ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 結婚準備完ペキマニュアル
  3. ウエディングブーケ選びのスケジュール&手配方法
  4. ウエディングブーケの基礎知識|形&花の種類からトレンドまでご紹介!
ウエディングブーケの基礎知識
Wedding Manual

ウエディングブーケの基礎知識|形&花の種類からトレンドまでご紹介!

花嫁姿をより美しく華やかに引き立ててくれるウエディングブーケは、ドレス同様にこだわりたいもの。でもどんなタイプがあるのかよく分からない……。そんな花嫁さんのために、まずはブーケの種類や人気の花材など、ブーケに関する基礎知識を紹介します。

ココをおさえて!
  • 主なウエディングブーケの「形」は約11種類
  • 生花や造花、ミックスなど「素材」もいろいろ
  • 花、葉、実ものまで今どきの「人気花材」をチェック
  • 記念に残す加工「アフターブーケ」もおすすめ

#01|ブーケの形(スタイル)を知ろう

主なタイプは11種類

ブーケを選ぶときのポイントの一つになるのが、形(スタイル)。ドレスにも合わせやすいと人気の定番から、形そのものが印象的なデザイン性のあるものまで、主なタイプをご紹介。

ブーケの形(スタイル)
ラウンドクラッチキャスケードアームオーバル(だ円)リースワイルド(ビッグブーケ)クレッセントメリアハンギング(バッグ、バスケット)ボール

ラウンド

ラウンド

花を密集させてコロンと丸くまとめたスタイルで、かわいらしい雰囲気のドレスに似合う。ドレスのボリュームに合わせてサイズ感を調整すると好バランス。最近は真っ白や同系色でグラデーションを付けるなど、ワンカラーのタイプが人気。

クラッチ

クラッチ

今、最も人気を集める、摘んできた花を束ねたような自然なスタイル。花の種類や色次第でかわいくも大人っぽくもなる上、茎の部分をラフに持つため、どんなドレスに合わせても抜け感が出てこなれた雰囲気に。

キャスケード

キャスケード

滝のような流れを描く逆三角形のシルエットが特徴。丈が短めのものはセミキャスケードと呼ぶことも。王道のノーブルな美しさを演出できるため、挙式で人気。Aラインのドレスに映えるほか、ロングトレーンやプリンセス風ドレスに合わせるとロイヤルなムードを演出できる。

アーム

アーム

腕で抱えるように持つことから名前が付いた、長く真っすぐな茎を持つ花のラインを生かして束ねたスタイル。すっとした縦ラインが、スカートがストンとしたスレンダーやマーメイドドレスに映え、スタイリッシュな雰囲気に。

オーバル(だ円)

オーバル

裾をやや絞ったしずくを思わせるだ円形で、ティアドロップと呼ぶことも。ふっくらとした程よいボリューム感がビッグスカートのドレスと相性がよく、ラウンドよりやや大人っぽい雰囲気に。また、四方に広がるように全体にボリュームを出したスタイルはシャワーと呼ばれる。

リース

リース

途切れず繋がるその形が「永遠」を意味するリースは結婚式にぴったり!花や葉、枝を使って輪の形に編み込んだスタイルで、手で持つほか腕に通して提げても素敵。

ワイルド(ビッグブーケ)

ワイルド

両腕で抱えるほど大きなワイルドブーケは、圧巻のボリュームとエアリーな抜け感がおしゃれに見えると、高感度な花嫁たちの間で話題に。ビッグブーケ、ボリュームブーケとも呼ばれ、ふわふわの小花で作るのがトレンド。

クレッセント

クレッセント

三日月のようなカーブを描く左右非対称のフォルムが特徴。流れるようなラインの美しさが目を引くので、シルエットをきれいに見せたい細身のドレスと好相性。

メリア

メリア

たくさんの花びらを一枚一枚重ね、大輪の花に見立てたアーティスティックなブーケ。小さめでも存在感があり、コンパクトなドレスに映える。近くで見られてこそ魅力を発揮するので、ゲストと接する機会の多いパーティにもおすすめ。

ハンギング(バッグ、バスケット)

ハンギング

ハンギングは取っ手があり、バッグのように持てるブーケの総称。腕に掛けると両手が空くので、テーブルラウンドや動くシーンに好適。最近はバスケットに摘みたての花を入れたようなナチュラルなタイプが人気。

ボール

ボール

球体のブーケにリボンなどで持ち手を付けたスタイル。和風の花やひもを使ってアレンジすれば、和装にもぴったり。

#02|生花?造花?
素材の種類を知ろう

生花+ドライなど異素材MIXもあり!

ブーケに使われる花やグリーンなどの素材は、生花はもちろんのこと、季節を問わず入手しやすく式後も保存可能なドライフラワーや、造花を選ぶ花嫁も増えてきました。それぞれの特徴を知って自分にぴったりのものを選びましょう。

生花

生花

生命力にあふれ、みずみずしくてフレッシュ!絶妙な咲き加減や香りを楽しめる生花は、華やかさも写真映えも抜群。前撮りや結婚式当日など、その日のためだけに用意される生花のウエディングブーケを持てるのは、まさに花嫁だけの特権。最近は、染めや塗りなどを施して発色させた一味違う生花を、アクセントに使うブーケも人気上昇中。

ドライフラワー

ドライフラワー

生花を乾燥させたものがドライフラワー。生花よりややくすんだ色合いになりビンテージ感を演出できる。最近は脱色したり鮮やかな色に染めるなど、発色も豊かになり、生花にドライを織り交ぜたMIXブーケも人気。生花に比べて日持ちもするので、前撮りと結婚式当日で同じブーケを使う花嫁も。式後は新居に飾って楽しむこともできる。

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは、濃淡のバラのみ。その他はアーティフィシャルフラワーのMIXブーケ

生花を特殊加工したプリザーブドフラワーは、色鮮やかなまま長期保存が可能。写真のブーケのバラのように、見た目の質感は生花に近く、長期間飾っておけるのも魅力的。一度脱色をしてから着色をするので、生花にはない色の花を作ることができるが、加工ができない花もあるので、花の種類は限られる。

アーティフィシャルフラワー(造花)

アーティフィシャルフラワー(造花)

布や樹脂を使って作られる精巧な造花はアーティフィシャルフラワーとも呼ばれ、その出来栄えは生花と見間違えるほどのものも。時季を問わずにいつでも好きな花を使え、生花では存在しない色があったり、ラメなどをあしらってキラキラさせられるのも人気の秘密。また保存が利き、軽くて扱いやすいので、リゾートや海外挙式、ロケフォトなど、何回でも使えるのがうれしい。

#03|ブーケに人気の
花の種類(花材)を知ろう

あなたが好きな花、使いたい花はどれ?

花の種類(花材)は実にたくさん。ひらひらした花でロマンチックに、シャープな花で大人っぽくと、どんな花材を使うのかも理想のブーケに近づくために外せないポイントです。ここではブーケに人気&おすすめの花材をご紹介。あなたの結婚式の時季に手に入りやすい花を使えば、季節感も出てますます印象深く。

ブーケに人気の花の種類(花材)
バラユリランカラーアンスリウムダリアアネモネトルコギキョウ(リシアンサス)ラナンキュラススイートピーガーベラアジサイスターチスブルースターミモザカスミソウスモークツリープロテアエリンジウムユーカリ

バラ

入手可能時季:オールシーズン

バラ

色や品種が非常に多く、人気は絶大。横から見るとカップのような形状のカップ咲き、何重にも重なる花びらがふわっと開くロゼット咲きなど咲き方もさまざまに揃い、色と品種によってどんな雰囲気にもなるのが魅力。例えば、王道の白なら清らかでノーブルな雰囲気。ピンクの中でもくすみ系の品種を選べば、程よく甘さが抑えられて大人かわいい雰囲気に。

ユリ

入手可能時季:オールシーズン

ユリ

エレガントな花の代表格。中でも写真のカサブランカをはじめ、大きくて高級感があるオリエンタル系のユリならよりゴージャスな雰囲気に。最近は、花びらが幾重にも重なる八重咲きの品種が増え、華やかでおしゃれと注目が集まる。

ラン

入手可能時季:オールシーズン

ラン

コチョウラン、デンファレ、シンビジウムをはじめ品種がとても多く、形も色も大きさも豊か。写真のシンビジウムのように、花びらが肉厚で花持ちがよいものも多く、ブーケに適した花材としても知られている。最近は、オンシジウムのダーク系やエピデンドラムなど花が小ぶりのタイプが人気。

カラー

入手可能時季:オールシーズン(旬は春と秋)

カラー

すっとシャープな花姿が印象的で、洗練された大人ブーケの定番花材として根強い人気。しなやかな長い茎を生かしたアームやクラッチブーケで魅力を発揮する。白のほか、ピンク系、イエロー、紫、チョコレート色など、色のバリエーションも増加中。

アンスリウム

入手可能時季:オールシーズン

アンスリウム

オブジェのような個性的な形と光沢のある花びらが特徴の南国の花。ドレスと和装、どちらにも合わせやすくモダンな雰囲気を演出できる。暑さに強く花持ちがよいので、夏婚にも向いている。

ダリア

入手可能時季:オールシーズン(旬は初秋)

ダリア

色やサイズ感が豊富で和洋やテイストを問わず多用される気品のある花。大ぶりのタイプは1輪でも華やかなので、ブーケはもちろん装花の主役としても人気。アネモネ咲き、ポンポン咲きなど咲き方も多彩に揃う。

アネモネ

入手可能時季:冬~春

アネモネ

青紫、ピンク、赤など鮮やかな色が揃い、冬~春ブーケの定番。最近は、渋めの色や、花芯が濃い色の白いアネモネが大人っぽい印象に仕上がると、ひときわ人気。

トルコギキョウ(リシアンサス)

入手可能時季:オールシーズン(旬は初夏)

トルコキキョウ

フリル状の花びらが重なり合う優美な花。白は神聖、パステルピンクは可憐、くすみピンクや紫はシックと、色によってイメージが変化。ブラウンやグリーンなどナチュラル系ブーケに合う色も豊富。

ラナンキュラス

入手可能時季:冬~春

ラナンキュラス

バラに似たコロンと丸いフォルムが愛らしい、春を代表する花。幾重にも重なるひらひら薄い花びらは繊細で透明感があり、かわいらしい雰囲気づくりに欠かせない花材の一つ。

スイートピー

入手可能時季:冬~春

スイートピー

風に舞うチョウを思わせるフリル状の花びらが特徴。白やピンクなどの優しげな色のほか、最近は染めた品種が増えてきて、ニュアンスカラーが豊富に揃い、人気が再燃。

ガーベラ

入手可能時季:オールシーズン

ガーベラ

色や形がさまざまに揃い、カジュアル&キュートな印象。最近は色を染めたシックなタイプも多く、使い方次第ではスタイリッシュな雰囲気にも仕上がる。

アジサイ

入手可能時季:春~夏

アジサイ

初夏の風物詩として知られるパステル系のほか、紅葉した秋色アジサイも人気。最近は小ぶりに切り分けてニュアンスを加える使い方がトレンド。

スターチス

入手可能時季:オールシーズン

スターチス

リモニウムとも呼ばれ、ニュアンスのある色合いや品種が増えてイメージを一新した、今注目の花材でドライにもしやすい。抱えるくらい大きなボリュームブーケにもよく使われ、ブルーファンタジアという品種を好む花嫁も多い。

ブルースター

入手可能時季:オールシーズン

ブルースター

星のような花姿がキュートなブルーの小花。“サムシングブルー”を取り入れたいときによく使われる。花が真っ白なホワイトスターという品種もある。

ミモザ

入手可能時季:冬~春

ミモザ

ふわふわした黄色の小花がたわわに連なる、ナチュラル感を演出できる小花の一つ。グリーンとの相性もよく、ガーデンウエディングにも映える。生花は季節限定なので、ドライも人気。

カスミソウ

入手可能時季:オールシーズン

カスミソウ

白く淡く、ふわりと広がる姿がかわいい繊細な花。最近は色を染めた鮮やかなタイプがブームの兆し。たくさん束ねると動きやボリュームが出て、存在感もアップ。

スモークツリー

入手可能時季:初夏

スモークツリー

煙のようにモクモクした繊細な木。ふわふわながらもシャビーな雰囲気を出せるのでドライフラワーとも好相性。ビンテージテイストに合い、アレンジの隙間を埋める役割も。

プロテア

入手可能時季:秋

プロテア

南半球の国から届く“ネーティブフラワー”を代表するプロテアは、スタイリッシュ派の注目株。超大輪のキングプロテア(写真)だけでなく、最近は小さめの品種が使いやすくておすすめ。

エリンジウム

入手可能時季:夏

エリンジウム

細かいトゲが華やかさやこなれ感を生み出す、濃いブルーの実もの。ドライ花材と合わせても相性抜群。

ユーカリ

入手可能時季:秋~冬

ユーカリ

丸い葉が特徴でドライにもなるユーカリは、抜け感と今っぽさをもたらすグレイッシュなグリーンとして大人気。

#04|生花にしたい花嫁さん必見!
ブーケを素敵に残そう

生花に加工を施すアフターブーケに注目

結婚式の大切な思い出として生花のブーケを残しておきたい!そんな花嫁におすすめなのが、アフターブーケ。押し花にしてフレームに収めたり、立体的な形のままドライ加工にして残すなど、いくつかの方法があるのでチェックしてみて。

生花に加工を施すアフターブーケのイラスト

アフターブーケをオーダーする際は、あらかじめ専門の加工会社に予約をし、式後の受け渡し方法などの確認を。挙式後1~2カ月後には完成し、親などへプレゼントする花嫁も多いよう。

結婚式のブーケ、みんなはどうしてた?

約4割の花嫁がドライ加工や押し花にして、ブーケを記念に残しているよう。

自分で持って帰った48.2%
ドライ加工にした29.7%
押し花にした13.0%
人にあげた9.6%
その他11.3%
※複数回答

#05|ブーケ選びの素朴な疑問Q&A

気になるけどなかなか聞けない
ブーケに関する素朴な疑問を解決

  • ウエディングブーケと普通の花束ってどう違うの?
  • 結婚式のブーケは厳選された花を贅沢に使った特別な一つ

    ウエディングブーケに使用する生花は、当日にベストな状態になるよう、開花の調整や水替えなど、さまざまな手入れが施されています。傷がなく、より美しい一輪を使うために、実際に使う本数よりも多く仕入れ、フローリストが高度な技術で作り上げていくブーケは、唯一無二の仕上がりに。そんなブーケに幸せを託せるのは花嫁だけの特権です!

  • どんな形が人気なの?
  • 二大人気はドレスを選ばず抜け感が出るクラッチとラウンド

    花材や色次第でどんな雰囲気にもなるクラッチとかわいらしく華やぐラウンドが高支持。キャスケードやリースに続き、中にはボール型や腕に巻くタイプのリストブーケ、クレッセント型にしたという声も。

  • 花の素材でみんなが選んでいるのは?
  • 結婚式当日は約7割の花嫁が生花をチョイス

    生花が主流ではあるけれど、前撮りやフォトウエディングなどの人気を受けてか、約3割の花嫁はその他の素材を選んでいるよう。ちなみに、ブーケを使用した人は94.2%。ほとんどの花嫁が結婚式でブーケを持っているんです!

構成・文/大平美和 イラスト/湯浅 望 監修・ブーケ写真協力/落 大造(co-an)
※記事内のデータは「ゼクシィ結婚トレンド調査2021(全国推計値)」によるものです

pagetop