ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 挙式・披露宴会場探し全般
  5. 時短&効率重視のサクサク結婚準備[会場選び編]
結婚式スタイル
Share on>

時短&効率重視のサクサク結婚準備[会場選び編]

忙しくても、彼と休みが合わなくても、時間を上手に使えばスムーズな会場選びができるんです。今回は時短&効率アップを図りながら、サクサク会場探しを進めるコツをお教えします。卒花さんたちの上手な時間の使い方にもご注目!

まずは会場探しの流れをザッとチェック!

<会場探しの流れ>

1.ゼクシィアプリで条件に合う会場をチェックする
   ↓
2.雰囲気や場所、予算などを考えながら候補の会場を絞り込む
   ↓
3.気になる会場のブライダルフェアや会場見学へ行き、比較検討する
   ↓
4.双方の親にも相談の上、会場を決定する

大まかな会場探しの流れが分かったところで、次はどうやったら時間をかけずにサクサク進めることができるのか、4つのポイントに沿って見てみましょう。

【時短&効率アップPoint 1】

★会場の絞り込みにSNSを活用する

SNSで会場の情報を入手する女性

すてきな会場がたくさんあり過ぎて、迷ってしまうのは仕方がないこと。そんな時は花嫁さんたちの声を聞いてみて。サイトやホームページだけでなく、SNSで気になる会場のクチコミや、実際の結婚式の画像などを併せてチェックすれば、よりスピーディーな会場選びにつながるはず。もちろん人によって感じ方は異なるので、全てをうのみにせず、最終的には自分の判断で。

花嫁Voice

私たちの時短テク
369800さんの顔写真

会場のホームページでイメージを膨らませた後は、先輩花嫁さんのウエディングレポートなどのSNSを参考に。見学する会場を絞り込むのに役に立ちました。(ゆーかさん)

366300さんの顔写真

見学する会場を決める前に、実際の結婚式の様子をYouTubeなどでチェック! 動画だと雰囲気がよくつかめるのでオススメです。(マックガーガン汐梨さん)

【時短&効率アップPoint 2】

★会場検索や彼との連絡に「すきま時間」を使う

一日のスケジュールの中で、すきま時間を活用する女性

スマホ片手にサクサクと検索するなら、通勤時間・お昼休み・就寝前のリラックスタイムなど「すきま時間」の有効活用を。例えば朝の通勤電車の中で気になる会場をピックアップ→お昼休みにSNSでチェック→就寝前のリラックスタイムに彼と相談……というように平日の1日を有効に使えば、あっという間に見学予約までこぎつけることができそう。

花嫁Voice

私たちの時短テク
377000さんの顔写真

仕事や家事の合間にゼクシィアプリをせっせとチェック。会場の詳しい情報や、検討中の会場のクチコミを見ながらイメージを膨らませていました。(ゆいさん)

371151さんの顔写真

クチコミや写真を参考に会場をピックアップし、寝る前の時間を使って彼と情報共有を。見学予約を入れるのも主にこの時間帯を活用しました。(岡田香織さん)

【時短&効率アップPoint 3】

★会場見学は短期間に集中して行う

毎週土日に会場見学へ行くカップル

会場見学やブライダルフェアへの参加は、できれば短期間に集中して行うのが理想的。なぜならあまり間隔が空いてしまうと、前に見た会場のことを忘れてしまう恐れがあるから。記憶が鮮明なうちなら、比較検討もスムーズに行うことができるはず。「今月は会場探し月間!」と決めたら、毎週土日に予約を入れ、デートがてら気になる会場を片っ端から回ってみては?

花嫁Voice

私たちの時短テク
373250さんの顔写真

1カ月で6つの会場を回りました。週末に2軒ずつ間を空けずに見学したので、忘れないうちに比較できて正解でした。(あーやさん)

379002さんの顔写真

本命の会場2軒は同じ日に見学を。覚えているうちに、どちらが良かったかをその場で彼と相談できたので、スムーズに決めることができました。(tamaさん)

【時短&効率アップPoint 4】

★大事な場面では人の力を借りる

両家の母親を伴って会場見学をするカップル

せっかく気に入った会場なのに、親から難色を示されては大変。途中でひっくり返されると今までの時間と労力が無駄になってしまうので、早めに了解を得ておくことが大切です。本命の会場が見つかったタイミングで、両家の親をブライダルフェアに誘ってみるのもいい方法。例えばゲストハウスやレストランなど親世代になじみがない会場でも、自分の目で見て雰囲気を感じでもらうことで、すんなりOKが出る場合が!

花嫁Voice

私たちの時短テク
380600さんの顔写真

本命の会場は、成約前に両家の親たちを伴って見学させてもらいました。全て決まった後に反対されることを避けたかったからです。(Sophieさん)

382450さんの顔写真

ゼクシィの相談カウンターで、「料理がおいしくてリーズナブルな会場を」という希望を伝え、何軒がピックアップの上、試食ありのフェアを予約してもらいました。迷う時間が短縮できてよかったです。(とろろもちさん)

相談カウンターの力を借りる方法も!

会場選びに迷ったときには、ゼクシィの相談カウンターが強い味方に。希望の条件や思い描くイメージを伝えるだけで、あっという間にオススメの会場を提案してもらえます。フェアや見学の予約も入れてもらえるので、時間がない人はぜひ利用してみて。

From 編集部

会場は早く決めてしまえば後がラク!

結婚準備は会場選びから始まると言っても過言じゃありません。会場が決まらないことには招待状も出せないし、ドレスや料理、演出といった大事なアイテム選びにも影響が。まずはここを時短&効率アップでサクサク進めてくださいね。

構成・文/南 慈子 イラスト/たつみなつこ
※掲載されている情報は2019年2月時点のものです
※記事内のコメントは2019年1月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー89人が回答したアンケートによるものです

  • 挙式1年前
  • 式イメージ収集期
  • ダンドリ
  • 定番
  • スッキリしたい
  • 安心したい
挙式・披露宴会場を探す
Share on>

pagetop