ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 結婚式BGM
  5. 結婚式の“乾杯BGM”どうする? 人気ランキングと選び方【2020最新版】
演出アイテム等
Share on>

結婚式の“乾杯BGM”どうする? 人気ランキングと選び方【2020最新版】

乾杯BGMランキング&選び方

パーティの始まりの合図でもある乾杯曲は、会全体の盛り上がりを左右する大事な役割。そこで今回は、先輩花嫁たちが選んでよかったと思う乾杯曲をランキングにして発表!「選び方が分からない……」と迷う花嫁さんのために、プロが教える選曲のコツもご紹介します。

【まず知りたい!】乾杯曲の選び方ポイント

そもそも、乾杯曲ってどんなふうに選べばいいの?
音大卒で音楽に精通しているフリーウエディングプランナー・岡村奈奈さんに乾杯曲選びのポイントを伺いました。

教えてくれるのは

フリーウエディングプランナー・岡村奈奈さん
岡村さん

結婚式会場、ウエディングプロデュース会社、レストランなど各種スタイルの婚礼施設での勤務を経て2005年よりフリーに転向。ホテルウエディングから神社婚までオールマイティに対応。音楽を軸にしたプロデュースに定評がある。『WEDDING IDEAS BOOK 結婚式と準備がもっと楽しくなる方法』著者。

乾杯曲選び3つのポイント

岡村さんに聞いた、乾杯曲選びの3つのポイントはこちら

【出だしのインパクト】
「乾杯!」の発声に合わせてかける音楽は、最初の出だしが分かりやすいことがポイント。パーン!とファンファーレのように始まったり、ドラムなどのビートがしっかりしているなど、曲のかけ始めからある程度インパクトのあるものがおすすめです。

【テンポの良さ】
この音楽によって、乾杯以後の雰囲気が決まります。披露宴の序盤なので早すぎず遅すぎず、心地の良いややアップテンポの曲がおすすめ。会話が弾み、活気のある雰囲気にはややにぎやかな曲を、のんびりゆっくり食事を楽しむならやや静かな曲が良いと思います。

【ふたりらしさ】
乾杯とは食事の前後のつなぎ目となるシーン。「楽しんでほしい!」という意気込みを、かける音楽で示すことができます。今流行の話題曲、歌詞にインパクトのある曲、親世代のヒット曲、夫婦のキャラを表す曲など、ふたり“らしさ”を出すのが◎

3つのポイントが分かったところで、早速2019年に結婚式を挙げた花嫁が選んだ乾杯曲を見ていきましょう!

【発表!】「#2019花嫁」が選んだ乾杯曲BEST10

ここでは2019年に結婚式を挙げた花嫁たちが、乾杯シーンで選んだ楽曲をランキングで発表。全国の乾杯シーンを盛り上げてきた厳選の曲たちだから、ぜひ参考にして!

<「#2019花嫁」が選んだ乾杯曲BEST10>
1位 Sugar/マルーン5
2位 バンザイ~好きでよかった~/ウルフルズ
3位 Marry You/ブルーノ・マーズ
4位 Butterfly/木村カエラ
   Ki・mi・ni・mu・chu/EXILE
6位 Good Time/Owl City & Carly Rae Jepsen
7位 世界はあなたに笑いかけている/Little Gree Monster
8位 ハピネス/AI
   What Makes You Beautiful/One Direction
   乾杯/長渕 剛

洋楽、邦楽問わず、曲のタイトルは知らなくても、一度は聞いたことのある楽曲がランクイン。乾杯というシーンだけに、新旧問わず、華やかでポップな曲調が選ばれるのも納得です。

では、ランキング上位の曲についてもう少し詳しく解説します。

[第1位]sugar/マルーン5

[乾杯曲第1位]Sugar/マルーン5

爽やかで明るいメロディーとハイトーンボイスが、パーティがスタートする乾杯シーンにぴったり。ゲストの年齢層を問わず、必ずどこかで聞いたことのある名曲であるのも、TOPにふさわしい一曲。

どうしてこの曲を選んだの?

花嫁画像

明るい感じで披露宴をスタートしたかったので、ネットで調べた音楽ランキングの中から決定。(りしゅさん)

花嫁画像

みんなが知っていて盛り上がる曲がいいなと思ったので、結婚式の定番ソングを選びました。(mikiさん)

『シングルス』より/ユニバーサルミュージック合同会社/UICS-1303/2,695円

(C)ユニバーサル ミュージック

[第2位]バンザイ~好きでよかった~/ウルフルズ

[乾杯曲第2位]バンザイ~好きでよかった~/ウルフルズ

「イェーイ!」から始まる歌のインパクトが、まさに乾杯というシーンにぴったり。「♪このままずーっとずーっと死ぬまでハッピー♪」という、明るい中にもジンとくる歌詞も結婚式の始まりにふさわしい楽曲。

どうしてこの曲を選んだの?

花嫁画像

もともと歌詞が好きだったのですが、お酒好きのゲストが多かったので乾杯の瞬間に盛り上がりそうな曲を選びました。(めぐみさん)

花嫁画像

年配の方でも知っていて、パーティの始まりに盛り上がる曲としてぴったりだと思いセレクト。(kana33さん)

『ベストやねん[通常盤] 』より/ユニバーサルミュージック合同会社/TOCT-26193/3,143円

(C)ユニバーサル ミュージック

[第3位]Marry You/ブルーノ・マーズ

[乾杯曲第3位]Marry you/ブルーノマーズ

ポップでキャッチーなメロディーと、ワクワク感のあるイントロが特徴。プロポーズソングでありながらもyeah yeah yeah ! go go go!とノリノリの明るい曲調なところも、楽しいパーティにしたいふたりにぴったりハマる曲です。

どうして選んだ?

花嫁画像

彼がよく聞いていた曲だったのと、しっとりし過ぎない感じが私たちの結婚式にぴったりだと思い選びました。(奈穂美さん)

花嫁画像

曲の途中から再生してもらうのが難しかったので、スタートがサビから始まるこの曲は使用しやすかったです。(メロンジュースさん)

『ドゥー・ワップス&フーリガンズ』より/ワーナーミュージック・ジャパン/WPCR-14146/1,886円

提供:ワーナーミュージック・ジャパン

[第4位]Butterfly/木村カエラ

[乾杯曲第4位]Butterfly/木村カエラ

ゼクシィのCMにも使用された、言わずと知れた大人気ウエディングソング。蝶のように羽ばたくふたりを祝う歌詞はほっこり温かくも、ポップな曲調で華やかさがあるのも◎。サビから始まる楽曲であることも使用しやすいポイントです。

どうしてこの曲を選んだの?

花嫁画像

友達のウエディングの際に聞いていて、いいなと思っていたので。自分のときにも使いました。(みっちーさん)

花嫁画像

誰もが知っていて、結婚式らしい明るい曲といえばこの曲!(亜紗美さん)

『5years【通常盤】』より/日本コロムビア/COCP-36004 /2,828円

提供: 日本コロムビア

[第4位]Ki・mi・ni・mu・chu/EXILE

[乾杯曲第4位]Ki・mi・ni・mu・chu/EXILE

老若男女問わずリズムに乗れるアップテンポな楽曲は、まさにTHEパーティソング。「♪ki mi ni mu chu~♪」「♪飲みたい気分♪」など分かりやすくキャッチーなサビも、ゲストたちのテンションを上げてげてくれるはず。

どうしてこの曲を選んだの?

花嫁画像

結婚式の頃、ちょうどCMでも乾杯ソングとして流れていて、ふたりとも好きな曲だったので。(恭子さん)

花嫁アイコン

ビールのCMでも使われていて、ワイワイ楽しいイメージの曲だったから。(ひーちゃんさん)

『Ki・mi・ni・mu・chu』より/ rhythm zone/RZCD-59997/1,100円(税込)

「#2019花嫁」の乾杯曲の選び方15

乾杯曲一つでも、それぞれ選び方はさまざま。先輩花嫁たちはどんな選び方をして、どんな曲をセレクトしたのか? みんなの選び方を聞きました。

<歌詞にゲストへの思いを込めて>
ストロー/aiko
「『♪きみに良いことがあるように~』という歌詞から始まるので、ゲストの方にとって楽しい一日にしてほしいと思いセレクト」(moouさん)

<ふたりの好きなものを曲で表現>
オジー自慢のオリオンビール/BEGIN
「ふたりとも沖縄が大好きなので、島の結婚式みたいにみんなが盛り上がる曲を選択。実際にオリオンビールを用意してみんなで歌いながら乾杯しました」(annieさん)

<乾杯の瞬間からさらに盛り上げたい!>
All Good Ska is One/東京スカパラダイスオーケストラ
「乾杯の音頭と同時に、曲を聞きながら盛り上がってほしくて、踊れるくらいのにぎやかな歌を選びました」(かおりさん)

<どの世代でも必ず知っている曲>
Dancing Queen/ABBA
「映画に使用されていることもあり、どの世代でも必ず知っていて、盛り上がる曲といえばこの曲!」(未来さん)

<乾杯あいさつをするゲストのキャラに合わせる>
If I Were A Bell/マイルス・デイヴィス
「乾杯のあいさつをお願いしたゲストが、ジャズサックスの先生をされている方だったので、選曲をお願いしこの曲に。おしゃれな雰囲気になって、とてもよかったです」(依李さん)

<おもてなしの気持ちを込めて>
Be Our Guest/映画『美女と野獣』より
「ゲストをおもてなしするという意味の歌詞が、私たちのパーティの雰囲気にぴったりでした」(Sakiさん)

<自分たちの衣裳に合わせてチョイス>
きらきら武士/レキシ
「元々ふたりの好きな曲だったのと、和装だったためレキシの中で盛り上がる曲がいいねとこの曲に」(てんつまくまさん)

<ふたりの思い出の曲>
Beauty and the Beast/セリーヌ・ディオン
「ふたりで初めて見た映画のテーマ曲で、思い入れのあった曲を使用しました」(瑠美さん)

<会場の雰囲気に合わせて>
Dancing Man/バディ・リッチ
「会場のレストランの素敵な雰囲気に合わせてチョイス。あえてみんなが知らない曲にしてあくまでBGMとして流しました」(あす香さん)

<イントロのワクワク感>
気まぐれロマンティック/いきものががり
「この曲が流れた瞬間に『始まったー!』という感じが出るので、乾杯が盛り上がる曲だと思いました」(あーさん)

<会場から見える眺望を意識して>
Shustujin/信長協奏曲 オリジナル・サウンドトラック
「パーティ会場がお城の真横だったので、その雰囲気を出す曲にしたかったのと、人とかぶりたくなかったのでこの曲に」(KMさん)

<パーティのテーマに合わせて>
アロハ・エ・コモ・マイ/映画『リロ&スティッチ』より
「私たちのウエディングテーマが南国だったので、まさにその雰囲気にぴったりの曲です」(yfさん)

<ふたりが大好きな曲に>
ain’t on the map yet/Nulbarich
「お互いに大好きな曲だった曲。爽やかさと程よい盛り上がりが、乾杯のシーンにぴったりだと思いました」(えみりぃさん)

<その年話題になった楽曲>
シンデレラガール/King&Prince
「その年にデビューしたグループで、話題にもなったのでみんなが知っており、手拍子が自然に湧きました」(とくまちさん)

<お義母さんの好きな曲をチョイス>
One Love/嵐
「お義母さんが嵐のファンなのでかけてあげたかったこと。祝辞、乾杯のあいさつと少し堅い雰囲気になりそうだったため、嵐の中でも楽しい感じの曲を選びました」(ひまわりさん)

BGMを決めるときに知っておいてほしいこと

●会場によって、音源の持ち込みができない場合や取り扱える音源に制限がある場合があります。事前に会場に相談、確認をしましょう。
●曲を購入する前に、会場での使用が可能かを事前に確認しましょう。
●会場によって、音源の再生タイミングの指定など、オペレーションの制限がある場合があります。事前に会場に相談、確認をしましょう。

From 編集部

“らしさ”あふれる乾杯曲で盛り上げよう

乾杯というこれからパーティが始まるという場面だからこそ、何となく選んだ曲ではなく、どこかふたりらしい選曲理由があると◎。司会者さんを通じて、何でこの曲にしたのか?もゲストに伝えられると、ふたりからのメッセージにもなり、よりGOOD。

取材・文/滝 紀子 イラスト/てぶくろ星人 構成/小田真穂(編集部)
※記事内のデータおよびコメントは2020年1月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー88人が回答したアンケートおよび、2019年に結婚式を挙げた女性412人が回答したマクロミル調査によるものです
※掲載されている情報は2020年4月時点のものです

  • アイテム検討期
  • 花嫁実例
  • ふたりらしい
  • ワイワイ
  • 宴中の余興・盛り上げ演出
Share on>

pagetop