ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. 迷っているなら、こんな結婚式はいかが?【少人数WEDDING】
結婚式スタイル
Share on>

迷っているなら、こんな結婚式はいかが?【少人数WEDDING】

招待するのは、親や家族、一生お付き合いしたいと思える大切なゲスト。
アットホームな少人数ウエディングで、一人一人にきちんと感謝を伝えたいと考えるカップルも多いんです。形にとらわれず自分たちらしい結婚式を叶えたカップルの実例をご紹介します!

【実例1】チャペル挙式後はスイートルームで。大切な人とアットホームに

【実例1】チャペル挙式後はスイートルーム
【実例1】チャペル挙式後はスイートルーム
【実例1】チャペル挙式後はスイートルーム

【DATA】
○石井雄士さん 志穂美さん
○挙式日:2014年3月16日
○ゲスト:12名(親族8名、友人4名)
○スタイル:国内挙式+会食
○会場タイプ:教会+会員制ホテルスイートルーム

ゲストが向かい合って座るチャペルで和やかに挙式をした後、高齢の祖父、元気な子ども、妊娠中の新婦も安心して過ごせるスイートルームでパーティ。リラックスして会話が弾み、感謝の思いも伝わった。

[きっかけは? :妊娠がわかり急きょ会場探し]
いずれ結婚式をと考えていましたが、妊娠がわかり急きょ会場を探すことに。「大切な人に感謝を伝えたい」と彼が積極的に準備を進めてくれました。

[やってみたかったこと:大切な人に感謝を伝える]
憧れチャペルでの挙式、スイートルームでの楽しいパーティが叶って夢のよう。司会も進行も会場にお任せすることで、ゲストと気兼ねなく話せ、あらためて感謝の思いが膨らみました。

★総額約42.6万円
●会食会場使用 2万1000円、挙式 5万7800円、料理 15万4500円
●写真 3万1500円、装花・ブーケ 4万7000円、引出物 2万5000円、ウエディングケーキ 1万7600円
●その他/衣裳アップグレード 5万2500円、サービス料 1万9000円

<ふたりの準備スケジュール>
★準備期間:1カ月半
★打ち合わせ回数:2回
★来館回数:4回

【挙式1カ月半前】会場を下見
アンケート記入後、チャペル見学。その後ふたりの希望から、おすすめの会食会場としてスイートルームを提案され、そのまま下見へ。

【挙式1カ月前】衣裳合わせ+1回目打ち合わせ
提携店でドレス選び。おなかが目立たないデザインも豊富で大満足の一着を選んだ。その後、プランナーと進行や小物など具体的に相談。

【挙式3週間前】挙式リハーサル+2回目打ち合わせ
チャペルでの挙式セミナーに参加し、本番の動きを練習。すっかり仲良くなったプランナーと雑談を交えながら最終打ち合わせを。

【挙式1週間前】最終フィッティング
おなか回りやバストが大きくなることを見越して選んだドレスを再度試着。細かなサイズ調整でAラインの美しいシルエットをキープ。

★ここがポイント!
ゲストの顔触れや体調まで考えた会場選びを
出席者全員が快適に過ごせる会場を絞り込めるのは少人数ならでは。ゲストの顔触れや妊婦であることなども事前に伝えて。

取材協力:ステリーナ教会 TEL03-5775-4832

【実例2】家族だけだから平日の夜を選んで。にぎやかにナイトウエディング

【実例2】家族だけだから平日の夜を選んで
【実例2】家族だけだから平日の夜を選んで
【実例2】家族だけだから平日の夜を選んで

【DATA】
○國丹一了さん 真弓さん
○挙式日:2013年6月21日
○ゲスト:10名(親族のみ)
○スタイル:国内挙式+会食(平日夜)
○会場タイプ:専門式場(ワンフロア)

金曜夜に家族でチャペルとパーティ会場を貸し切り。18時から、両家の家族10名に見守られてチャペルでの挙式スタート。終了後は待ち時間なしで同じフロアの会場に移り、家族水入らずのパーティを。夜の雰囲気を楽しみながら和気あいあいと盛り上がった。

[きっかけは? :親は喜ぶよの彼のひと言]
旅行や新生活にお金を掛けた方がいいと思い、式は諦めていたけど、彼の言葉はうれしかった。すぐに家族の予定を聞き、会場を探しました。

[やってみてどうだった?]
ドレスを着て、チャペルに足を踏み入れたら、彼と一生を共にする決意や家族への感謝が膨らみました。あったかいパーティも幸せでした。

★総額約35.8万円
●少人数プラン/18万800円(挙式、フリードリンク、施設使用、衣裳、ヘアメイク、写真、席札、前撮り、プラン追加)
●その他の料金/ウエディングケーキ 1万2600円、料理グレードアップ 2万6000円、衣裳グレードアップ 8万4000円、装花・フラワーシャワー・ブーケ 3万4600円、メニュー表・地図 4100円、ギフト 1万1600円、サービス料 3900円

<ふたりの準備スケジュール>
★準備期間:1カ月半
★打ち合わせ回数:2回
★来館回数:3回

【挙式1カ月半前】会場を下見
平日夜もOKなど、希望を伝えてから、チャペルとパーティ会場を見学。全て同じフロアにあることと、手頃な価格が気に入り申し込み。

【挙式1カ月前】衣裳合わせ+1回目打ち合わせ
会場の衣裳室でドレスとタキシードを試着。その後、クロスや装花の色、料理の内容、進行など、担当プランナーと細かく打ち合わせ。

【挙式1週間前】前撮り+2回目打ち合わせ
会場のスタジオで成約特典の和装の前撮りを楽しんだ後、変更の有無やスケジュールの確認、最終見積り調整など、最後の打ち合わせを。

★ここがポイント!
少人数なら平日夜も! お得な日時を検討して
家族やゲストの予定が合えば、お得なプランがあることが多い、平日夜のウエディングも狙い目。プランナーに相談してみて。

取材協力:FASTWEDDING VITA(ファストウェディング ヴィータ) TEL03-6433-2211

【実例3】親族と和やかに挙式・翌日はカフェに友人を招いて手作りパーティ

【実例3】親族と和やかに挙式・翌日はカフ
【実例3】親族と和やかに挙式・翌日はカフ
【実例3】親族と和やかに挙式・翌日はカフ

【DATA】
○阿部秀朗さん 香織さん
○挙式日:2013年5月17日
○ゲスト:挙式、会食16名(親族)、パーティ12名(友人)
○スタイル:国内挙式+会食+パーティ
○会場タイプ:専門式場+料亭+カフェ

1日目は家族や親族のみでリングリレーや承認宣言なども盛り込んだ挙式と会食を。2日目は友人をふたりの手料理でもてなすパーティ。どちらも「こんな楽しい結婚式初めて」と好評。大切な親族と友人に2日間かけて感謝を伝えた。

[きっかけは? :ふたりらしい式をあげたい]
「誰かと同じではつまらない!」がふたりのポリシー。親族にも友人にも楽しんでもらえるよう二部制に。

[やってみてどうだった?]
挙式は感謝が伝わるアットホームな演出を取り入れることで「かしこまらずに楽しめた」と親族にも友人にも喜ばれた。パーティはカフェでふたりが料理を作っておもてなし。心から笑って楽しめて幸せだった。

★総額約40万円
●1日目 約35万円
挙式料パック 5万5000円(挙式料、ヘアメイク、衣裳、誓約書、司祭、写真)、衣裳グレードアップ 8万円、料理 10万円、エステ・ヘアメイク 1万5000円、ブーケ・ブートニア・親への花束 6万円、演出(リングリレー) 1万円、写真追加 3万円
●2日目 約5万円
カフェレンタル料 2万4500円、食材費 2万5500円

<ふたりの準備スケジュール>
★準備期間:1年
★打ち合わせ回数:約12回
★来館回数:約12回

【挙式1年前】挙式会場下見
挙式にふたりらしい演出を盛り込める会場を予約。プランナーと仲良くなり、毎月打ち合わせに通い少しずつ決めていくのが楽しみに。

【挙式6カ月前】料亭下見
挙式のみでいいと思っていたが、プランナーのすすめで、会場から徒歩2分の提携の料亭を下見・試食。決定後、電話で値段の交渉を。

【挙式2カ月前】ネットにてシェアカフェ申し込み
オープンキッチン、バーカウンター、食器、調理器具を借りられるカフェをネットで探し申し込み。下見せずメールや電話で打ち合わせ。

【挙式1週間前~前日】パーティ料理の仕込み
煮込み料理のベースを作って冷凍したり、作り置きできるものを仕込んだり、計画的に準備を。新鮮な食材の買い付けは前日に。

★ここがポイント!
手作りのおもてなしも少人数なら楽しく実現
少人数なら、手作りにこだわっても負担が少なくて済む。ホームパーティみたいなおもてなしも、アットホームで喜ばれそう。

不安解消! 少人数WEDDING Q&A

不安解消! 少人数WEDDING Q&A

【Q1】演出がないと、間が持つかどうか心配です
⇒A.料理を食べながら、会話を楽しむだけでも盛り上がります。結婚式らしさを出すなら、ケーキカットなど写真映えする演出がおすすめです。

【Q2】招待状は用意するべきですか?
⇒A.ごく内輪の少人数パーティなら省略するカップルも。場所の案内を兼ねて出すと親切です。会場で用意できる場合もあるので確認してください。

【Q3】ご祝儀は頂くものなのでしょうか?
⇒A.交通費・宿泊費をゲストに負担してもらい、ご祝儀なしにする場合もあります。ゲストに事前に伝えることをおすすめします。

【Q4】式場と会食会場が遠いのですが……。
⇒A.人数が少なければ、タクシーに分乗して移動することが多いようです。ハイヤーや小型バスを頼む場合、事前に会場に相談してください。

★教えてくれたのは……
実例1のステリーナ教会 ディレクター
冨田はるなさん

from編集部『「少人数WEDDING」で感謝を伝えるポイント』

1.自由な発想で日時や場所を選んで
気心の知れた家族や友人とのウエディングなら、ゲストの顔触れや都合に合わせて喜ばれる場所や日時を選べる。例えば、平日の夜、スイートルーム、カフェなども検討してみて。

2.ゲストと一緒に楽しむ姿勢が大事
「ゲストをもてなさなきゃ」という思いが強過ぎると、疲れてしまう。少人数だからこそ、ゲストと一緒に楽しむことが大事。幸せそうなふたりの笑顔が何よりのおもてなしに。

※費用に関しては、ご本人のお話に基づいて編集しており、時期や内容によって変わることがあります。
※記事内のデータおよびコメントは2014年8月に実施した「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー134人のアンケート調査によります。

  • 挙式
  • 式イメージ収集期
  • 花嫁実例
  • 悩み解決
  • 家族の絆
  • もてなし
  • アットホーム感
  • 少人数ウエディング
Share on>

pagetop