くのが特徴。

2. カテドラルセッティング

ダイヤモンドを高い位置に持ち上げて 両脇をスロープで支えているセッティング 。安定感があるのが特徴。横から見た形もエレガント。

3. 伏せ込み

宝石の周りをプラチナなどの地金でしっかり囲み、アームに穴をあけて埋め込むセッティング 。高さや出っ張りが低いので、普段の生活でも身に着けやすい。

4. ベゼルセッティング

プラチナなどの地金で ダイヤモンドを囲うように台を作り、そこにダイヤモンドを伏せ込む 。爪なしでも高さとボリュームがあり、華やかな印象になる。

5. テンションセッティング

プラチナなどの 地金の張力を利用してダイヤモンドを留める 。左右2カ所で宝石を挟んでいるのでダイヤモンドが浮いているように見える。あらゆる角度から光が入り、美しく輝く。

6. はさみ留め

地金に溝を入れ、宝石の縁の部分を挟み込んで留める 。宝石の2カ所を対角線上になるように設置。宝石を挟み込んでいるため、ダイヤモンドの直径とリング幅が同じくらいまで太くなりがち。

7. レール留め

電車のレールのように2本の地金の間にダイヤモンドを留めるセッティング で、高さや立体感が少ないデザイン。エタニティリングではこのセッティングがよく用いられる。

8. 彫り留め

プラチナなどの 地金に直接宝石を埋め込むセッティング 。「ころし留め」「ドット留め」とも呼ばれ、宝石の形に沿って埋め込むので、宝石の形が生かせる。脇石を留める際によく用いられる。

豊富なセッティングでダイヤモンドを美しく

ダイヤモンドのセッティングにはさまざまな方法がある。爪ありならエレガントなイメージに、爪なしならモダンな印象にというように、セッティングによって指輪の雰囲気は大きく左右される。セッティングの違いを知って、自分の好きなデザインを見つけよう。

ダイヤモンドのセッティングまとめ

  • ダイヤモンドのセッティングは大きく分けて「爪あり」「爪なし」の2つ
  • 爪ありは、宝石を複数の爪で留めるセッティング
  • 爪ありは、ダイヤモンドが美しく輝くが、衣服などに引っ掛かりやすい
  • 爪なしは、石を埋め込んだり、リングに挟んだり、レールに留めるなどセッティングはさまざま
  • 爪なしは指輪の高さが低い分、衣服などに引っ掛かりやすい