ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚報告
  5. 【そのまま使える&アレンジOK】心から祝福される「友人・親戚への結婚報告」文例集
お金・常識
Share on>

【そのまま使える&アレンジOK】心から祝福される「友人・親戚への結婚報告」文例集

結婚報告は「どんなふうに伝えられたら嬉しいか」、相手の身になって考えることが大切。親しい友人といえども、マナーはわきまえてしっかり伝えるようにしたいもの。マナーデザイナーの岩下宣子さんのアドバイスを基にシチュエーション別に紹介するので、ぜひ参考にして。

友人や親族への結婚報告<基礎編>

親しい友人への結婚報告

文例イラスト
文例アドバイスイラスト

親戚のおじやおばへの結婚報告

文例イラスト
文例アドバイスイラスト

結婚報告の際に基本的に伝えたいのは、以下の4つ。

(1)結婚が決まったこと
(2)結婚相手について
(3)結婚式の日時や会場
(4)結婚式に招待するかどうか

結婚相手についてはどんな関係の人なのかをさりげなく。なお、結婚式の予定が決まっていない場合でも、結婚式を行うのかどうかなど目安は伝えておくと、相手もお祝いをどうすればいいのか迷わずに済むはず。

親戚には温かな言葉を添えて、結婚報告と結婚式への招待を伝えたいもの。大人になって疎遠になってしまった親戚も、親からではなく自分の口から報告を。

友人や親族への結婚報告<応用編>

最近疎遠だけれど、結婚式に招待したい人への結婚報告

文例イラスト
文例アドバイスイラスト

自分が結婚式に招かれた人は、自分の結婚式にも招くのがマナー。結婚式に招かれてから疎遠になってしまった人へは、自分の結婚を機に連絡を取ってみて。ご無沙汰をおわびしてから、本題に入るといい。

遠方に住んでいて、結婚式に招待したい人への結婚報告

文例イラスト
文例アドバイスイラスト

遠方の人を結婚式に招待する場合は、交通費や宿泊費を負担するかどうか、最初に伝えておくのがお勧め。そうすれば、相手も出席するかどうかを決めやすい。

なお、交通費・宿泊費は全額負担がマナーだが、難しい場合は一部でも問題ない。その際は、「一部を負担させていただきます」と伝えておこう。

子育て中で、結婚式に招待したい人への結婚報告

文例イラスト
文例アドバイスイラスト

子どもがいる友人への結婚報告で、結婚式に招待したいと考えている場合は、子どもも一緒に招待するのかどうかを明確に伝えておこう。

子どもNGの場合は、「収容人数の関係で、お子さんも一緒に招待するのは難しいのだけれど、大丈夫かな?」などとさりげなく伝えるといい。なお、子どもも招待する際は、招待状にも子どもの名前を書き添えて送る。

二次会に招待する人への結婚報告

文例イラスト
文例アドバイスイラスト

結婚式には招待せずに、二次会に出席してほしい人に対しては、そのことがきちんと伝わるように話をして。仲の良い友人にも声を掛けているのであれば、「●●ちゃんや△△ちゃんも一緒に二次会に来てもらえるよう声を掛けているの」と伝えておくのもいい。

結婚式には招待せず、結婚報告のみする場合

文例イラスト
文例アドバイスイラスト

結婚式に招待しない場合は、結婚式は行うけれど、招待はしないということがさりげなく分かるように伝える。「結婚式は身内で行うので」というのが、結婚式に招待しない場合の角が立たないエクスキューズとなるが、そうでない場合はうそをつくことになってしまうので多用は禁物。

結婚報告の基礎知識<友人・親族編>

友人や親族への結婚報告は、できれば対面の方が望ましい。ただ、お互いに都合がつかない場合は、電話でもOK。また、普段からメールやSNSでつながっている場合は、そうしたツールを利用しても。ただし、一斉送信のような形は軽々しいイメージとなるので、避けた方が無難。

友人の場合、伝える順番は結婚式に招待したい人から先に伝えるのがお勧め。また、同じグループの人たちへはできるだけ同じタイミングで伝える方がベター。

From 編集部

過不足なく情報が伝わるように気を配って

結婚報告は相手の身になって行うのが基本。相手の状況をよく見極めて、伝えるようにしたい。結婚が決まって嬉しいのは分かるが、あまりはしゃぎ過ぎるのはNG。冷静にさりげなく伝えるのがお勧め。

岩下先生顔写真
Profile

岩下宣子 マナーデザイナー/現代礼法研究所代表

全日本作法会の内田宗輝氏、小笠原流小笠原清信氏の下でマナーを学ぶ。マナーデザイナーとして、マナーの指導や研修、講演、執筆活動を行う。

構成・文/粂 美奈子  イラスト/Ricco. 
※掲載されている情報は2018年4月時点のものです

  • 結婚報告
  • 打ち合わせ開始期
  • 常識・マナー
  • 人間関係
  • きちんとしている
Share on>

pagetop