ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. ペーパーアイテム(招待状・席次表)
  5. やっちまった……招待状からミスしました、私。
演出アイテム等
Share on>

やっちまった……招待状からミスしました、私。

式準備でゲストと関わりを持つ第一歩である招待状は、日付や会場、式のテーマを伝えるだけじゃないんです! 招待状こそ、ゲストへの「おもてなし」がスタートする瞬間ということ、気付いてる?
そこで、想像するだけで身が引き締まる「招待状からやっちまった!」な体験談をご紹介。私は大丈夫♪ なんて思っている、そこのあなた!……いま一度、ご確認を。

証言1「まさか本名が旧字体だなんて、知らなかったんです」

依頼中

アンケートで一番多かったのが、言わずと知れた「宛名の漢字ミス」。本当にこんなに頻発するものなのか、と編集部も驚き!

先輩’s 「やっちまった……」

クチコミ1

上司の宛名を間違えました。本人に言われて、仕事でも気まずくなり、過去に戻りたくなった……。携帯の電話帳を見ながら作ったのですが、そもそも登録していた漢字が間違っていたみたい(後藤 南さん)

クチコミ2

招待状の投函(とうかん)後、夫の友人名の漢字が違うことが判明。ネットで散々体験談を読んでいたので気を使っていたはずなのに、『まさか自分たちが!?』と信じられませんでした……。その後、席札や席次表を作るときも不安になりっ放し(大熊寛子さん)

【確かな資料と照合を!】

普段は略式である新字体を使っていても、戸籍上の正式名は旧字体、ということも多い。卒業アルバムや、名刺、本人からの年賀状など、確かな資料と照合した方が安心。
(代表的な例……広、浜、高、辺、斉、国、崎、芳、吉 など)
どうしても分からない・不安な場合は、思い切って本人に聞いてみるのも○ 間違った宛名で本人に渡るよりは誠意が伝わるはず。

証言2「ゲスト全員に同じ時間を案内してしまっていたんです」

依頼中

次に多かったのが、集合時間の連絡ミス。集合写真をお願いする親族や、披露宴のみ出席をお願いする友人に、ちゃんと“ひと言”添えてますか?

先輩’s 「やっちまった……」

クチコミ3

親族紹介、集合写真のために、親族には早く集合してもらおうと思っていたのに、ほかのゲストと同じ招待状を送付してしまった。母から言われて急いで電話で連絡。危うく集合写真に写らない人が出るところだった!(梨沙さん)

クチコミ4

挙式と披露宴の開始時間のみ記入して送ったら、後日、友人から『挙式って私たちも参加していいの? 家族だけ?』と問い合わせがあった。ひと言『挙式にもぜひ参加してください』と書いておけば良かったです(ありかさん)

クチコミ5

披露宴の最初の演出をサプライズで仕掛けようと招待状のタイムスケジュールの頭に『おもてなし』と記載したところ、参加が必須だと思わなかったゲストが遅れて到着。披露宴後に友人から伝え聞いて申し訳なくなった……(泣)(あやさん)

【来てほしい時間ごとに、ゲストをグループ分けしてからリスト化を】

初めからゲスト全員を名前順にリスト化する人が多いのでは? まずはゲストを、来てほしい時間毎にグループ分けしてから、「どのグループ」に「何時」に集合してもらうか整理しておくと、混乱しづらい。
グループは、大きく分けて次の3つ。

A.挙式から参加する家族・親族
B.挙式から参加する友人・会社関係者
C.披露宴から参加する友人・会社関係者

各グル―プに送る文言は変わってくるはずなので、グループごとにまとめて招待状を作っていくのがおすすめ。

証言3「重さ、入れ忘れ……最後にも落とし穴があったんです」

依頼中

「名前も時間も確認OK♪」では終わらない、最後の落とし穴に引っ掛かった花嫁たち、まだまだいるんです!

先輩’s 「やっちまった……」

クチコミ6

すべて封をして、慶事用82円切手を貼って郵便局に。すると『重量オーバーなので92円分の切手が必要です』と言われました……。その場で恥ずかしいだけでなく、結局普通の10円切手を追加で貼ることになってショック(泣)(むっぴさん)

クチコミ7

友人に、招待状と案内図を入れ忘れ、返信用はがきだけを封筒に入れて送ってしまった……。ほかの準備で慌ただしくて疲れていたのだと思います(ふみさん)

クチコミ8

招待状で二次会の出欠も取ろうと思っていたのに、書き忘れて、一人一人別途連絡を取って確認した。二度手間になりました(ゆっきーさん)

クチコミ9

よし、完璧!と時間をかけて手作りしたはずの招待状。最後に封をするとき、のりを付ける場所を間違えて開きにくくなってしまった……(saさん)

【封をするのは、最後の最後に】

最後の最後、封をするまで気を緩めないように注意。のり付けは、すべての文言、中身、重さの最終チェックが終わってからいっぺんにするのがおすすめ。あらかじめ用意した資料が、なぜか余ってる!?とならないよう、しっかりと確認を。
さらに、サンプルとしてのり付けまでしたものを1通作り、ゲストの立場になって封を切るシミュレーションまでしておけば、もう大丈夫!

「やっちまった……」を防ぐ! マスト確認ポイントは、この5つ

依頼中

「やっちまった」を防ぐ、招待状でのチェックポイントを準備段階別に5つにまとめてみました! 招待状を作るときは、参考にしてみて。

【1】招待するゲストが決まったら、早めに全員の名前を、しっかりと確認
※親しい友人の名前の「思い込み漢字」や「旧字体」に注意!
【2】ゲストを3つのグループに分けてリスト化し、各グループ毎の集合時間、文言を確認
※集合写真の有無、時間、二次会の出欠も要チェック!
※「A.式から参加する親族・家族」、「B.式から参加するゲスト」、「C.披露宴から参加するゲスト」の3つのグループ
【3】新郎新婦だけでなく、第三者に宛名や文言の確認を依頼
※親やきょうだいに依頼している人が多数
【4】切手を貼る前に1通当たりの重さを量り、郵便料金に間違いがないか確認
【5】すべてを封入したら、用意したアイテムに余りがないか確認

ほかにも「確認作業で集中力が切れたら、思い切って別日にチェック」(湯浅依里さん)、「手作りの場合は、サンプル品を作ってから本番作業に取り掛かる」(saさん)、「ミスに気付いたときに対応ができるよう、スケジュールに余裕を持たせる」(めありさん)というアドバイスも。
そして、「ゲストを巻き込むことなので、手作りをしたくても外注も手。ゲストが気持ちよく過ごしてもらえることを一番に考えて」(juniさん)という声もありました。

From 編集部

招待状がゲストの手元に届いたその日から、結婚式は始まっている!

ゲストへのファーストコンタクトである招待状でミスをしないことで、その後の式準備を不安なくスムーズに進めることができ、何よりもゲストが当日気持ちよく参加できるのだということが、今回のアンケートから分かりました。
招待状を作るタイミングは、どうしてもほかの準備にも追われてバタバタする時期。でも、結婚式は、挙式当日だけじゃない。招待状を送付するときから始まっているんです!
ふたり揃っての「初めてのごあいさつ」だからこそ、ミスを防いで気持ちよく当日を迎えましょう!

構成・文/小森理恵(編集部)
※掲載されている情報は2016年4月時点のものです
※記事内のコメントは2016年3月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー93人が回答したアンケートによるものです

  • 挙式3ヶ月前
  • 結婚式場検討期
  • 常識・マナー
  • ゲスト
  • もてなし
  • 細やかな気遣い
  • 安心したい
Share on>

pagetop