ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 挙式・披露宴会場探し全般
  5. [挙式時期別]4~6月のフェア&会場見学で確認するべきこと
結婚式スタイル
Share on>

[挙式時期別]4~6月のフェア&会場見学で確認するべきこと

今から春のブライダルフェアや会場見学に行く皆さん! 挙式時期によって確認するポイントが違うって知ってる? 挙式予定が1年後の【春・夏挙式】、8~10カ月後の【冬挙式】、半年後の【秋挙式】の中から当てはまる時期のチェックリストを参考にしてみて。

プランナーに挙式時期による違いをヒアリング!

季節によって変わるのは、ガーデンの風景や旬の食材、装花の種類、日照時間や気温など。そこで、見学時に何をチェックしたらいいかを、経験豊富なウエディングプランナー2人に、詳しく教えてもらいました!

私たちがお答えします!

プランナー1

ホテル椿山荘東京 
ブライダルコーディネーター
古松朋美さん

プランナー歴10年。「おふたりの話の中から、特に大切にされていること、不安に思われていることを注意深くお聞きすることを心掛けています」

プランナー2

Q.E.D.CLUB
ブライダルコーディネーター
篠田奈摘さん

プランナー歴は約5年。「お客様にお届けしたいのは、究極の日常です。特別な日でありながら、我が家でくつろぐような笑顔溢れる結婚式のお手伝いをさせていただきます」

1年後の【春・夏挙式】予定のチェックポイント

ガーデンも装花も式と同時期のグッドタイミング!

春夏
ホテル1
レストラン1

1年後の挙式なら、ガーデンの景色や日差しなども同じなのでイメージしやすい。見学時にしっかりと写真を撮っておくのがお勧め。式が来年になるので、会場の改装やプランの変更がないかを聞いておこう。1年以上先になるなら、梅雨時や暑さの対策も確認を。

「庭園内のフォトスポットなども撮影をお勧めしています。人気のシーズンなのでドレスは早めに選び始めると、選択肢が多いです。手作りする時間も十分にあるので、アイテムの持ち込みについても聞いてみていただければと思います」(ホテル椿山荘東京 古松さん)

「春から夏にかけては、植栽の見ごろが毎週のように変わります。5~6月の短期間にしか出回らないシャクヤクは、この時期ならではの人気の装花。食材は、白アスパラガスやホタテが旬。希望の時期に合わせて来館されると、より式をイメージしやすいです」(Q.E.D.CLUB 篠田さん)

春~夏挙式の卒花VOICE☆

1

春に見学に行き、式は7月初旬。屋外の演出はフラワーシャワーとブーケトス、写真撮影の時だけでしたが、思ったよりもかなり暑くて、ゲストの方に申し訳なくなりました。初夏の暑さは要確認です!(真由美さん)

2

見学に行ったのは約1年前で、4月半ばに挙式。挙式日までかなり期間が空いたので、料理は次の年の新メニューが出るのを待ってから試食に行きました。式と同じ時期に見学に行ったので、暗くなる時間帯を確認できたのが良かったです。(幹絵さん)

画像中/上:新緑が鮮やかな日本庭園 下:ホテルオリジナルの花嫁D.I.Y.講座で作成できるハーバリウム(写真提供 ホテル椿山荘東京)

画像右/上:春の花々を飾ったガーデン挙式の会場 下:春の食材をふんだんに使った前菜の一皿(写真提供 Q.E.D.CLUB)

8カ月後の【冬挙式】予定のチェックポイント

イルミネーションの季節! 寒さの配慮も確認を

冬
レストラン2
ホテル2

冬挙式はガーデンの緑こそ期待できないものの、イルミネーションが楽しめる季節。結婚式のオフシーズンのため限定プランなどもあり、予算の範囲内で選べる会場が増えるのもポイント。ホットドリンクやストーブ、膝掛けの用意など、それぞれの会場ならではの寒さ対策も詳しく聞いてみよう。

「ガーデンは芝生なので、冬枯れするのが正直なところです。代わりに木々にイルミネーションを施し、華やかな雰囲気に。この時期は、雪をイメージした白やクリスマスカラーのコーディネートが人気です。見学の際は、屋内の挙式会場を中心に見られるとよいと思います」(Q.E.D.CLUB 篠田さん)

「ホテルでは、11月頃からクリスマスのデコレーションを館内全体で行います。クリスマスウエディングとして特別感のあるおもてなしができて、冬の式もお勧めです。ウインターシーズンプランを用意する会場も多いので、各会場でぜひ聞いてみてください」(ホテル椿山荘東京 古松さん)

冬挙式の卒花VOICE☆

3

1月末の日取りだったので、冬の日本庭園の様子がどう違うのか、ゲストや自分たちが寒い思いをすることがないかを、しっかり確認しました。日本庭園だと冬の風情も趣があってよかったです。(まーさん)

画像中: 上/ラウンジルームでの室内挙式も人気 下/冬をイメージしたホワイトの装花(写真提供 Q.E.D.CLUB)
画像右: 上/クリスマス装飾で館内が一層華やかに 下/ホテルの象徴でもあるツバキの花は冬が見頃(写真提供 ホテル椿山荘東京)

半年後の【秋挙式】予定のチェックポイント

秋の味覚や紅葉が見頃! スケジュールに注意

秋
レストラン3
ホテル3

挙式時期まで半年なら、スケジュール確認がポイント。運よく会場が空いていたとしても、式の準備が急ぎ足になるので、お互いの予定を鑑みて検討を。秋は味覚でのおもてなしが充実する季節なので、食材もチェック。突然の寒さへの対策も確認を。

「秋はフランスから直送したポルチーニ茸などのキノコをはじめ、食材が豊富な季節。味覚での独自のおもてなしもお勧めです。装花は、春に比べるとシックな雰囲気や温かみを感じる色合いにする方が多いですね」(Q.E.D.CLUB 篠田さん)

「成約時に式まで半年をきっていると、通常より少し準備が慌ただしくなります。例年11月下旬から12月上旬は、日本庭園の紅葉が見頃に。紅葉が期待できるお庭がある会場なら、時期を聞いてみるといいですよ」(ホテル椿山荘東京 古松さん)

秋挙式の卒花VOICE☆

4

見学に行った時には既に希望時期まで半年。そこで、まずは挙式日までのスケジュールを確認しました。10月初旬の式だったので、ガーデンにつながる扉を開けても寒さや暑さを感じることがないかも聞きました。(ayakapiaさん)

画像中: 上/装花は木の実などを取り入れて秋らしく 下/旬のイチジクを使った前菜(写真提供 Q.E.D.CLUB)
画像右:和装姿の新郎新婦に色付く紅葉がベストマッチ (写真提供 ホテル椿山荘東京)

From 編集部

チェックリストを参考に、納得の会場選びを

希望の挙式時期によって確認するべきことが少しずつ違うので、自分たちに当てはまるチェックポイントを参考にしてみて。式の日取りは本契約すると簡単には変更できないから、しっかり確認して後悔のない会場選びをしよう。

構成・文/稲垣幸子 イラスト/山本あゆみ D/ロンディーネ
取材協力/
ホテル椿山荘東京 https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/wedding/
Q.E.D.CLUB http://www.qed.co.jp/

※掲載されている情報は2019年1月時点のものです
※記事内のコメントは、2018年12月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー96人が回答したアンケートによるものです

  • 挙式・披露宴
  • 結婚式場検討期
  • ダンドリ
Share on>

pagetop