ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 婚約指輪、結婚指輪
  3. 婚約指輪の基礎知識
  4. いつから、どこで、どんなときに?婚約指輪を着けるタイミング

いつから、どこで、
どんなときに?婚約指輪を
着けるタイミング

いつから、どこで、どんなときに?婚約指輪を着けるタイミング

愛する彼から贈られた婚約指輪。いつも身に着けていたいけれど、それって大丈夫? この記事では結婚前はもちろん結婚後にも、どんなタイミングで婚約指輪を身に着ければいいのか考えてみた。 また、購入時に気を付けるポイントもご紹介!

<結婚前>婚約指輪はいつ着ける?

婚約指輪を贈られたら、その場で身に着けるのがお約束。でも、その後はどうする? 婚約指輪はもらったときからずっと身に着けて構わない
ただし、華やか過ぎるデザインの場合は、ビジネスシーンでは浮いてしまうことも。その場にふさわしいかどうか、しっかり判断して身に着けるようにしたい。

<結婚前>着けてはいけないときはある?

プロポーズのときに婚約指輪をプレゼントされたという場合、親への結婚あいさつがまだということも。そのようなケースでは、 あいさつに行くときは婚約指輪を外していった方がいい 。というのも、婚約指輪をしていくと、親に「まだ結婚を許したわけでもないのに」とへそを曲げられてしまうことがあるから。
親へのあいさつが滞りなく済み、結婚を認めてもらった後で、「婚約指輪をいただきました」と披露するのが順序。

<結婚前>結納や婚約食事会のときはどうするの?

結納や婚約食事会の前にもらっていたとしても、いったん彼に返して、形として席上で贈ってもらうようにするといい。家族の前で彼にはめてもらって披露すれば、場も盛り上がるはず。
なお、婚約指輪のお返しを贈る際には、このタイミングで品物を用意するといい。

結婚式のときはどうするの?

結婚式の際に婚約指輪を身に着けるかどうかは本人次第 。着けてもいいし、着けなくてもいい。指輪交換のときに、婚約指輪があると結婚指輪がはめにくいと感じる人もいるので、事前にふたりでシミュレーションをしておくことをお勧め。
また、結婚式ではグローブを着脱することが多く、立て爪タイプの婚約指輪は引っ掛かってしまうこともある。

エンゲージカバーの儀式

結婚式で行うのは結婚指輪の交換だが、最近では婚約指輪を使用するエンゲージカバーの儀式も注目を集めている。
これは結婚指輪を交換した後に、新郎が新婦へ婚約指輪を改めて贈り、結婚指輪に重ねてはめてあげるというもの。結婚指輪の上に婚約指輪を重ねることから、ふたりの幸せにふたをするという意味がある。

結婚後も身に着けていいの?

婚約指輪は婚約期間中のみで、結婚後は結婚指輪を身に着けると思っている人もいるかもしれないが、これは間違い。 結婚後も婚約指輪は身に着けてOK!
とはいえ、多くの人は記念日や結婚式など、特別のときにしか婚約指輪を身に着けなくなってしまうよう。これは婚約指輪が日常的に身に着けにくいデザインが多いことが関係している。 婚約指輪を日常的に身に着けたいと考えるのなら、購入時にデザインをしっかり吟味して選ぶことが大切

結婚後も婚約指輪を身に着けるために

婚約指輪を結婚後も日常的に身に着けるために、購入時に気を付けたいことをご紹介!

爪が低く、引っ掛かりの少ないデザインであること

立て爪のソリティアリングは婚約指輪の定番だが、身に着けている時にはダイヤモンドの出っ張りや爪などが気になる。 日常的に身に着けるには、センターストーンの石座(ダイヤモンドをセットする台座)が低くて、引っ掛かりにくいデザインがお勧め

着け心地がいいこと

毎日身に着けるには、 着け心地の良さも大きなポイント に。着け心地がいいとされるのは、 リングの内側に内甲丸(うちこうまる)という加工が施されているもの 。内甲丸はリングの角が丸くなっていて、指への接地面が少ないので圧迫感がなく、着け心地がいいと感じる。とはいえ、着け心地の感覚は人それぞれなので、実際に試着をしてストレスを感じないものを選ぶといい。

普段のファッシンになじむデザインであること

普段のファッションになじまないリングだと、出番は必然的に減ってしまう 。毎日身に着ける=シンプルと考える人もいるかもしれないが、普段の装いがカジュアルだったり、華やかだったりする人には、意外になじまないことも。また、素材も決めつけずに、普段からゴールドのアクセサリーを身に着けている人は、ゴールドを選択肢に入れるなど柔軟に考えるといい。

結婚指輪との重ね着けができること

婚約指輪を日常的に身に着ける場合は、結婚指輪と重ね着けをするのが一般的。だから、 購入時は重ね着けできるデザインかどうかもチェックして 。セットリングなら問題なく合わせられるが、そうでない場合は実際に重ね着けをしてバランスを見よう。また、 婚約指輪と結婚指輪を隙間なくぴったり重ねたいのなら、婚約指輪の石座が少し高いものの方がいい

<結婚後>外した方がいいシーンはある?

結婚後も婚約指輪を日常的に着ける場合、外した方がいいシーンはあるのだろうか? これは婚約指輪に限らず、結婚指輪にも言えることだが、 指輪は力が加わると変形しやすいので、重い荷物を持ったり、力仕事をするときなどは外した方が安心
また、 料理をするときは衛生面が気になるし、掃除をするときは研磨材などで指輪に傷が付きやすくなる 。したがって、家に帰ってきたら外すのがお勧め。
温泉に行くときも気を付けて。プラチナやゴールドのリングは強度を増すために銀や銅などが含まれていることが多く、そうしたリングでは 温泉の成分に反応して変色することがある 。同じ理由で、入浴剤にも気を付けて。
喪の席では結婚指輪はOKだが、華やかな婚約指輪は外した方が無難だろう。

ずっと長く身に着けるためにはメンテナンスを

日常的に身に着けていると、皮脂やほこりなどが指輪に付着し、指輪の輝きが鈍くなってくる。そんなときは 柔らかな布で皮脂や汚れを優しくふき取るように する。
ダイヤモンドの曇りが気になる場合は、 コップ一杯の水に中性洗剤を数滴落とした液に指輪ごと浸して、柔らかい歯ブラシなどでこするといい。リングの裏側にも汚れが付着しているので、こちらも忘れずに。最後は水ですすいで、柔らかい布で水分を拭き取る
アフターサービスとして無料でクリーニングしてくれるショップが多いので、時々は持っていくといい。クリーニングのときに、爪の緩などもチェックしてくれる。
彼が心を込めて贈ってくれる婚約指輪だから、結婚前はもちろん、結婚後も積極的に身に着けたいもの。お気に入りの婚約指輪を手に入れて、ずっと長く愛用して。