ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 挙式・披露宴会場探し全般
  5. 《会場探し》始める前に解決! 素朴なギモンQ&A
結婚式スタイル
Share on>

《会場探し》始める前に解決! 素朴なギモンQ&A

結婚式の会場探しを始めたいんだけど、分からないことだらけで、会場に何を聞いたらいいのかも分からない。そもそも見学は彼と行かないとダメ? 契約日によって料金は違うの? など、実際に先輩花嫁が直面した素朴なギモン、でも素朴すぎて会場スタッフに面と向かって聞きにくいギモンを集めて、活躍中のプランナーさんに聞いてみました。

Q1.会場見学、彼以外の友達やいとこと行ってもいいの?

A.もちろんOK。でも彼と一緒だとよりスムーズ

彼以外

例えば親友にも会場を見てほしい、グルメな仲間に試食をしてもらいたい……などという人も。彼以外の人と行っても大丈夫なのでしょうか。

会場見学は「彼以外の方といらっしゃっても、もちろんOKです」とTRUNK BY SHOTO GALLERY プランニング・デザイナーの植上綾さん。

「ただし、最終的には彼にも見てもらった上で決めることになるはず。それなら最初から決定権のある人と一緒に来ていただいた方が、効率良く進められると思いますよ」

例えば、自分はたくさん会場見学したいけれど彼が忙しい、などという場合は、まず友人と見学に行き、候補を絞ってから彼とじっくり見学、という2段階方式でもいいかもしれません。

Q2.複数の会場を1日で回りたい。1会場30分とかで見学できないの?

A.できます。でも見学できる部分が限られることも

1会場30分という短時間での見学は「できることはできます。でも、残念ながらすべてを見学することは難しくなってしまいます」。

「それでもよい場合は、平日など会場があいているときに行くのがオススメ。ただし、30分程度では十分な説明ができないという会場も多いのでは。せっかく足を運ぶなら、最低でも1時間はあった方がいいでしょう」

1回の見学を内容の濃いものにするには、最低でも1時間は予定を確保する方が、むしろ効率的。

Q3.ひと通り見学後、もう1回見たいところがあったら戻っていいの?

A.見学する日や会場によっては難しいことも

もう1回

例えば最初に見たチャペルをもう一度見たい……そんな要望は「見学する日や、会場のタイプによっては難しいこともあります」。

「特に貸し切り制などプライベート感を大切にしている会場では、土日などは本番を迎えている新郎新婦さまを優先することになるので、ご案内するルート以外の見学は難しいでしょう。会場があいている平日などでは、可能なこともあります」

何度も見学するより、見学中はこまめにメモをとり、可能な範囲で写真を撮らせてもらい、最初の印象を忘れないようにするのが鉄則ですね。

Q.ほかの会場も見学していること、正直に言った方がいいの?

A4.むしろ言ったほうがお互いにメリット大

実はほかにも気になる会場があるけれど、言わないのがマナーと思う人もいるでしょう。でも実は「むしろ言っていただいた方がいいんです」。

「ほかに見学している会場を教えていただければ、おふたりが好きな会場の傾向、何を大事にしているのかがわかります。そして、どんな点で迷っているのかがわかれば、それを払拭(ふっしょく)するための提案ができると思いますよ」。

実際、複数の会場を比較検討している先輩カップルがほとんど。ふたりの好みをわかってもらうためにも、正直に話してみて。

Q5.ズバリ、値引き交渉ってしてもいいの?

A.してみてもOK。ただし値引きには条件が

値引き

この会場に決めたいけれど、少し予算オーバー……そんなときの値引き交渉は「していただいても大丈夫。ですが、値引きはできる場合・できない場合があります」。

できる場合とは「例えば仏滅でもいいなど、新郎新婦さまにも譲歩できる何かがある場合。何の理由もない値引きはできませんが、会場側にもメリットのある条件を出していただくことで、値引きが可能になるケースもあるかもしれません」。

つまり、一方的な要求はNGということ。譲歩するときはお互いに、なんですよね。

Q6.同じ挙式日でも、契約日によって割引率は違うの?

A.当日までの日数が少ないほど安くなるケースも

同じ挙式日でも「当日までの日数が少ないほど、安くなるのが一般的」。例えば来年の今日、結婚式をする場合、「今日契約するよりも、半年後の今日契約する方が安くなる可能性があります」

かと言って、だったら半年待って契約した方がお得と思うのは早計。「半年後にもその日が空いているという保証は、残念ながらないんです」

当日までの日数が少ないと、あいている日が少ないだけでなく、準備期間も短くなるもの。費用以外のこともよく考えたいですね。

Q7.契約時のプランナーさんが最後まで担当してくれるの?

A.会場によって違い、メリットもそれぞれ

プランナー

プランナーさんが気に入って契約したのに、契約後は担当が替わった、という先輩カップルも。「契約後に担当が替わるかどうかは会場によって違います。でも、替わるのがよくないというわけではありません」。

植上さんの会場では「契約前と契約後でそれぞれのプロフェッショナルがつき、1顧客1チーム制で担当。チーム全員が情報を共有しています」

会場によって違うので、確認してみましょう。

Q8.事前予約金っていくらくらいが相場なの?

A.10万円くらいが相場。返金の有無も確認を

会場によって金額は違いますが、「だいたい10万円から、多くても20万円が一般的でしょう」。

ただし、「金額だけでなく、契約に至らなかった場合に返金されるかどうか、返金されるのは全額かどうか、期限はいつまでかなども会場によって違います」

返金される期間の長さなどにより、検討できる期間が変わってくるので、最初の見学時にきちんと確認しましょう。

【お話を伺った方】

プランニング・デザイナー
植上 綾さん
1日1組、1棟貸切。クリエイティブなデザイナーがチームを組み、“人とは違う”ウエディングを実現する TRUNK BY SHOTO GALLERY で、プランニング・デザイナーを担当。新郎新婦の生い立ちや出会い、雰囲気や言葉の一つ一つを大切にしてワクワクするような提案をしてくれる。
TRUNK BY SHOTO GALLERY/TEL 03-5784-1060

From 編集部

複数の会場を見学するうちに、感覚がつかめてくるはず!

最初はギモンだらけの会場見学も、2軒目、3軒目と行くようになると、何が会場ごとに違うのか・何が普通なのか、わかってくるはず。複数の会場をじっくり比較検討して、わからないことは遠慮せずに質問し、ふたりにぴったりな会場を見つけよう!

構成・文/前川ミチコ イラスト/沼田光太郎
※記事内のコメントは2016年8月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー90人が回答したアンケートによるものです
※掲載されている情報は2016年10月現在のものです

  • 挙式1年前
  • 挙式・披露宴
  • 式イメージ収集期
  • ダンドリ
  • スッキリしたい
Share on>

pagetop