ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. カップルのホンネ通信

カップルのホンネ通信

カップルのホンネ通信

VOL.71「ゲストは見てる?!花嫁のこんなとこ」

衣裳、体型・ボディラインに目線集中。流行やセンスよりも、花嫁に似合っているか。

結婚式のドレスやヘアメイク。あれこれ研究したり、試着したりする楽しさの一方で、なかなか絞りこめずに悩んでいる人もきっといるはず。そんなときは、花嫁気分をちょっと忘れて、思いっきりゲスト目線で考えてみるのもいいかもしれません。今回は、花嫁に対するゲストの本音をアンケート。花嫁本人には決して明かされることのないリアルな視点、絶対に参考になるはずです。(アンケート回答数:男性7人/女性407人)

「花嫁を見て気になった」経験、約9割にあり

 ゲストとして結婚式・披露宴に参加したとき、花嫁を見て気になった経験がある人は87%。大抵のゲストが結婚への祝福と同時に、厳しい目で花嫁チェックも行っているようです。では、ゲストは花嫁のどこに注目するのか。この質問には、「衣裳」(79%)と「体型・ボディライン」(67%)が最多となりました。ヘアスタイル(49%)やメイク(43%)は、花嫁本人にとっては衣裳同様にこだわりたい項目ですが、ゲストは、衣裳のほうをより重視しているようです。
 実際に気になった経験としては、「衣裳が花嫁に合っていない」(37%)、「衣裳に合う体型になっていない」(37%)というケースがよくありがち。どちらも、花嫁本人に似合っているかという視点での評価であり、センスや流行を追う以上に、重視しなければならないポイントと言えそうです。また、「衣裳が安っぽい」「肌荒れ」なども指摘する人が多く、ゲストの目につきやすいチェックポイントであることがわかりました。

ゲストの87%が、心の中で、花嫁にダメだし
注目するのは、衣裳と体型&ボディライン
よくあるのは「衣裳が似合ってない」「体型とミスマッチ」

花嫁のここが気になった!

  • すごく華やかな衣裳だったが、いかにも着せられている感じで、かわいそうに思ってしまった。(35歳女性)
  • かっこいいイメージの人なのにピンクの生花ヘッドアクセ。可愛いお花が似合っていなかった。(24歳女性)
  • とっても美人なのに、和装のとき、まるでスナックのママのようなヘアスタイルで、とっても残念だった。(37歳女性)
  • ドレスが安っぽかった。お色直しを2回するより、ドレスをランクアップすればよかったのに、と思ってしまった。(32歳女性)
  • ドレスの胸元がスカスカ。中が見えそうになるのを気にして猫背になっていたのがかわいそうだった。(28歳女性)
  • 肌が露出しているところほど注目してしまう。肌が荒れていたり、ちょっとぽっちゃりだと目がいってしまう。(28歳女性)
  • ドレスの後ろ姿が目についた。すごくきれいな人もいれば、背中のお肉がむっちりで気になった人もいた。(27歳女性)
  • もともと普通体型だったのに,当日は痩せすぎていて、心配になった。(29歳女性)
  • 猫背な上に背中のお肉がドレスに乗っかっているのは、美しく見えないと思った。(30歳女性)
  • 最近はミニスカートのドレスも多いが、丈があまりに短いと正直戸惑う。ただでさえ腕や肩など肌を見せている部分が多いので。(28歳男性)
  • 花嫁のカラードレスが派手すぎて新郎の存在感が全くなかった。(34歳女性)
雰囲気・体型からドレスを探す

ページの先頭へ戻る

花嫁三大NGは「ムダ毛」「似合わないメイク」「着崩れ・シワ」

 気になるといっても、ちょっとしたミスから致命的な失敗まで、程度の差があるはず。花嫁としては、ゲストが厳しい評価を下す項目には、特に注意しておきたいところ。そこで、聞いてみたのが、どんな項目がゲストとして許容の範囲かNGかという質問。その結果、NGと思う人が最も多いのは、「ムダ毛」(84%)。次いで「メイクが花嫁に似合っていない」(79%)、「着崩れ・シワ」(79%)であることが判明しました。美しく衣裳を着飾れば着飾るほど、花嫁本人のお手入れや自己認識に、ゲストは厳しい評価を下すようです。花嫁としては衣裳やヘアメイクを研究する以上に自分自身に対する厳重チェックが必要ですね。
 一方で、許容範囲との回答が多かったのは、「衣裳にお金をかけすぎ」(80%)、「ネイルが流行遅れ」(74%)、「ネイルが花嫁に似合っていない」(66%)。ネイルは、案外手を抜いても問題ないようです。

ムダ毛のお手入れミスは84%がNG評価
許容する人が多いのはネイル

こんな花嫁、超NG!

  • 花嫁の背中の産毛がけっこう濃く、式の印象がすべて産毛というくらい、今でも忘れられない。(27歳女性)
  • 新郎新婦と高砂で写真撮影するとき、ゲストは花嫁の後ろに回ることが多い。背中のケアはしっかりと。(31歳女性)
  • 肌の色が黒いのに、メイクがかなり白かった。(25歳女性)
  • 鼻のあたりのシャドーが濃過ぎで、不自然な立体感。(26歳女性)
  • いくら写真映えがするといっても、近くに行ったとき思わずひいてしまうようなメイクはよくない。(28歳女性)
  • エンパイアラインのドレスの胸元がずり落ちるらしく、スタッフがゲストの前で何度も直していた。花嫁さんも困り顔だし、周りも目のやり場に困った。(28歳女性)
  • ドレスの胸の辺りから下着がはみ出ていた。サイズが合ってないのか? いつ直すんだろう?と気になった。(27歳女性)
エステを探す

ページの先頭へ戻る

表情や姿勢など、花嫁の所作・態度にもゲストは注目

 ゲストが気になるのは、花嫁の外見ばかりではありません。所作や態度など、花嫁の内面性も外見同様気になると答えた人が46%もいました。中でも、「表情」(69%)、「姿勢」(58%)は、多くの人が気になるようです。特に姿勢については、実際に気になった経験がある回答者も61%に達しています。姿勢の悪い花嫁は意外と多いという意味でもあるので、是非気をつけたいところです。
 所作や態度でゲストから特にNGだったのは、「仕切りすぎ・でしゃばりすぎ」(67%)、「飲みすぎ」(64%)。そこがキャラ!という花嫁でも、花嫁イメージとのミスマッチはゲストから見て許容しがたいもののようです。「いつもは男っぽいのに、新郎の前では女らしくてほほえましかった」(35歳女性)とのコメントが示すように、いつもの新婦とはちょっと違う一面が見られるのは、ゲストにとって、うれしい瞬間でもあります。自分らしさの中にも、フォーマルを意識した所作・態度を心がけたいものです。

花嫁の外見、内面、どちらも気になる
所作や態度で注目するのは、表情と姿勢
よくいる「姿勢が悪い」花嫁。ゲストとしても姿勢の悪さは最もNG。

花嫁のここが気になった!態度・所作編

  • 緊張して表情が硬くなるのはわかるが、全然笑ってないと楽しくないのかと思う。(25歳女性)
  • 花嫁が、余興などにも笑顔なし。振る舞いとして良い印象をもてなかった。(32歳女性)
  • 花嫁の姿勢が悪く、だらしなく見えて残念でした。(34歳女性)
  • 座っている時など、おばあちゃんみたいに背中がすごく曲がっているのは、せっかくキレイなのにもったいない。(24歳女性)
  • 姿勢の悪さ、ちょこちょこ浅いお辞儀など、花嫁の立ち居振る舞いは特に気になる。ドレスを着る以上、エレガントさは欠かせない。(33歳女性)
  • ドレスの裾を踏まないようにしているのはわかるが、明らかに『裾、蹴ってます』という歩き方は見ていて美しくない。(28歳女性)
  • テンションが上がってしまい誰よりも騒いでいた。主役とはいえもう少し考えた方がいい。(25歳女性)
  • 新郎をリードするように歩いていて、笑いそうになった。普段の力関係が分かった。(25歳女性)
  • 花嫁がいつも通り、新郎の背中をバンバンたたいたり、急がせようと顎で指図したり……新郎のご家族を意識してほしい。(27歳女性)

先輩から学ぶ今回のポイント

ゲストとして花嫁を見て気になった経験がある人は87%。注目度が高いのは、「衣裳」と「体型・ボディライン」ですが、許容しがたいと考える人が多い、「ムダ毛」「メイクが花嫁に似合ってない」「着崩れ・シワ」にも、十分な注意が必要です。外見だけでなく、表情や姿勢など所作についてもゲストはしっかり見ています。姿勢の悪さで花嫁姿を台無しにしてしまう花嫁は多いようなので、是非意識しておきたいものです。

データ出典/「ゼクシィ」ユーザーアンケート「ゲストは見てる?!花嫁のこんなとこ」
調査期間/2012/3/23~2012/4/22 回答数414人(男性7人・女性407人)

ページの先頭へ戻る

バックナンバーを見る

花嫁のコメントをもっと見たい方はログイン(会員登録)してね!

花嫁カフェのご利用にはリクルートID、ゼクシィIDが必要です。

リクルートIDを持っている

ログインする

リクルートIDを持っていない

ゼクシィ花嫁カフェに会員登録する

カップルのホンネ通信