ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. その他結婚関連
  5. プロポーズ秘話♪ 「理想と違った……」けど最高の思い出になったワケ
コラム・連載
Share on>

プロポーズ秘話♪ 「理想と違った……」けど最高の思い出になったワケ

彼からのプロポーズに「あれ?」「想像してたのと違う!」って感じた花嫁さんも、実はいるんです。でも、その多くは時間がたって思い出すと「予想外だったけどいい思い出」と感じるんだそう。先輩花嫁たちの、「あれれ?」と思ったプロポーズが、「最高の思い出になったなぁ♪」と感じられるようになったストーリーをチェックしてみましょう。

Case1:
俺だってこんなところで言うつもりじゃなかったよ!

レストラン帰りの道端でいきなりプロポーズ!

まんが1

付き合って半年のタイミングで、結婚の思いを伝えようと張り切っていいレストランを予約した彼。食事中、たまたま他のカップルがサプライズでお祝いをしていて、彼女の「こういう場所で、サプライズとかプロポーズは嫌だなぁ」との言葉を聞いて意気消沈……。思いを伝えられないまま食事が終わり、ふたりきりになった店の前で思い切ってプロポーズ。おしゃれなプロポーズを期待していた彼女は、なんでこんな道端で!と大ショック。

なぜその状況でプロポーズ?

彼

「これからも一緒に過ごしたい」と時計を用意して、レストランでプロポーズするつもりが、「レストランよりも、ふたりきりの場所がいい」と聞いて焦りました。駅に向かうとタイミングを逃してしまうと思い、店を出てすぐ急いでプロポーズしました。(えみさんの彼)

いい思い出になった訳は?

彼女

まさか真っ暗な夜道でプロポーズされるとは思わず……。すぐ近くが海辺だったので、移動してもう一度ゆっくり話し、嬉しくて涙が出ました。プロポーズから3カ月後、彼の誕生日にプレゼントの「お礼に」と婚約指輪代わりのネックレスをもらいました。ボックスに彫られたメッセージが素敵で感動し、プロポーズのグタグタ感は今となっては笑い話。結婚式でもこのエピソードを司会者から紹介してもらい、大ウケでした。(えみさん)

ちなみに私も! 寝起き3秒でプロポーズ!?

付き合って1年目の記念日。食事から帰ってきてこたつでうたた寝していたとき、起き抜けに彼から「結婚しようか」と言われました。「このタイミング!? 寝ぼけてる?」と嬉しいけれど大丈夫かなと思いました。彼は1周年の記念日に言うと決めていたそう。憧れは、片膝を突いてパカッと指輪を差し出し「結婚してください」というプロポーズでしたが、一切採用されませんでした(笑)。実際、指輪もなかったけど後から自分で選べたし、今はネタとしていじれるので満足しています。(annieさん)

Case2:
あぁ、つい思わず気持ちが溢れちゃって……

初めてふたりで年越しをした深夜に歩きながら

まんが2

深夜に初詣に行った帰り道、手をつないで歩きながら突然「結婚しよう」と彼からプロポーズ。年越しのタイミングで、今年はこんなことしたいね!と話していたタイミングだったので、彼女はプロポーズだと気付かず、普通に「うん」と答えた。彼女は特に憧れや理想のプロポーズはなかったけれど、後であのひと言がプロポーズだったと気付き、プロポーズらしくないシチュエーションにちょっぴりモヤモヤ。

なぜその状況でプロポーズ?

彼

少し前から、年越し後にプロポーズをすると決めていました。「真面目に言うのは照れくさい、かしこまるのもなあ……でもこのタイミングで言うって決めたし! よし言っちゃえ!」という感じでした。(高橋さんの彼)

いい思い出になった訳は?

彼女

「もう一回プロポーズして!」とおねだりし、婚姻届を書き終わったときに、再度「結婚してください」と照れくさそうに言ってくれました。格好よく言ってくれなくても一緒に笑い合って楽しいから幸せでいっか!と思いました。プロポーズから2年たち、昨年の年越しは年末に生まれた娘と3人で過ごしました。いつか娘に、このプロポーズの思い出を話すのが楽しみです。(高橋江里菜さん)

ちなみに私も! テレビを見ながらの不意打ち!

一緒に住んでいた家で、一緒にドラマを見ていたとき彼が不意にプロポーズ。知り合いが素敵なプロポーズをされていたのを聞いて、私もそういうサプライズがよかったなとちょっとうらやましく思いましたが、彼とは元々結婚するつもりで同居していたので盛大なサプライズをされてもそこまで驚けなかったと思うし、彼が普段の生活の中でぽろっと口に出てしまうぐらい、私と結婚したいと思ってくれたことがとても嬉しかったです。(ちひろさん)

Case3:鈍感な私でごめんなさい……

気付かなかったプロポーズの手紙

漫画3

彼女の30歳の誕生日を彼女の実家で一緒にお祝い。用意していた手紙で「一緒に指輪を買いに行こう」と伝えると「指輪なんていらないよ、もったいないもん」と彼女は即お断り。少しキレた彼の「ファッションリングじゃない、婚約指輪だよ」という言葉で、やっとプロポーズだと気付いた。

なぜその状況でプロポーズ?

彼

誕生日にプロポーズしたかったんです。夜勤明けでしたが、どんな表情でどんな反応をするのか楽しみで約1時間半、車を走らせました。でも結局、プロポーズに気付かない。そこが彼女らしくてよいかなと思いました。(朝野さんの彼)

いい思い出になった訳は?

彼女

「指輪を買いに行こう」だけじゃ分からなかった自分ですが、シャイな彼の性格を考えると、指輪を買いに行こうと直筆で書いたこと自体、すごいことだと後々気付きました。今でも夫婦のふとした会話で思い出し、大笑いできるので素敵なプロポーズだったと思えるようになりました。(朝野公香さん)

ちなみに私も! プロポーズを華麗にスルー!

仕事から帰ってきて疲れて熟睡していた私。その日が記念日で、どうしてもその日にプロポーズしたかった彼は夜中にやって来て、寝ている私を起こしてプロポーズ。寝ぼけていて、もらったガラスの靴に書いてあった「Marry Me?」に気付かず、手紙を読んで初めて分かりました。夜景がきれいなレストランでプロポーズされたいなーと彼に刷り込んでおいたはずが、全然違う! でも何度思い出しても、彼らしいなあと笑うことのできる最高のプロポーズです。(若水奈穂美さん)

Case4:素っぴんなんだけど、今ですか?

温泉でリラックスし過ぎたタイミング

漫画4

付き合って1年の記念日に温泉旅館で、部屋にケーキを届けてもらい、記念のプレゼントとして婚約指輪を贈って「結婚してください」と彼からプロポーズ。ケーキを持ってきてもらう指定時間が遅くて、ふたりともリラックスしているし、彼女はお風呂上がりで素っぴん。全くプロポーズを予想していなかったので、スタッフさんの登場にびっくりした彼女だった。

なぜその状況でプロポーズ?

彼

1年の記念日にサプライズでプロポーズしたかった。驚かせることはできたけど、化粧を落としリラックスした状態を温泉旅館のスタッフに見せてしまったのが申し訳なかったです。もう少し早く呼べばよかった。(健太郎さん)

いい思い出になった訳は?

彼女

「1 年記念でプロポーズはしない」と言われていたので、このタイミング?と驚きましたが、本当にサプライズだったので、「来るぞー!」と構えず素直にプロポーズの言葉を聞けてよかったと思いました。ケーキやスタッフさんを手配したり、彼なりに頑張って用意してくれたのが分かってよい思い出になりました。(みずほさん)

Case5:
寝る直前まで気付かなかったサプライズ

横浜の観覧車が見えるホテルに泊まって、ふたりでゆっくり過ごしていると、寝る直前に宝探しゲームのようにヒントカードが部屋にちりばめられていることに気付いた彼女。カードをたどっていくと、彼に行き着き「僕と結婚してください」というメッセージカードを渡された。寝る前だったのでホテルのパジャマと素っぴん姿で、突然のプロポーズに頭は真っ白!

いい思い出になった訳は?

Saki

私がなかなかサプライズに気付かず、彼は緊張していたそうです。プロポーズをしてくれたときは嬉しくて涙が出ました。私たちらしくて、一生忘れることのできないとてもよい思い出です。後日指輪のサイズを測りにいったときにショップの店員さんが「とても真剣に悩んでいましたよ」と教えてくれてまた嬉しくなりました。(Sakiさん)

Case6:
旅館の部屋で、突然キャッチボール開始!

一緒に泊まった熱海の旅館のお部屋で、おもむろに野球ボールを投げ始めた彼。不思議に思った彼女がボールを手に取ると「結婚しよう」のメッセージが! 手作りのアルバムも用意していた彼は、「その荷物は何?」と聞かれて冷や冷やしていたそう。

いい思い出になった訳は?

ゆうの

こんな場所でと思い、まさかとびっくりしました。天気がよかったら海でやりたかったみたいで、彼らしいと思いました。夜景の見える場所で指輪の箱を開けてもらうのが希望でしたが、忘れられないプロポーズです。面白いと笑われたり素敵と褒められたり、話のネタにもなって、とても幸せな気持ちです。(ゆうのさん)

From 編集部

プロポーズは“夫婦”を始める第一歩!

ドラマみたいなロマンチックなプロポーズじゃなくても、ふたりらしいプロポーズが一番心に残るみたい。ちょっぴり想定外だったとしても、彼の頑張りを知ることで、「私たちらしかったね」とずっと笑い合える楽しい思い出に変わるかも!

取材・文/竹本紗梨 イラスト/タテノカズヒロ 構成/可児愛美(編集部)
※記事内のにコメントは2020年1月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー68人が回答したアンケートおよび「ゼクシィ花婿100人委員会」のメンバー11人が回答したアンケートによるものです
※掲載されている情報は2020年3月時点のものです

  • プロポーズ
  • 結婚決まりたて
  • 花嫁実例
  • 意外性・驚き
  • ほっこりしたい
  • 楽しく読む
Share on>

pagetop