ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 婚約指輪・結婚指輪
  4. 結婚指輪
  5. 「結婚指輪、式までにあればいいよね?」って考えがもったいない理由
ジュエリー
Share on>

「結婚指輪、式までにあればいいよね?」って考えがもったいない理由

結婚式のセレモニーで交換する結婚指輪。そのため「結婚式までにあれば十分だよね」と思っている人は意外に多いみたい。でも、それってちょっともったいないんです。結婚指輪を早めに用意した方がいい理由をお教えします!

早め購入がお勧めの理由って?

ふたりで指輪を選んでいるイラスト

結婚指輪を購入する際、結婚式間際にショップに行くと、実はちょっぴり慌てる事態に陥ってしまうかもしれません。というのは、結婚指輪は購入してすぐに持って帰れるとは限らないから。サイズ直しをしたり、裏に刻印を入れたりすると、手に入るまでに1カ月くらいはかかってしまうのです。

だから、間際に行くと「結婚式に間に合わないのでは?」なんてドキドキしてしまうことにもなりかねません。結婚式直前は準備で忙しく、何かとストレスもたまる時期。結婚指輪選びでさらにストレスを抱え込まないように、ぜひ早めに準備したいもの。

また、結婚指輪選びを早めにスタートすれば、納期を気にせずにじっくりと検討できるから、納得いく指輪が手に入りやすいというメリットもあります。例えば、スタッフと相談した結果、「フルオーダーにしよう!」となった場合、早めに結婚指輪選びをスタートしていれば、時間がかかるフルオーダーも安心してお願いできます。だから、結婚指輪は結婚式の準備が忙しくなる前、具体的には結婚式の半年から1年くらい前にスタートするのが断然お勧めなんです。

さらに、早めに購入するともっといいことも! 次からはプラスアルファのいいことをご紹介します。

<もっといいこと1>婚姻届と一緒に写真が撮れる

婚姻届と指輪のイラスト

ふたりの人生のスタートとなる婚姻届の提出。最近では、婚姻届を提出するときに記念撮影をするなど、婚姻届の提出を一つのイベントと捉えるカップルも増えています。婚姻届提出に絡めて撮影する写真のバリエーションも増えていて、みんなそれぞれラブラブな写真を撮影し、SNSなどにアップして楽しんでいるよう。

そんな中で注目を集めているのが、婚姻届に結婚指輪を組み合わせて撮影した写真。「婚姻届」という文字に合わせて、ふたりの結婚指輪と婚約指輪を配置してパチリ。その写真を友人への結婚報告に添えている人も! 最近は結婚式前に婚姻届を提出することも多いから、結婚が決まった時点ですぐに結婚指輪を購入しておくと、婚姻届と一緒の写真が撮影でき、素敵な記念になるはず。

私たちもやりました!

顔写真

ティファニーの結婚指輪だったので、婚姻届もティファニーのものに。結婚指輪と婚約指輪を婚姻届の上に置いて写真を撮りました!<結婚指輪の購入時期/結婚式の8~9カ月前>(さーさん)

顔写真

結婚指輪と婚姻届を一緒に撮影した写真をSNSで見て、「これは記念になる」と思って自分もやってみました。撮影した写真は結婚式のエンディング映像にも使用しました。<結婚指輪の購入時期/結婚式の10~12カ月前>(shioriさん)

<もっといいこと2>結納や婚約食事会のときに身に着けられる

婚約食事会で結婚指輪を披露しているイラスト

ふたりの婚約を確認し、家族と共にお祝いする結納や婚約食事会。席上では彼から婚約指輪、彼女から時計やスーツなど婚約記念品を贈り合うことが多いのですが、早めに結婚指輪を購入しておけば、このときに婚約指輪と一緒に家族に披露することができます。

実は、結婚式では慌ただしくて結婚指輪を家族に見せる機会をなかなか作れないし、結婚してしまうと改めて見せることはなくなってしまう可能性も。だから、どんなこだわりでその結婚指輪を選んだのか、結婚指輪に込めたふたりの思いを家族に知ってもらうには、結納や婚約食事会がいい機会となるのです。

結婚指輪を通してこれからの人生についてのふたりの考えを知ることができ、家族もきっとうれしいはず。ぜひ早めに結婚指輪を購入して、結納や婚約食事会のときに婚約指輪と重ね着けをして家族に披露してみましょう。

私たちもやりました!

顔写真

婚約指輪は義母から譲り受けてリメイクしたもの。結婚指輪もその婚約指輪に合うように選んだので、結納の席上で2つの指輪を身に着け、みんなに披露しました。<結婚指輪の購入時期/結婚式の10~12カ月前>(ちはるさん)

顔写真

婚約食事会で結婚指輪を家族に披露したところ、とても喜ばれた上、話が盛り上がりました。<結婚指輪の購入時期/結婚式の8~9カ月前>(かおりさん)

<もっといいこと3>前撮りで身に着けて写真が残せる

前撮り写真を使ったウエルカムボードのイラスト

前撮りでは和装など結婚式では着ない衣裳を身に着けることもあり、結婚の記念になるのはもちろん、結婚式に使用するウエルカムボードやプロフィールパンフレットなどに利用できるといったメリットも。

結婚指輪を早めに用意しておけば、前撮りの際に身に着けることができ、結婚指輪の素敵な写真を残すことができます。結婚指輪の写真は結婚式でも撮影できますが、当日は何かと忙しく、思うようなカットが撮影できないことも。前撮り時に結婚指輪があれば、お気に入りの結婚指輪の写真を思う存分撮ってもらえます。

私たちもやりました!

顔写真

結婚指輪は婚約指輪と重ね着けができるものを選んだので、前撮りでも身に着けて、素敵な写真を撮ってもらいました。<結婚指輪の購入時期/結婚式の8~9カ月前>(ひかぴさん)

顔写真

前撮りのときには和装とドレスに結婚指輪を合わせたほか、結婚指輪だけの写真も撮ってもらいました。ショップでも専用フォトブースで撮影してもらうなど、早く購入したことでいろいろ楽しめました。<結婚指輪の購入時期/結婚式の6~7カ月前>(清水真央さん)

From 編集部

結婚指輪は早め購入で楽しむのがお勧め!

結婚指輪は早く購入した方がじっくり選べて、納得いくものが手に入るし、前撮り写真などにも利用できるから結婚式の準備期間もテンションがアップ! 今回紹介したコメント以外にも、「友人に結婚を報告するときに身に着けていったら、ものすごくうらやましがられた!」という意見も。こんなにいいことがいっぱいだから、結婚式直前に購入するなんてもったいない。いつかは購入するものだから、ぜひ早めに購入していいことをたくさん手に入れましょう。

構成・文/粂 美奈子 イラスト/戸村桂子
※掲載されている情報は2017年3月時点のものです
※記事内の写真およびコメントは、2017年1月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー129人が回答したアンケートによります。

  • アイテム検討期
  • ダンドリ
  • テンションあげたい
Share on>

pagetop