ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 婚約指輪、結婚指輪
  3. 婚約指輪の基礎知識
  4. やっぱり気になる! 婚約指輪の平均購入価格はどれくらい?

デザインによって
婚約指輪の 価格
異なるの?

やっぱり気になる!婚約指輪の平均購入価格はどれくらい?

婚約指輪(エンゲージリング)と一口に言ってもさまざまなデザインがある。シンプルなソリティアリングからゴージャスなパヴェリングまでバラエティーに富む中で、気になるのはその価格。この記事ではデザインによって価格は異なるのか調べてみた。

どんなデザインの婚約指輪が人気なの?

婚約指輪というと大きなダイヤモンドが一粒だけ付いたソリティアリングを思い浮かべる人が多いだろう。そこで、どんな婚約指輪が人気なのか見てみると、 ソリティアリングの人気は高い(45.8%)ものの、同じくらい人気が高いのがメレダイヤがあしらわれたリング(40.0%) ということが分かった。(「ゼクシィ結婚トレンド調査2018(全国推計値)」より)

デザインによって価格の違いはあるの?

婚約指輪の平均価格は36万5000円(「ゼクシィ結婚トレンド調査2018(全国推計値)」より)。デザイン別に見てみるとどうだろうか?

ソリティアを購入した人の平均価格は46万2000円 。一方、 メレダイヤをあしらったリングを購入した人の平均価格は36万6000円 という結果に。(「ゼクシィ結婚トレンド調査2018(首都圏)」より)。

ソリティアリングはダイヤモンドの美しさがポイントとなるデザインなので、ダイヤモンドの大きさや輝きなどにこだわって選ぶことが多い。そのため、平均価格よりも高い価格になったことが考えられる。

メレダイヤをあしらったリングは、メレダイヤによってセンターダイヤモンドを補完することができることなどが、ソリティアリングよりややお手頃の金額に落ち着いた要因といえる。

なお、最も平均価格が高かったのは、センターダイヤモンドの周りにメレダイヤをびっしりと敷き詰めるパヴェリングで、63万1000円(「ゼクシィ結婚トレンド調査2018(首都圏)」より)だった。

婚約指輪の価格は素材とデザインによって決まる

アレンジによって価格は異なる

婚約指輪の価格は決める要素はダイヤモンドやアームの金属などの素材とデザイン

ダイヤモンドは品質が高ければ、それに比例して価格も上がる。金属はプラチナが最も高価で、ゴールドはプラチナよりはお手頃になる。

また、デザインは凝った装飾をするとそれだけ手間がかかるので、価格は高くなる。

以上の要素が組み合わされて、婚約指輪の価格が決まる。

各価格帯でさまざまなデザインがある

婚約指輪の価格を決める要素を知っておくと、その指輪がなぜ高いのか、なぜお手頃なのか、その理由が分かってくる。各価格帯でバリエーション豊かに婚約指輪は揃っているので、自分たちの予算内で納得いく婚約指輪を選びたい。

婚約指輪(エンゲージリング)の価格まとめ

  • 婚約指輪の人気はソリティアリングとメレダイヤをあしらったリング
  • ソリティアリングを購入した人の平均価格は46万2000円
  • メレダイヤをあしらったリングを購入した人の平均価格は36万6000円
  • 婚約指輪の価格を決める要素は素材(ダイヤモンド、金属)とデザイン