ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 婚約指輪・結婚指輪
  4. 婚約指輪
  5. 【必見!】エンゲージリングを選ぶ前に知っておきたい3つの基本
ジュエリー
Share on>

【必見!】エンゲージリングを選ぶ前に知っておきたい3つの基本

エンゲージリング選びのポイントは、「デザイン」「ダイヤモンドの4C」「購入方法」。きちんと納得して理想の指輪を手に入れるためにも、ショップを回る前に、最低限この3つの基本を押さえておきましょう。

基本1.デザイン

【ソリティア・メレ】シンプルな、エンゲージリングの代表格

エンゲージリングのデザイン(ソリティア・メレ)

★ソリティア
【特徴】一粒石をあしらったオーソドックスなデザイン。

エンゲージリングと聞くと、まずこのタイプを思い浮かべる人が多いのでは? シンプルな分、ダイヤモンドのカットや輝きが際立つデザイン。以前は立て爪で石を留めるものが多かったけど、最近では爪が見えないようあえて隠したり、アーム(枠)に埋め込むタイプなど、デザインのバリエーションも豊富に。

★メレ
【特徴】センターの石のそばに、小粒のダイヤモンドをあしらったデザイン。

センターの大きな石を引き立ててくれる、0.03カラット以下の小粒のダイヤモンド「メレ」。どこに配置するかによって指輪の印象が変わるので、デザイン次第でさまざまな個性を表現できそう。ピンクなど色付きのメレをあしらうとキュートな雰囲気に。

【パヴェ・エタニティ】きらびやかで華やかなタイプ

エンゲージリング(パヴェ、エタニティ)

★パヴェ
【特徴】小粒のメレダイヤをぎっしりと敷き詰めたデザイン。

パヴェの語源は「石畳」。メレダイヤがまるで石畳のように敷き詰められていてゴージャス感満点。石を留める爪がないので、センターストーンをあしらわないフラットなデザインなら、服などにも意外と引っ掛かりにくいよう。

★エタニティ
【特徴】ダイヤモンドが、リングをぐるりと一周するデザイン。

「永遠」という意味を持つエタニティ。ダイヤモンドが途切れることなくリングに並んでいるデザインは、まさに「途切れることのない永遠の愛」。リングを一周する「フルエタニティ」のほかに、半周分にだけ石をあしらった「ハーフエタニティ」もある。

基本2.ダイヤモンドの4C

カット・カラー・クラリティー・カラット

ダイヤモンドの4Cを表す一覧

ダイヤモンドの品質を決めるのは、「4C」という評価基準。特別な指輪だから、きちんとクオリティにこだわって選んで。

★Cut(カット)
ダイヤモンドのカットや研磨状態を評価するもの。
カットの角度や形によって輝きが変わり、「Excellent」を最高ランクとして5段階の評価基準がある。ちなみに専門店の店頭に並んでいるグレードはほとんど標準の「Good」以上なので、あまり神経質にならなくても大丈夫。

★Color(カラー)
ダイヤモンドの色を評価するもの。
無色透明の「D」を最高ランクとして23段階で評価され、無色に近いほどグレードが上がる。ただし「ファンシーカラー」といって、ブルーやイエローなど濃い色の付いた天然のダイヤモンドは希少とされ、別の評価基準がある。

★Clarity(クラリティー)
ダイヤモンドの透明度を表すもの。
一般的に、キズや内包物(石の結晶に含まれている微小な不純物)があるほどダイヤモンドの透明度が下がるとされていて、11段階の評価基準がある。ただし肉眼では確認できないレベルのもの。

★Carat(カラット)
ダイヤモンドの重さを表すもの。
よくダイヤモンドの大きさと誤解されがちだけど、実は重さを表す単位。1カラット=0.2gで、重くなるほど価値がアップ。ちなみに重さと大きさは比例するため、カラット数が上がれば当然ダイヤモンドも大きくなるというわけ。

基本3.購入方法

大きく分けると「オーダー」と「既製品の購入」の2つ

指輪のオーダー方法を思案するカップル

エンゲージリングを手に入れる主な手段は、「既製品の購入」と「オーダー」の2つ。さらにオーダーには、デザインから描き起こし、素材や石まですべて自分たちで選ぶフルオーダーと、基本のデザインをもとに自分の好みでアレンジを加えるセミオーダーがある。それぞれの特徴を参考に、予算やこだわりなども考慮しながら、ふたりに合う方法でGETして。

<既製品の特徴>
数ある素敵な指輪の中から、自分好みの1本を探す喜びが味わえる。その場で着けてみて、雰囲気や指との相性をすぐに確認できるのも嬉しいポイント。ちなみに購入の際にはサイズ調整や刻印などが必要なので、受け取りまでに2~3週間見ておこう。

<オーダーの特徴>
オーダーリングの最大のメリットは、もちろん世界にたった一つの指輪を手にすることができる点。特にフルオーダーは完成まで2~3カ月と制作期間を要するものの、思いがたっぷり盛り込まれたオリジナルリングが仕上がったときの感動はひとしお。セミオーダーの場合は、注文から納品まで3~4週間程度が目安。

エンゲージリンク探しの基本スケジュール

<式の12~9カ月前>
ゼクシィアプリのジュエリーカタログや記事などでイメージを固める。

<式の9~8カ月前>
気になるショップをいくつか回って、じっくり比較検討する。

<式の8~6カ月前>
欲しい指輪を決めて、注文(購入)する。

<式の7~6カ月前>
注文していた指輪を受け取る。

From 編集部

迷ったときにこそ、思い出してほしい3つの基本

大事な婚約の証しだから、しっかり下調べをして買いたいエンゲージリング。素敵な指輪がたくさんあって迷ってしまったときは、上の3つのポイントを思い出してくださいね。

構成・文/南 慈子 イラスト/湯浅 望
※掲載されている情報は2018年12月時点のものです

  • 挙式1年前
  • プロポーズ
  • 結婚決まりたて
  • 安心したい
  • 定番
  • 4C
  • ダイヤモンド
Share on>

pagetop