ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 婚約指輪、結婚指輪
  3. 婚約指輪の基礎知識
  4. 毎日身に着けたい! 普段使いできる婚約指輪4つの条件

毎日身に着けたい!
普段使い できる
婚約指輪4つの条件

毎日身に着けたい!普段使いできる婚約指輪4つの条件

婚約指輪(エンゲージリング)は結婚指輪と異なり、ふたりの記念日やパーティーなどでしか身に着けられないと思われがち。でも、素材やデザインを選べば、毎日身に着けることも可能。本記事では、普段使いできる婚約指輪の条件をご紹介。

婚約指輪は毎日身に着ける?

婚約指輪と言えば、結婚式までの間は毎日身に着け、結婚式後は 記念日や冠婚葬祭など特別な日、フォーマルな場面でしか身に着けられない と思っている人も多いのでは?

婚約指輪を普段から身に着ける人も

「婚約指輪をパートナーに毎日着けて欲しい」と思う男性、「せっかくのプレゼントだから毎日着けたい」と思う女性は少なくないはず。 毎日身に着けたいという人は、素材やデザインを意識して選べば、毎日身に着けることができる

婚約指輪を毎日身に着けるなら、結婚指輪との重ね着けでおしゃれを楽しめる。また、婚約指輪だけ身に着けても、結婚指輪とは違った印象になる。

普段使いできる婚約指輪は?

婚約指輪を普段使いする場合、デザインや素材によっては婚約指輪が傷つきやすかったり、日常生活に不便を感じることも。普段使いできるデザインや素材は次の通り。

1. 引っ掛かりにくいデザイン

婚約指輪の定番のデザインであるソリティアリングは、ダイヤモンドを高さのある爪で留めているので、衣服など引っ掛かりやすい。それ自体もストレスだし、何度も引っ掛かることで爪がゆるみ、ダイヤが落ちる原因にもなるので気を付けて。

ダイヤが落ちないようなデザインを選んで

ソリティアのリングを日常的に身に着ける場合は、爪が低かったり、宝石を台座に埋め込んでいる爪なしのタイプがお勧め

2. シンプルなデザイン

変形しにくい素材を選んで

派手なデザインはファッションによっては合わせづらいこともあるので、 普段使いを意識するならシンプルなデザインがお勧め。

エタニティリングでは、ダイヤモンドを両サイドのレールで挟むようにして留めたレール留めのタイプが、シンプルで落ち着いた雰囲気になる。

メレダイヤと呼ばれる小さなダイヤモンドを敷き詰めたパヴェリングは、ダイヤモンドの輝きが美しいものの、普段使いする場合は少し派手なので注意して。

3. ダイヤが落ちないようなデザイン

ダイヤモンドの周辺に脇石としてメレダイヤを埋めたデザインも華やかで人気があるが、メレダイヤは外れやすく、普段使いしていると意図せずダイヤが外れてしまうことも。日常使いする場合は、メレダイヤの留め方にも注目を。爪ではなくて、 ダイヤを地金に埋め込む彫り留めの方が、日常使いにはお勧め

4. 変形しにくい素材

指輪は製法によって強度が異なり、型に金属を流し込んで作られる鋳造よりも、 金属をたたき上げて作る鍛造(プレス製法)の指輪の方が強度は高い

また、結婚指輪や婚約指輪の定番素材であるプラチナは柔らかい性質を持ち、純度が高いPt999は変形しやすいので要注意。パラジウムやイリジウムなどの 金属を混ぜて強度を高めたPt900 はPt999より変形しにくい。婚約指輪の素材を選ぶときは純度にも注目を。

婚約指輪を毎日身に着ければ初心を忘れない

普段使いができる婚約指輪を選んで毎日身に着ければ、おしゃれを楽しめるだけでなく、初心を忘れずにいられるので、ふたりの絆がさらに深まるかも。

婚約指輪を普段使いする場合、引っ掛かりにくいデザインや派手過ぎないデザインを意識して選んで。また、素材や製法による強度の違いにも注目。

婚約指輪は素材やデザインによっては毎日身に着けることができる指輪。普段使いしたい場合は今回の選び方を参考にしてみて。

普段使いできる婚約指輪

  • 服などに引っかかりにくいよう高さの低いデザインを意識して
  • いろいろなファッションと合わせやすいシンプルなデザインを意識して
  • ダイヤモンドが外れやすいデザインには注意
  • 変形しにくい強度の高い素材を選んで