ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ウエディングドレス・衣装
  4. 和装
  5. 【2020年版】「色打ち掛け」人気カラー別SNAP|相場や髪型も解説
ドレス
Share on>

【2020年版】「色打ち掛け」人気カラー別SNAP|相場や髪型も解説

色打ち掛け

古風でかわいい色打ち掛けは、式当日でも別撮りでも「一度は着てみたい!」と思う花嫁さんが多いのでは? ここでは、基礎知識から和装のヘア、おしゃれな先輩花嫁たちの実例まで、色打ち掛けの最新事情をたっぷりご紹介。挙式、お色直し、前撮りと、シーンに合わせて映える色柄を選んでね♪

色打ち掛け(いろうちかけ)とは?

色打ち掛け 説明

打ち掛けとは、掛け下と呼ばれる着物に帯を締め、その上から羽織る裾が長い着物のこと。オール「白」で統一した白無垢(しろむく)に対して、色が付いた鮮やかなものが「色打ち掛け」と呼ばれています。現在では、白無垢とほぼ同様に格式高い正礼装とされ、挙式でも人気。華やかな色柄が写真映えすることから、前撮りや後撮りでもよく着られます。

また、お引きずり、本振り袖とも呼ばれる引き振り袖は、裾の長い着物に帯を締めて着るため、後ろ姿で帯が見えないのが色打ち掛けや白無垢、見えるのが引き振り袖となります。

色打ち掛けってレンタル?購入?

ゼクシィ編集部の調査によると、色打ち掛けを着た花嫁さんの92%がレンタルで手配しており、購入している人はごくわずか。どこで手配したかは、挙式・披露宴を行った会場が提携している衣裳店が53.6%と最も多く、次いで会場内の衣裳室が36.6%、外部の衣裳店は8%となっています。ちなみに、インターネットを使ってレンタルや購入をする人は少ないよう。

色打ち掛けの費用(相場)

色打ち掛けにかけた費用は平均すると26.9万円。最も多いのは30万~35万円で16%。以降は20万~25万円が15.5%、10万~15万円が11.5%、15万~20万円が10.5%と続き、50万円以上かけた人は全体の8.3%となっています。

色打ち掛けの髪型&かぶり物

色打ち掛け 髪型 被り物

◆髪型
【日本髪】
文金高島田などのかつらをかぶる日本髪と呼ばれるスタイルは、どの和装にもマッチ。最近はかつらに代わって自分の髪で結い上げる“地毛結い”の新日本髪を希望する花嫁も増えている。

【洋髪】
和にこだわらず、ドレスと同様のヘアアレンジで着こなす人も多数。和装に洋髪を合わせる場合は、ある程度ヘアにボリュームを持たせた方が、全身のバランスが美しく!

◆かぶり物
【角隠し】
かつら(日本髪)を包むように飾る帯状の白い布のこと。花嫁衣装でしか身に着ける機会はないが、シーンや衣裳のタイプを問わずに着けられる。

【綿帽子】
一般的には白無垢にのみ着用でき、和髪の中で最も格式が高いとされている。純白のほか、縁が赤いものや透け感のあるオーガンジー素材などもある。

続いては、編集部が見つけた今一番おしゃれな色打ち掛けの着こなしを、人気のカラー別にご紹介。明るく華やかな暖色、甘さを抑えた寒色、30代花嫁に人気のシックな黒……。先輩花嫁さんのSNAPを参考に、自分にぴったりの着こなしを見つけてね。

人気カラー別SNAP1[赤]

赤×日本古来の古典柄で王道の華やかさを

色打ち掛け 赤
色打ち掛け 赤
色打ち掛け 赤

華やかさや存在感は抜群! 種類も多く人気も高い王道のカラーといえば赤。顔映りがよく、幅広い年代の支持を集めています。@chiyo_0404さんが選んだのは赤地にあでやかな花々や鶴が舞う吉祥文様の色打ち掛け。伝統的な古典柄は和の風情たっぷりの街中でロケフォトを楽しみたい花嫁にもぴったり。

白鶴と赤地のコントラストが優雅

色打ち掛け 赤
色打ち掛け 赤
色打ち掛け 赤

つややかな深紅の地に鶴が飛び交い、赤と白のコントラストが絶妙な打ち掛けで前撮りをした@yumo1111さん。柄がはっきりした赤の打ち掛けは、凛としたエレガントな花嫁姿を目指す人におすすめ。夜会巻き風のアップヘア×べっ甲かんざしのコーデもきりり優雅。

金糸のきらめきが大人っぽくゴージャス

色打ち掛け 赤
色打ち掛け 赤
色打ち掛け 赤

花々をのせた扇や金糸で描いた波文様・青海波(せいがいは)など、インパクトのある大ぶりの柄でハレの日を華やかに彩った@ry615_weddingさん。金糸で織り出した柄で全身にきらめきを添えれば、赤らしい重厚感が増してより大人ゴージャスな雰囲気に。ドライフラワーのブーケも今っぽさの鍵!

人気カラー別SNAP2[黄・オレンジ]

笑顔がよりキュートに見えるイエロー

色打ち掛け 黄色
色打ち掛け 黄色
色打ち掛け 黄色

爽やかで快活なイエローは、甘過ぎず程よくキュートに見せたい花嫁に人気。@hapi_wd1020さんが選んだのは、クリームイエローに赤を加えてめりはりを出した、レトロかわいい一着。大輪の花を描き上げた大胆な柄は遠くからでも目を引き、シンプルなスタジオでの写真映えもばっちり!

優しさと上品さを併せ持つ優美なオレンジ

色打ち掛け 黄
色打ち掛け 黄
色打ち掛け 黄

朱色がかった鮮やかなオレンジからトレンドのくすみ系まで、赤よりもマイルドなオレンジは優しさや品のよさを印象付けたい花嫁たちから高支持。@polku_nailさんが選んだサーモンオレンジの打ち掛けは、パステルトーンの刺しゅうであしらった丸いフォルムの草花柄が品よく優美。

人気カラー別SNAP3[白地]

神聖な白地に鮮やか色で華やぎを添えて

色打ち掛け 白
色打ち掛け 白
色打ち掛け 白

格式の高い白地に彩りを添えた華やかな打ち掛け=「白地打ち掛け」は、2020年注目のトレンド! 柄がくっきり映えつつ気品あふれる印象になると、令和花嫁たちの間で人気を呼んでいます。@yn_wedding_2019さんのように、白地に赤や緑を効かせた打ち掛けにドライフラワーの髪飾りを添えれば、今どきの和モダン花嫁に。

人気カラー別SNAP4[青・水色]

明るい青で“サムシングブルー”をアピール

色打ち掛け 青
色打ち掛け 青

明るく鮮やかな青地の打ち掛けにカラフルな洋のヘッドドレスを合わせて、鶴文様の古典柄をポップに着こなした@mrs.saoriさん。清らかで涼しげな青地の打ち掛けは、甘さを抑えられるのはもちろん、和婚でサムシングブルーを取り入れたい花嫁にもぴったり。

グレイッシュなブルーでスタイリッシュに

色打ち掛け 水色
色打ち掛け 水色
色打ち掛け 水色

光が当たるとシルバーの輝きを見せるグレイッシュなブルーの打ち掛けを、ゆるふわの編みアップヘアで大人かわいく着こなした@10a_weddingさん。カラードレスと同様に、都会的でこなれ見えするグレイッシュなトーンは、色打ち掛けでも人気上昇中。ブルーなどの寒色系なら一段とスタイリッシュ。

ドレス感覚で着られるパステル系がトレンド

色打ち掛け 白
色打ち掛け 白
色打ち掛け 白

淡く優しく「和」を強調し過ぎないパステル打ち掛けも2020年の注目株。パステルカラーはグリーンとも相性がいいため、緑に囲まれたパーティ会場やロケフォトにもしっくり! ナチュラル志向の花嫁たちからも人気を集めています。中でも@lva__wdさんが選んだミントブルーは、透明感も抜群。甘過ぎないパステルカラーを望む花嫁にもおすすめ。

人気カラー別SNAP5[緑]

人とかぶりたくない人に人気のカラー

色打ち掛け 緑
色打ち掛け 緑
色打ち掛け 緑

すがすがしくてフレッシュ! 珍しさもあるグリーンの打ち掛けは、気取らず飾り過ぎず、自分らしさを表現したい花嫁さんたちの間で注目の的に。ボタンやキクなど、四季折々のおめでたい花で華やかさをプラスした@8mina29さんの打ち掛けは、桜が咲き誇る日本ならではの風景にもマッチ。

人気カラー別SNAP6[黒]

黒×ゴールドで潔くかっこよく

色打ち掛け 黒
色打ち掛け 黒
色打ち掛け 黒

圧巻の存在感で魅了できるきりっとシックな黒打ち掛けは、シンプル派や大人花嫁にも人気。中でも@t.maru.28さんのように、黒にゴールドの刺しゅうのみというシンプルで洗練されたデザインなら、小物やブーケで色をプラスするとおしゃれ感も個性もアップ。

人気カラー別SNAP7[ピンク・紫]

スイートなピンクで柔らかな女性らしさを

色打ち掛け ピンク
色打ち掛け ピンク
色打ち掛け ピンク

刺しゅうで施した花々の立体感が際立つピンクの打ち掛けと、着物から抜け出たような花のヘアピースや愛らしいボールブーケが好バランスな@love_wawachanさん。かわいさ満点で好感度も抜群のピンクはスイート派の大本命。まとうだけで、ハッピーオーラ全開の大和なでしこに♪

繊細さと透明感に溢れたラベンダーカラー

色打ち掛け 紫
色打ち掛け 紫
色打ち掛け 紫

紫の中でも、少女のようなはかなさと大人の女性らしさが同居する表情豊かなラベンダー色は、カラードレスはもちろん、和装でも人気急上昇! ラベンダーからパープルへのグラデーションが美しい@sa_wd0526さんの打ち掛けは、抜け感のある柄の配置もおしゃれ。絶妙な色合いから放たれる繊細な美しさでゲストもうっとり。

From 編集部

色柄やコーデにこだわればもっと写真映え♪

はんなりかわいく華やかな色打ち掛けが着られるのは、花嫁の特権! ドレス以上に着慣れないだけに「顔に映える色や柄は?」「写真映えするヘアや小物は?」など、実際に試着をしてコーディネートも楽しみながら、自分にぴったりの着こなしを見つけてくださいね。

文/大平美和 イラスト/naco D/ロンディーネ 構成/紺矢里菜(編集部)
※掲載されている情報は2020年1月時点のものです
※記事内のデータは、「ゼクシィ結婚トレンド調査2019」(全国推計値)によるものです

  • アイテム検討期
  • 常識・マナー
  • 花嫁実例
  • スタイル提案
  • トレンド
  • 和婚
  • 和テイスト
  • 色打ち掛け
Share on>

pagetop