ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 婚約指輪、結婚指輪
  3. 結婚準備完ペキマニュアル
  4. 婚約指輪と結婚指輪の基礎知識
  5. 婚約指輪の基礎知識
  6. 20代、30代…、婚約指輪の相場は年代で異なる?
婚約指輪の年代別相場
Wedding Manual

20代、30代…、婚約指輪の相場は年代で異なる?

婚約指輪(エンゲージリング)を購入する際に気になるのが金額の相場。実はコレ、年代でも異なるとか。それぞれの年代でいくらくらいの婚約指輪が価格相場なのか見てみるとともに、年代別で好みの人気の指輪のデザインについてもご紹介。

#婚約指輪の価格はどう決まる?

婚約指輪の相場を見る前に、まずは婚約指輪の価格はどのように決まるのかを見ておきましょう。
##s##婚約指輪はダイヤモンドなどの宝石とリングの部分によって構成されており、この2つが価格を決めます##e##。特に重要なのがダイヤモンド。婚約指輪にはダイヤモンドを飾るのが一般的なので、##s##ダイヤモンドが婚約指輪の価格を大きく左右するといっても過言ではありません##e##。

##s##ダイヤモンドの価格はその品質によって決まります。品質が高ければ、当然のことながら価格も高くなります##e##。
ダイヤモンドの品質は4Cという評価基準によって判定されます。4Cとはカラット、カラー、クラリティ、カットの4つを言い、この4つの基準がそれぞれ高いと品質も高くなります。。

##s##ダイヤモンド以外に価格を左右するものとしては、リングの素材があげられます##e##。婚約指輪で主に使用されるのはプラチナとゴールド。一般的には、##s##プラチナの方がゴールドより価格は高くなります##e##。また、金属の使用量も価格に左右されるので、使用量が増えれば価格は高くなります。
さらに、デザインも価格に関わってきます。 複雑なデザインであれば、それだけ加工料も高くなって、指輪の価格に上乗せされることになります 。

ダイヤモンドの4Cとは?

・Carat(カラット)

カラット

重量を表す単位で、1カラットは0.2g。小数点第3位までで表示する。同グレードであれば、カラット数が大きなものの方が価格は高くなる。

・Color(カラー)

ダイヤモンドのカラー

ダイヤモンドは無色透明ではなく、実はわずかに色が付いているものがほとんど。ダイヤモンドの品質は無色透明なものほど高く評価されます。グレードはD~Fが無色、G~Jがほとんど無色。婚約指輪ではFくらいまでがお勧めです。なお、天然のピンクやブルーなどの色が付いたファンシーカラーダイヤモンドは、無色透明のダイヤモンドとは異なる評価基準があります。

・Clarity(クラリティ)

クラリティのグレード

ダイヤモンドの透明度を評価するもの。ダイヤモンドの内包物や表面の傷の数や位置などでグレードが決まります。クラリティのグレードが低いとダイヤモンドの輝きが下がってしまうだけでなく、耐久性に問題が発生することもあるので要注意。最高ランクのFL(フローレス)からI3(インクルーデッド3)まで11グレードに分かれ、婚約指輪ならVS1以上を目安にしましょう。

・Cut(カット)

カットのグレード

ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドのプロポーションとポリッシュ(表面の研磨仕上げ状態)、シンメトリー(対称性)を評価するもの。グレードが低いほどダイヤモンドの輝きが下がります。6グレードに分かれ、EXCELLENT(エクセレント)が最高となります。

#婚約指輪の相場は?

全国平均価格は35万7000円

では、いよいよ婚約指輪の相場を見てみましょう。「ゼクシィ結婚トレンド調査2020」(全国推計値)によると、##s##全国平均は35万7000円##e##。
「結婚指輪は給料の3カ月分」などともいわれていましたが、実際にはそこまで高くはなく、おおよそ給料の1カ月分程度であることがわかります。

#20代、30代、
年代別の婚約指輪の相場は?

20代の婚約指輪の相場

女性の年齢別でみてみると、##s##24歳以下では34万2000円、25~29歳では40万4000円##e##で、全国平均よりはやや低めの金額となっています。
婚約指輪も結婚指輪と同じように普段使いしたいというニーズが高まっているのも理由の一つかもしれません。

30代の婚約指輪の相場

##s##30~34歳では38万6000円、35歳以上では40万5000円##e##。
30代の相場価格は全体平均よりも 少し高いという結果になりました。
30代になると20代に比べると経済力もアップし、婚約指輪に求めることや価値観に変化があると推察されます。

#婚約指輪のデザインと価格の関係は?

次に婚約指輪の一般的なデザインと平均価格を紹介します。

婚約指輪のデザインと平均価格

婚約指輪のデザイン4種

メレ付き

小さなメレダイヤをセンターダイヤモンドの周りにいくつかあしらったデザイン。ピンクダイヤを使用することもあり、キュートにもエレガントにもなる。##s##平均価格37万6000円##e##。

ソリティア

1粒ダイヤモンドをあしらったデザインで、婚約指輪の定番デザイン。ダイヤの輝きを最大限に引き出す爪があるタイプと引っ掛かりの少ない爪なしタイプがある。##s##平均価格37万1000円##e##。

パヴェ

パヴェとはフランス語で石畳という意味。センターダイヤの周りやアームなどに小さなダイヤをびっしりとあしらい、ボリュームたっぷりの華やかなデザインになる。##s##平均価格61万円##e##。

エタニティ

ダイヤをアームに整然と並べたデザイン。半周のものはハーフエタニティ、全周のものはフルエタニティと呼ばれる。ダイヤの留め方で雰囲気が異なり、結婚指輪として購入する人もいる。##s##平均価格26万3000円##e##。

#20代が選ぶ婚約指輪の
デザインの傾向は?

婚約指輪ソリティアリング

20代が選ぶ婚約指輪の特徴

ダイヤモンドは平均からやや小さめの0.2ct未満を選ぶ人も

婚約指輪に装飾するダイヤモンドのカラット数について、最も多いのは0.2ct~0.3ct未満で32.3%、次いで0.3ct~0.4ct未満が24.8%。
女性の年齢別で見てみると、 24歳以下では0.2ct~0.3ct未満や0.3ct~0.4ct未満が多いものの、0.2ct未満という人も14.3%いて、他の年齢層と比べると小さめのダイヤモンドを選んでいることが分かります。

ソリティアリングに続き、メレダイヤがあしらわれたリングも人気

婚約指輪のデザインで最も人気が高いのは、ダイヤモンドを1粒飾るソリティアリングで49.5%。次いでメレダイヤをあしらったリングが36.8%、メレダイヤを敷き詰めたパヴェリングが7.5%、エタニティが4.4%。
これを女性の年齢別で見た場合、 ##s##24歳以下では一番人気は50.0%のソリティアリングに##e##。##s##25~29歳でも一番人気は55.8%のソリティアリングだが、メレダイヤをあしらったリングも31.0%で人気を誇っている##e##。

可愛らしさにこだわって選ぶ

デザインを決定する際の重視点について、最も多いのは、「シンプルなデザインであること」で32.6%。その後、「つけ心地が良いデザインであること」で30.1%、「可愛いデザインであること」が29.2%と続きます。
年代別だと、##s##24歳以下が最も重視しているのは「可愛いデザインであること」で32.2%##e##。一方、他の年代で高かった「着け心地が良いデザインであること」は15.3%と低い値に。##s##25~29歳では「シンプルなデザインであること」に並び、「つけ心地がいいデザインであること」への支持も高く##e##出ました。

20代では可愛いデザインにこだわる人が多く、特に24歳以下の若い層ではデザインありきで選んでいる傾向がありますが、年齢を重ねるにしたがって着け心地にも名を向くようになっていくようです。

20代に選ばれる婚約指輪とは?

20代が選ぶ婚約指輪は、価格は相場よりやや低め、ダイヤモンドの大きさにはあまりこだわらず、カラット数も大きめよりは控えめのものを選ぶ傾向があります。
普段のファッションにもさりげなくなじむ婚約指輪が選ばれており、ソリティアリングでもダイヤモンドは控えめに、メレあしらいで愛らしいデザインにしたり、細めのハーフエタニティを選んでいる方が多いようです。

婚約の証しとして贈られる婚約指輪。いま好きなデザインか、ずっと長く使えそうなデザインか、選ぶときには大いに悩むポイント。いずれにせよ納得してお気に入りを手に入れたいものですね。

#30代が選ぶ婚約指輪の
デザインの傾向は?

婚約指輪パヴェリング

30代が選ぶ婚約指輪の特徴

ダイヤモンドのカラット数は大きい傾向に

婚約指輪に装飾するダイヤモンドのカラット数について、女性の年齢別で見ると、0.2ct~0.3ct未満が24歳以下は28.6%、25歳~29歳は31.9%、30歳~34歳では30.6%と最も多かったのに対し、35歳以上では0.3ct~0.5ct未満を選んだ人が37.6%という結果になりました。

ダイヤモンドは年齢を重ねると大きめのものの方が似合うといわれ、30代は将来をより強く意識して 大きめのダイヤモンドを選ぶ傾向があるようです。

パヴェリングの人気も高い

人気のデザインを女性の年齢別で見た場合、30代ではメレダイヤをあしらったリングは人気はあるものの、20代に比べると支持がやや低い傾向が見られました。##s##30~34歳ではパヴェリングが11.6%、35歳以上ではパヴェリングが12.5%##e##と24歳以下のパヴェリング5.4%に対し高めの値を出しているのも特徴です。

年を重ねるにつれ、きゃしゃで可愛らしいものよりは、ボリュームがあってゴージャスなものの方が似合うようになってきます。好みもそうした方向にシフトしてくるので、30代では大きなダイヤモンドを飾ったソリティアリングやパヴェリング、大きめのダイヤモンドを並べた存在感のあるフルエタニティに惹かれる人 が多いようです。

着け心地がよく、洗練されたデザインを好む傾向に

デザインを決定する際の重視点について、年齢別で見ると、20代前半では「可愛いデザインであること」が高かったのに対し、 ##s##30代前半では「シンプルなデザイン」や「つけ心地」と答える人が多く##e##いました。##s##30代後半では「つけ心地」「可愛いデザインであること」に加え、「洗練されたデザインであること」の値も高い##e##ことも特徴といえます。

大人花嫁に選ばれる婚約指輪とは?

30代の大人花嫁に選ばれているのは可愛さよりはダイヤモンドが大きめで程よいボリュームがあり、洗練された中にも華やかさのある婚約指輪だということができます。このような条件を満たす指輪を選ぶと、必然的に価格は少しお高めになります。

婚約指輪はずっと長い間身に着けるもの。いまの好みだけではなく、先のことも見越して、長く愛せるものを選びたいですね。

素敵な婚約指輪を見つけよう!

※記事内のデータは「ゼクシィ結婚トレンド調査2020」(全国推計値)によるものです

pagetop