ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 家計
  5. 【3分でわかる】「金銭感覚」診断~私はどんな妻になる?~
お金・常識
Share on>

【3分でわかる】「金銭感覚」診断~私はどんな妻になる?~

タイトル上

結婚を機に、お互いの貯金や収入のこと、どんなふうにお金の管理をしていくか、きちんと話し合いたいと思っている人も多いですよね。その前に、まずは自分のお金の使い方について自己診断してみませんか? 自分の良いところ、悪いところを彼にも知ってもらって、ふたりで助け合えれば、信頼度も増して一緒に頑張っていけるはず!

無駄使いNO!の堅実派「きっちり妻」

無駄遣い使いNO!の堅実派「きっちり妻」

あなたは、小さい頃からお小遣い帳をつけたり、お年玉をきちんと貯めたりする「きっちり」タイプ。買い物をするときでも「これって本当に必要?」と冷静に判断して、無駄遣いをしない暮らしが身についています。結婚後もしっかり家計管理ができそうです。

あなたがお金にきっちりしていても、彼も同じタイプとは限りません。だんだんに彼のお金の使い方が「贅沢しすぎ」「あるだけ使っちゃう」など気になって、けんかになってしまう可能性も。家計管理はあなたが中心となって計画を立てて、管理も主導で。ただし、彼の不満がたまらないように、ふたりの収入や性格、ライフスタイルなども考えてふたりなりのやり方を決めましょう。

時には少し息抜きするバランス感覚も大切

とにかく、無駄遣いが嫌いで、将来に向けてきちんと貯蓄をしていきたいあなたは、自分の思っているように貯められなかったり、家計が赤字になったりするとストレスがたまって、彼に不満をぶつけてしまう可能性も。自分の価値観を押しつけすぎず、たまにはふたりで思いっ切り贅沢しちゃう日、などもつくって息抜きをするのも大切です。

その場しのぎで計画性ナシの「ざっくり妻」

その場しのぎで計画性ナシの「ざっくり妻」

お金遣いが荒いということはないけれど、計画を立ててきちんと貯蓄をしていくほどきっちりしているわけでもないあなたは、お金に関して「ざっくり」タイプ。街を歩いていて、かわいい洋服があったらついつい買ってしまったり、帰り際に飲み会に誘われて、慌ててATMにお金をおろしに行く、とその場その場でお金を使ってしまうことが多いです。

そんなあなたは、結婚後も特にお金について問題にならず、生活が回っていればそれでいいかと、流してしまうこともありそう。ふたりで働いている間はそれでよくとも、いざ子どもが生まれて仕事を辞めたら、お金に苦労するといったこともあり得ます。なるべく早くふたりでどのようにお金を出し合って家計管理をしていくか、ルールや貯蓄目標を決めましょう。

節約、貯蓄は彼と二人三脚で取り組んで

お金に関して少し無頓着なところがあるけれど、目標を決めれば節約もできるし、家計管理も頑張れるあなた。ただ、1人で管理をしていると気が緩んで「今月は出費が多かったから貯めなくてもいいか」など、自分で自分に言い訳して済ませてしまうといった甘えも。お金のことは、いつも彼と二人三脚で進めていくように習慣づけましょう。

独身時代から浪費家「じゃぶじゃぶ妻」

独身時代から浪費家「じゃぶじゃぶ妻」

あればあるだけお金を使ってしまうあなたは、お金に関して「じゃぶじゃぶ」タイプ。お給料が入ると、慌ててたまっていた支払いをしたり、使い切ってしまったシャンプーを買いに走ったり、常に自転車操業。デートのときもたびたび彼におごってもらったり、友だちとの旅行は親に借金をして行ったり。結婚を期に、お金の使い方を考え直すチャンスです。

今までは自分の収入の中でなんとかつじつまを合わせていけばよかったですが、これからは彼の収入と合わせてお金の使い方を考える必要があります。彼の収入も自分が自由に使ってよいと勘違いしないで。まずは、彼と将来についてのライフプランを考え、そのためにいくらお金を貯める必要があるか話してみましょう。今あるお金を全部使ってしまうと夢が実現しないんだ、と貯蓄の必要性を認識することから始めて。

まずは使ってよいお金の限度額を知ろう

自分で家計管理をするのが不安だったら、彼に主導権をもってもらうのも一つの方法。使ってよい家計費を1週間ごとに分けてお金を下してきてもらうといったシンプルな家計管理をしていくと、自分でお金の使い方を工夫していけるようになりそう。自由に使ってよいお金はお小遣い制にして、限度額を決めると気持ちが楽になります。

お金にやや細かすぎる「隠れケチ妻」

お金にやや細かすぎる「隠れケチ妻」

あなたは実はお金に対する所有欲が強い「隠れケチ」タイプ。自分の収入やお金の使い方だけでなく、彼の収入やお金の使い方まで細かくチェックしないと気が済まない傾向が。彼が知らぬ間にブランドのスーツなどを買ってきただけで怒り爆発!なんていう可能性も。お金のことで相手を縛り付けないよう注意して。

そんなあなたは、結婚後も当然家計管理の主導権を握りたいと考えているはず。彼の収入もすべて把握し、有無を言わさずお小遣い制を導入、といった家計管理をするかもしれません。おかげで、赤字を出すことなくしっかり貯蓄でき、将来子どもが生まれてあなたが仕事を辞めることになっても家計は安泰、といったメリットもあるかもしれません。ただし、いつもお金、お金で、なんとなく家庭がギスギスしてしまう可能性も考えられます。

思い通りにいかない!と悩む前に、まず話し合いを

とにかく、彼の収入もあなたの収入もあなたのものではなくふたりのものだということをいつも心に留めておきましょう。自分の思い通りのやり方で家計管理ができるとは限りません。お金の使い方や家計管理についても、自分の意見を押し付けず、ふたりでよく話し合って決めましょう。つい彼にお金のことで言いすぎたときは、素直に謝って仲直りを。

From 編集部

彼との話し合いのきっかけにしてみてね!

お金の使い方と家計管理について彼と話すのは、いつでも、遅すぎるということはありません。今まで、何となく切り出せなかった人も、自分のタイプを知った今、少し反省もこめて彼に話しかけてみて。その前に彼にも診断テストをしてもらうのも、ふたりで話すきっかけになるかもしれませんね。

丸山先生
Profile

丸山晴美 節約アドバイザー・ファイナンシャルプランナー

旅行会社、コンビニ店長などを経て2001年節約アドバイザーとして独立。節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザー。食費はもちろん生活全般の節約術・ライフプランを見据えたお金の管理運用のアドバイスなどさまざまなメディアで活動中。
http://www.maruyama-harumi.com/index.html

取材・文/回遊舎 イラスト/チルチッタ D/ロンディーネ 監修/丸山晴美 構成/寺崎彩乃(編集部)

※掲載されている情報は2018年11月現在のものです。

  • 保険・家計
  • 新婚生活
  • 結婚準備全体
  • 結婚準備全体
  • お金
  • 節約・貯蓄
  • タイプ別
  • 安心したい
Share on>

pagetop