ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 婚約指輪・結婚指輪
  4. 結婚指輪
  5. 指輪の「着け心地」って結局なに? 先輩花嫁に聞いてみた
ジュエリー
Share on>

指輪の「着け心地」って結局なに? 先輩花嫁に聞いてみた

指輪の着け心地なんてどれもあまり変わらないでしょ?と思っていたら大間違い。着け心地がしっくりこないと、毎日身に着けるのがつらくなることも。着け心地のいい結婚指輪ってどんなもの? 先輩花嫁へのアンケートから探ってみました。

毎日身に着けるものだから、「着け心地」は大切!

イラスト

結婚指輪は毎日身に着けるものだから、着け心地にはこだわりたいもの。というのは、着け心地が悪いと、毎日身に着けるのがつらくなってしまうからです。

着け心地を量る要素としては、指への当たり方やサイズ感などがあります。一般的には、リングの内側の部分を丸く削って、指に当たる面を少なくした内甲丸仕上げが着け心地がいいといわれます。また、指輪が回らないようなぴったりサイズが推奨されます。

でも、着け心地は人それぞれなので、一般論は気にせずに、自分の感覚を信じて選ぶのがいいのです。

そこで、先輩花嫁に「どんな着け心地が好きで、どんなところにこだわって選んだのか」を、「指輪のサイズ感」と「指当たりの感覚」の2点に注目して聞いてみました。ぜひご参考に。

指輪のサイズ感は?

メレ派が選ぶ「ぴったり~きつめ」リング

イラスト

メレダイヤなどがあしらわれ、デザインに正面があるリングを選んだ人は、指輪がぐるぐる回ることを避けるために、ぴったりの指輪を選ぶ傾向にありました。

ぴったりの指輪は抜けにくく、紛失しにくいというメリットがあります。ただし、抜けにくいということは、着脱しにくいという面もあるので、仕事の関係などで指輪の着脱が多い人は少しストレスが掛かるかもしれません。

私たち、ぴったりにしました

顔写真

ゆるいのもきついのもどちらも気になってしまうので、着けてないと感じるくらい自然なサイズ感がいい。(みぃなさん)

顔写真

ダイヤをあしらったリングだったので、回らない程度がいいと感じました。また、ゆるいと手を握ったり、指を揃えたりするときに、隣の指に当たって気になります。(みさきさん)

顔写真

すぐに抜けてしまうのも、くるくる回るのも嫌だったので、指輪は外さない前提で関節に対して少しきつめのものを選びました。(にっしーさん)

むくみやすい人の支持が高い「ゆるめ」リング

イラスト

指がむくみやすい人は、むくんだときのことを考えて、ゆるめを選ぶ人が多いようです。また、仕事などで着脱する機会が多い人は、着脱のしやすさを考えてゆるめを選ぶよう。

なお、関節が太い人は関節に合わせて選ぶので、必然的に指の根元ではゆるめになってしまうことも。ゆるめの指輪を選ぶ際は、指輪が回っても気にならないように、正面がないデザインのものを選ぶのがお勧め。

私たち、ゆるめにしました

顔写真

締め付け感が嫌なため、ゆるめのリングにしました。むくんだりすると、ぴったりの指輪はきつくなってしんどいかなと思って。(今出裕子さん)

顔写真

冬と夏では夏の方がむくむので、少しゆるめを買いました。また、将来中年太りしてしまったときのことも考えました!(kikiさん)

顔写真

指の根元は細いけれど関節が太いので、少しゆるめのリングに。取り外しがスムーズにできてストレスなしです。(ふみ穂さん)

指当たりの感覚は?

着けていることを忘れそうな「柔らかめ」が人気

イラスト

指当たりの感覚は、柔らかめが好きという人が圧倒的に多い傾向にあります。指当たりがいいのは、前述したように内甲丸の加工が施されているもの。また、幅が細いリングも軽くて指に当たる面が少ないため、指当たりがいいと感じるよう。指当たりがいいと、着けているという感覚が薄くなり、ストレスを感じないとする人が多いようです。

なお、幅が細い指輪は強い力が加わると変形しやすいので、重いものを持ったり、力仕事をしたりするときには外すなどした方がいいでしょう。

私たち、柔らかめにしました

顔写真

家事のときなどにわざわざ外したりするのが嫌なので、自然で何も着けていないような感覚の指輪にしました。(pecoさん)

顔写真

四六時中身に着けているものなので、着けていることすら忘れてしまうような着け心地がいいですね。(まあちゃんさん)

顔写真

指輪が苦手なので、着けてないような着け心地のものにしました。(ひるねさん)

指輪の存在を感じたい人は「硬め」を支持!

イラスト

少数派ながら、硬めが好きという人もいました。その理由の多くは結婚指輪の存在を感じたいというもの。硬めの方が指輪をしていることを意識できるので、気が付いたらなくなっていたという事態は避けられやすいといえます。

ちなみに、指当たりが硬めに感じる指輪とは、指輪の幅が広くて重量があったり、ボリュームのあるデザインの指輪など。なお、メレダイヤなどがたっぷりとあしらわれたボリューミーなリングは、家事などの際は外した方が家事がしやすいし、指輪にも傷が付きにくいでしょう。

私たち、硬めにしました

顔写真

結婚した実感を持ちたいので、着けている感をしっかり感じられる指輪の方がいいですね。(橋本 唯さん)

顔写真

結婚指輪をはめていると安心感があるので、その存在がわかるような少し硬めの質感が好きです。(もこさん)

顔写真

着けていると感じられるくらいがいい。着けていないような感覚の指輪だと、なくさないか、あるいは手元にあるかなど、心配になってしまいます。(さきこさん)

試着のときに気を付けたいことは?

イラスト

自分にぴったりの着け心地の指輪を手に入れるのは、やはり試着が鍵を握ります。

見た目が同じでも、着け心地は異なる場合もあるので、とにかくいろいろな指輪を試すことが大切。また、季節や時間帯によって指の太さは異なるので、自分の指の状態を把握しておくように。時間が許せば、さまざまな時間帯で試着してみるといいでしょう。

また、指輪をはめたら、指をグーパーしたり、手を下に下ろしたり、振ったりして、指輪の状態を確かめて。着け外しの動作もしてみて、スムーズにできるかどうかも確認しましょう。

こんなふうに試着しました

顔写真

荷物を持ったときの当たり方や着脱のしやすさをチェック。スムーズに指輪交換できることが大前提でした!(kukoさん)

顔写真

朝と夜ではむくみも違うと思ったので、午前と夜に試着しました。冬と夏でも指の太さが違うことが結婚後にわかってびっくり。(めぐみさん)

顔写真

自分が普段よくする手や指の動きをしてみるといいと思います。ぴったりだけど指輪が動くとか、動くけど気にならないなど実感できるので、納得して選ぶことができます。(たかなさん)

顔写真

指輪は何でも同じだと思っていましたが、メーカーによって違いがあるのがわかりました。だから、時間があるなら、たくさん下見に行った方がいいですよ(夏みかんさん)

サイズが合わなくなったら、サイズ直しを

長く身に着ける結婚指輪。もし身に着けている間で、サイズが合わなくなったら、サイズ直しをしましょう。ただし、指輪の素材やデザインによっては、サイズ直しが難しい場合も。一般的には、パヴェリングやフルエタニティリング、ピンクゴールドの素材はサイズ直しがしにくいといわれているので、事前に確認を。

サイズ直しに関しては、ショップによってはアフターサービスの一環として無料で行ってくれることも。ただし、保証期間や回数などが決まっている場合もあるので、こちらも詳しい内容を確認しましょう。

From 編集部

しっかり試着して、好みの着け心地を見つけて

着け心地は人それぞれ。先輩花嫁のアドバイスを参考に、ショップでしっかり試着をして、自分にぴったりくる着け心地の指輪を探して。

構成・文/粂 美奈子 イラスト/寺澤ゆりえ
※掲載されている情報は2017年9月時点のものです
※掲載されているコメントは、2017年8月に実施した「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー110人が回答したアンケートによります

  • 挙式半年前
  • 結婚指輪
  • 結婚決まりたて
  • スッキリしたい
  • 楽しく読む
Share on>

pagetop