ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結納・婚約食事会(顔合わせ)
  5. これで選べる! 婚約食事会(顔合わせ)のドレスコード全5タイプ
ドレス
Share on>

これで選べる! 婚約食事会(顔合わせ)のドレスコード全5タイプ

顔合わせの婚約食事会にはどんな服装がいいの? お悩みの花嫁さんに、顔合わせでのドレスコード全5タイプをご紹介。作りたい雰囲気も服装や場所に合わせて服装を決めてくださいね。マナーの先生のコメントもぜひ参考に!

【1】「フォーマル+和装」タイプ

新郎新婦、親ともにフォーマルスーツ、もしくは花嫁や母親のみ和装など

イラスト
イラスト

婚約の儀式(結納)はしなくても、節目のイベントにふさわしく式服でフォーマルな印象。独身時代に振り袖を着る最後の機会にもなるし、和装で華やかな雰囲気を醸し出すことができる。料亭やホテルのレストランなど、「両家の場」の雰囲気にぴったり。

選びました、フォーマル+和装

花嫁1

初めて両家が顔を合わせる機会のため正装で。彼と両家族はフォーマル、私は振り袖。場も華やいだし、両家一同の写真をきちんと撮れてよかった(はむのさん)

マナーデザイナー岩下先生に聞く、「和装+フォーマル」スタイルのポイント

「ドレスコードは、和洋問わず各人の『格』を合わせることが大事。花嫁が振り袖の場合は、大振袖でなければ男性のフォーマルスーツと同格になります。男性はブラックスーツでOK。ネクタイはシルバーグレーか、淡色のものを選びましょう。
母和装の場合は、女性の準礼服である三つ紋の色留袖か、訪問着を。男性はディレクターズスーツ(礼服のジャケットにグレーのストライプパンツの組み合わせ)かブラックスーツになります」(岩下さん)

【2】「フォーマル」タイプ

新郎新婦、親ともにフォーマルスーツ、もしくはワンピースにジャケットなど

イラスト
イラスト

「+和装」と同じように、高級ホテルやレストランなどドレスコードがある場所でも安心のフォーマルなスタイル。柄のあまり目立たないネクタイを合わせたダークスーツや、ハリのあるかっちりした印象のワンピースなど、結婚式にゲストとして参列するときのような装いで、あらたまった席らしさ、きちん感を演出できる。

選びました、フォーマル

花嫁3

会場は顔合わせプランのある和食屋さんで。両家ともにわたしたちがきょうだいの中で初めての結婚だったので、かっちりした服装、雰囲気に。個室でゆっくり話ができ、フォーマルな服装もお互いの親に好印象でした(がっちゃんさん)

花嫁4

結婚式場併設のレストランで食事会。プロフィールビデオにきっちりした写真を入れたかったので、フォーマルな服装にして正解(ぷゆこさん)

マナーデザイナー岩下先生に聞く、「フォーマル」スタイルのポイント

「女性の洋服の格は、ワンピース、アンサンブル、ツーピースの順。色柄は、昼の礼服として派手になりすぎないものを選ぶことも大切です。男性はブラックスーツか、ディレクタースーツを」(岩下さん)

【3】「セミフォーマル」タイプ

新郎新婦、親ともにスーツに柄ありネクタイ、ワンピースやツーピースなど

イラスト
イラスト

オフィスカジュアル的なスーツやワンピース、ツーピースでフォーマル感を出しつつ、柄ありのネクタイやワンピースを一枚でなど少し崩した着こなしでリラックス。今回のアンケートでは44%と一番多かったのがこの服装。相手の家族に気配りしつつ、堅苦しくない食事会にすることができる。「遠方でスーツを持っていくのが大変だったから」というコメントも。

選びました、セミフォーマル

花嫁5

どちらの親も伝統的なしきたりは堅苦しいと感じるタイプなので、割烹で会話を楽しむ顔合わせに。セミフォーマルということで多少の緊張感はありましたが、最終的には和気あいあいとした雰囲気になりました(Maiさん)

花嫁6

初めて両家が会うので、ある程度きちんと感を出そうと事前に話しました。両家とも家から少し遠かったのと、どうしても緊張してしまうので、堅過ぎない服装でよかったと思います(たかなさん)

マナーデザイナー岩下先生に聞く、「セミフォーマル」スタイルのポイント

「ノーネクタイの場合はポケットチーフをプラスするとフォーマルなものに。ワンピースの場合は、色、柄、素材を選んで、カジュアルになりすぎない、体の線が出すぎないものを選びましょう。パンツスーツも準礼服ですが、エレガントなデザインで素材が柔らかいものがベストですね」(岩下さん)

【4】「カジュアル」タイプ

新郎新婦、親ともにカジュアルアイテムを組み合わせたいつものお出かけ着風

イラスト
イラスト

カジュアルなジャケットにインナーはTシャツやきれいめワンピースやスカートで明るい印象を。おしゃれしつつ普段通りのイメージで、相手の家族に会うことができる。肩ひじを張らない雰囲気で、打ち解けて話せる食事会になりそう。

選びました、カジュアル

花嫁7

両実家とも遠方だったので、親には旅行に行くときのようなスタイルで来てもらいました。会場もそこまで格式ところではなく、服装もカジュアルでお互いリラックスできました(ちっくんさん)

花嫁8

カジュアルな服装で、畳の個室があるレストランを選びました。おかげで両家親ともに一気に打ち解け、その後も何度も飲み会を開く仲に! 楽しかったと喜んでくれました(亜由美さん)

マナーデザイナー岩下先生に聞く、「カジュアル」スタイルのポイント

「女性のカジュアルスタイルの場合は、アクセサリーを着けて華やかさを演出しましょう。男性で上着を着る場合は、襟付きのものをセレクトして。母衣裳でセットアップを選ぶ場合は、上下同じ素材のもので揃えましょう」(岩下さん)

【5】「デイリーカジュアル」タイプ

新郎新婦、親ともにデニムなど日常着の組み合わせ

イラスト
イラスト

Tシャツやカジュアルシャツ、カットソー、デニムなどいわゆる普段着。両家がすでに親しかったり、ざっくばらんなお付き合いを望んでいる家族に合った服装。顔合わせ食事会でも緊張せず、気軽な雰囲気で話すことができる。

選びました、デイリーカジュアル

花嫁9

両家とも形式を重視しなかったので、彼と私の希望により新居で顔合わせ。お互い打ち解けることが目的で、日常着で砕けた話もでき、楽しい時間を過ごせました(よしさん)

花嫁10

おしゃれな個室居酒屋だったので服装も軽めの普段着でよかったと思います。おかげで両家共に話が弾みました(アリスさん)

マナーデザイナー岩下先生に聞く「デイリーカジュアル」スタイルのポイント

「デニムなどカジュアルアイテムの場合は、ドレスコードのあるお店では入店を断られてしまうこともあるので事前に確認をしましょう。デザイン、色、柄、素材を選んで、あまりカジュアルすぎないような組み合わせができるとよいですね」(岩下さん)

From 編集部

顔合わせの服装は作りたい雰囲気で選ぼう!

服装によって選ぶ会場も雰囲気も異なる、「婚約食事会(顔合わせ)」。まずはどんな雰囲気にしたいのか、ふたりで相談するところから始めてみて。
また形式にこだわる、こだわらないなど、親の考えも取り入れることもお忘れなく。どのドレスコードにしても、両家のバランスが取れていることが大事! 服装を決めたら具体的に親に伝えておこう。

顔写真
Profile

岩下宣子 現代礼法研究所・所長。企業、学校、公共団体などでのマナー指導や研修、講演会で活躍中のマナーデザイナー

取材・文/竹本紗梨 イラスト/寺澤ゆりえ デザイン/蒲生和典(GRAPHITICA) 監修/岩下宣子(現代礼法研究所) 構成/松隈草子(編集部)
※記事内のデータならびにコメントは2017年5月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー140人が回答したアンケートによるものです
※掲載されている情報は2017年6月時点のものです

  • 結婚準備全体
  • 結婚準備全体
  • もてなし
  • 安心したい
  • さくさく読む
Share on>

pagetop