ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 結婚準備完ペキマニュアル
  3. 花嫁姿が華やかに!ウエディングブーケ選びのスケジュール&手配方法
ブーケ選びのスケジュール&手配方法
Wedding Manual

花嫁姿が華やかに!ウエディングブーケ選びのスケジュール&手配方法

ウエディングブーケは花嫁をより華やかに、素敵に引き立ててくれる名脇役。ドレスはもちろん、なりたい雰囲気にマッチする形や花材を選んでトータルコーディネートを完成させるために、まずはいつ何をすればいいかのスケジュールの目安から手配法までブーケ選びのダンドリ&流れをチェック!

Index

#STEP1|衣裳が決まったら
持ちたいブーケをイメージしよう

ウエディングドレスや和装など、花嫁の衣裳が決まったら、ブーケの具体的な検討もスタート!まずはブーケの主な形(スタイル)を知っておき、選んだドレスにどんなタイプが合いそうかイメージを膨らませて。ゼクシィアプリをはじめ、ネットやSNSで「素敵!」と思ったブーケの画像収集をしたり、雑誌などの写真を切り抜いてスクラップしておくのもおすすめです。

持ちたいブーケをイメージしているイラスト

先輩花嫁がいつから準備を始めたかもCheck!

結婚準備で何かと参考になるのが、先輩花嫁のリアル事情。ブーケの検討を開始した時期やブーケを決定した時期、検討していた期間など、みんながどうしていたかは次の通り。

[ブーケの検討開始]
2カ月前 27.1%
3カ月前 21.4% 
1カ月前 18.6% 
7カ月以上前 11.1%

平均データで見ると、ウエディングブーケを検討し始めた時期は披露宴の3.4カ月前。ドレスの決定時期が4.2カ月前なので、ほとんどの花嫁がドレスが決まってからブーケ選びを始めています。ちなみに、ブーケを決定した時期の平均は披露宴の2.4カ月前なので、みんな1カ月くらいをかけて決めているよう。

#STEP2|挙式6カ月~3カ月前
ブーケショップ(手配先)を探そう

ウエディングブーケの主な手配先は、「会場または会場と提携しているフラワーショップ」か「提携外のショップ」となりますが、友人・親族からのプレゼントや、手作りしたという花嫁さんも。ショップに依頼する場合は、ゼクシィアプリなどを参考に、希望するブーケを作ってくれそうなお店をリサーチ。会場内や提携しているショップの情報も手に入れながら、ブーケの傾向や雰囲気が好みとマッチするお店を見つけて!

ブーケの手配先アンケートグラフ

[ブーケの手配先](複数回答)
会場または会場提携ショップ 79.3%
提携外のショップ 11.4%
友人などからのプレゼント 7.4%
手作り 3.6%
その他 6.9%

約8割の花嫁が会場または会場と提携しているショップで手配。提携外のショップには、購入だけでなく造花などをレンタルで手配した場合も含みます。

会場提携ショップなら……

・会場を知り尽くしたスタッフがサポート
・会場との連携が取れている
・会場装花とのコーデもしやすい

提携外ショップなら……

・自分好みのブーケをとことん探せる
・たくさんのショップから選べる
・お手頃価格で手に入りやすい
※持ち込み料がかかるか、事前に会場側に確認しておくのがおすすめ

「持ち込み料」ってなに?

持ち込み料とは、外部から持ち込んだドレスなどを会場で保管するための費用のこと。ブーケは当日搬入することもあり無料のケースが多いが、そもそも持ち込みNGな場合もあるので、まずは会場に相談を。

#STEP3|挙式4カ月~2カ月前
ショップが決まったらオーダーしよう

ショップを決めたら早速打ち合わせをスタート。提携外ショップの場合は特に会場の雰囲気、ドレス、希望するブーケのイメージをしっかりと伝えることが大事。希望するブーケの形や色、花材などのイメージをざっくりでも固めた上で相談すれば、プロならではの的確なアドバイスがもらえるはず。以下のポイントを踏まえてオーダーすれば、成功すること間違いなし!

ショップにオーダーしているイラスト

打ち合わせに持参するのはこの3つ!

希望するブーケの写真や資料

形、色、花材、目指したい雰囲気など、口頭では細かいニュアンスが伝わらないもの。イメージに近いブーケの画像や雑誌の切り抜きを用意していこう。

着用する衣裳の写真や資料

ブーケは衣裳とのバランスが大事!ウエディングドレス、カラードレス、和装、あれば彼の衣裳の写真も持参。画像で分かりにくい素材や色調、モチーフや装飾なども伝えて。

会場の雰囲気&会場装花のイメージ

会場装花とブーケを別のショップで手配する場合は、会場のインテリアが分かる写真やパンフレットも持参しよう。テーブルクロスの色、会場装花の花材やイメージ、テーマカラーなども伝えておくと安心。

ブーケの費用相場も知っておこう

先輩花嫁がウエディングブーケにかけた費用のうち、最も多かったのは3万~4万円未満で28.9%。次いで2万~3万円未満が18.2%で、平均すると3.3万円。また、5万円以上かけたという人も16.6%いました。

#STEP4|挙式2カ月~1カ月前
お色直し用のブーケや
花アイテムも検討しよう

新郎の胸に挿すブートニアはもとより、ヘアに花を飾るならヘッドパーツ、カラードレスに合わせるブーケなども忘れずにオーダーを。生花のブーケの保存(アフターブーケ)を考えているなら、押し花やドライ加工なども検討しましょう。

お色直し用のブーケや花アイテムを検討しているイラスト

ちなみに……みんながフラワーショップにオーダーしているものトップ5

1位 挙式用ブーケ 41.5%
2位 ブートニア 33.3%
3位 親への贈呈用花束 33.1%
4位 お色直し用ブーケ 18.3%
5位 ヘッドパーツ・花冠 17.2%

ブートニアやヘッドパーツはもちろん、フラワーショップに依頼できるアイテムはほかにもたくさん!フラワーシャワー用の花びら、トス用やプルズ用のブーケ、花を使ったウエルカムボードなど、演出用のアイテムで花を使いたい場合はぜひ相談してみて。

#STEP5|挙式1週間前までに
ショップと最終確認を

提携外のショップで手配する場合は、当日どこに何時に届けてもらえるかなど、搬入方法の確認を。会場とも必ず受け取りやブーケ保管の有無などの打ち合わせをし、ショップにもきちんと伝えておきましょう。また、アフターブーケをオーダーする場合は、挙式後ショップにブーケを預ける方法も必ず聞いておいて。

結婚式イラスト

構成・文/大平美和 イラスト/湯浅 望 D/mashroom design 監修フローリスト/落 大造(co-an)
※記事内のデータは「ゼクシィ結婚トレンド調査2021(全国推計値)」によるものです

pagetop