ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 婚約指輪、結婚指輪
  3. 婚約指輪と結婚指輪の基礎知識
  4. 日々のメンテナンスでいつまでも美しく。婚約指輪や結婚指輪のお手入れ方法

日々のメンテナンスで
いつまでも美しく。
婚約指輪や結婚指輪の
お手入れ方法

日々のメンテナンスでいつまでも美しく。婚約指輪や結婚指輪のお手入れ方法

ずっと長く身に着ける婚約指輪(エンゲージリング)や結婚指輪(マリッジリング)。いつまでも美しい状態で保つには日々のお手入れが大切。間違った方法でお手入れすると、指輪が傷ついてしまうことも。この記事では大切な結婚指輪や婚約指輪をいつまでも美しく保つためのお手入れ方法をご紹介。

結婚指輪は定期的なケアが大切

指輪が汚れる原因は汗や化粧品。 日焼け止めやハンドクリームなどが付着しやすく、これを放置しておくと指輪や宝石がくすんでしまい、輝きが鈍ってくる

なんだか輝きが鈍くなってきたなと感じたらお手入れどき。 柔らかく乾いた布で優しくから拭きするだけでも汚れが取れ、輝きがよみがえる

婚約指輪を日常的に身に着けていない場合は、 外したらしまう前に、さっと拭くことを習慣付ける といい。

お手入れの基本はから拭き

婚約指輪や結婚指輪の日々のお手入れは、基本的には 乾いた柔らかい布や眼鏡拭きなどで優しくから拭きする程度で十分

ちなみに、から拭きは基本的にはどの金属、どの宝石に施してもOK。

汚れがひどくなったら水洗いを

指輪の金属部分の手入れの基本はから拭き

長年愛用してきて、とくに汚れが気になってきた時は、水洗いがお勧め。 コップ1杯程度の水やぬるま湯に中性洗剤を数滴垂らした液に指輪を浸け、子ども用歯ブラシなど柔らかいブラシで軽くブラッシング。その後に水洗いしてから拭き すれば、汚れが落ちて本来の輝きが戻る。漂白剤などの中性洗剤以外で手入れをすると、指輪が傷んでしまうので使用は厳禁。

以上のお手入れは、プラチナやゴールド、チタン、シルバーなどの素材でOK。また、ダイヤモンドが付いている指輪も問題ない。ただし、中性洗剤やぬるま湯などでお手入れできないデリケートな宝石(真珠やエメラルド、オパール、ターコイズ、サンゴなど)があるのでご注意を。ショップに置いてある超音波洗浄機の使用も注意。エメラルドとオパールといった宝石は割れてしまうことがあるので絶対に使用しないように。

なお、シルバーが変色した場合は、シルバーアクセサリー専用のクリーナーや銀製品用の磨きクロスでお手入れを。

アフターサービスとして指輪のクリーニングをしてくれるショップも多い ので、購入店に確認を。 クリーニングに出すと、ダイヤモンドの爪留めのゆるみなどもチェックしてくれるので、時々はショップのクリーニングに出してみるといい

婚約指輪は保管の仕方にも注意!

宝石は「着けたら拭く」を習慣に

日常的には身に着けない 婚約指輪は、購入したときのケースや小袋、ジュエリーボックスで保管するのがお勧め

他のアクセサリーと一緒に保管すると傷が付く恐れもあるので、個別保管がいい。あるいは、仕切りがあるボックスを利用したり、柔らかい布でくるむなどの配慮を。

大切な婚約指輪や結婚指輪は日々のメンテナンスでいつまでも美しい状態をキープして。

婚約指輪や結婚指輪の手入れの方法

  • 日々のお手入れは、柔らかい布で軽く拭くだけでOK
  • 汚れが気になってきたら水洗いを
  • 購入ショップのクリーニングサービスも利用して
  • 婚約指輪の保管は購入時のボックスなどがお勧め
※監修/岡本有紀子(一般社団法人日本ジュエリー協会認定 1級ジュエリーコーディネーター)