ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結納・婚約食事会(顔合わせ)
  5. 《顔合わせの服装》完全ガイド~ふたり、親、兄弟姉妹お手本付き~
お金・常識
Share on>

《顔合わせの服装》完全ガイド~ふたり、親、兄弟姉妹お手本付き~

両家が顔を合わせる婚約食事会(顔合わせ)で、どんな服を着るべきか悩んでいる花嫁さんへ。目指す雰囲気や場所別の顔合わせの服装全5タイプを、和装からデイリーカジュアルまでフォーマル度順にご紹介! ふたりや父母だけでなく、兄弟、姉妹分までお手本付きでお届けします。先輩花嫁やマナーの先生のコメントもぜひ参考に♪

そもそも「顔合わせ食事会(婚約食事会)」ってどういうもの?

ふたりと両家の親が顔を合わせる場。昨今はきょうだいなど家族の参加も!

服装

婚約食事会(顔合わせ)とは、結納など結婚のしきたりにこだわらず自由なスタイルで両家が揃って顔を合わせ、食事を楽しむ会のこと。今どきは父母だけでなく、きょうだいや祖父母など親以外の家族も参加するケースも少なくない。今回は、そんな顔合わせ(婚約食事会)の服装の全5タイプを卒花さんの実例コメント付きで完全ガイドします!

「顔合わせ(婚約食事会)の基本」についてはこちらをチェック!

【1】かっちりフォーマルに華やかさをプラス「フォーマル+和装」タイプ

新婦と母親は和装、新郎や父、兄弟姉妹はフォーマルな洋装

和装

料亭やホテルの和食レストランの個室などで、結納とまではいかないものの、節目にふさわしいフォーマルな食事会を希望する場合は「フォーマル+和装」タイプがおすすめ。花嫁は振り袖を着る機会にもできるし、華やかな雰囲気を醸し出せ、みんなの顔合わせという大事な場に対する思いも高まる。

<服装例>
新郎:ブラックフォーマルスーツに淡色ネクタイ
新婦:振り袖などの和装
父親:ブラックフォーマルスーツに淡色ネクタイ
母親:色留め袖、訪問着などの和装。もしくはフォーマルなスーツやワンピース
兄弟:ダークスーツに淡色ネクタイ
姉妹:フォーマルワンピースにジャケットなど

卒花VOICE

「フォーマル+和装」を選んだわけは?
花嫁

両家父母と6人でホテル内の料亭で婚約食事会を。結納はしませんでしたが、できる限り雰囲気は近づけたいというのが両家の希望だったので、彼や両家の親はフォーマルな洋装、わたしは成人式に着られなかった母の振り袖を着ました。きちんと感も華やぎも出てよかったです(O.Rさん)

花嫁

大事な節目なので、両家の父母ときょうだい計8人が集まり普段行かないような高級料亭で食事会を。彼と両家父、彼の弟はスーツ、両家母とわたしの妹はフォーマルなワンピース姿で参加。わたしは独身時代の最後に、母から譲り受けた振り袖姿を披露。みんなに「きれい」と褒めてもらえてうれしかったです(まゆみさん)

花嫁

お互いの親と姉妹の計7人で、わたしの地元の料亭の個室でランチコースの食事会を。着物好きな母の和装に合わせてわたしも着物を着用。みんなにとても喜ばれたし、華やかで写真映えしたのでとてもよかったです。姉妹は「いつもと違う格好をしたい」と少しフォーマルなワンピースを選びました(ふうさん)

マナーデザイナー岩下先生に聞く、「フォーマル+和装」スタイルのポイント

「ドレスコードは、和洋問わず両家各人の『格』を合わせることが大事。花嫁が振り袖の場合は、大振り袖でなければ男性のフォーマルスーツと同格になります。男性はブラックスーツでOK。ネクタイはシルバーグレーか、淡色のものを選びましょう。

母和装の場合は、女性の準礼服である三つ紋の色留め袖か、訪問着を。男性はディレクターズスーツ(礼服のジャケットにグレーのストライプパンツの組み合わせ)か、ブラックフォーマルスーツになります。

兄弟姉妹の装いはフォーマルなダークスーツやワンピースなどで。兄弟姉妹の服装で注意したいのは、新郎新婦より目立たない色や柄を選ぶということ。これはフォーマルからカジュアルまで、すべてのタイプに共通するマナーです」(岩下先生)

【2】格式ある洋装で揃えてかっちりと「フォーマル」タイプ

新郎新婦、親、兄弟姉妹ともにフォーマルな洋装

フォーマル

高級ホテルやレストラン、料亭など格式があり、一定のドレスコードが求められる場所にもしっくりなじむのが「フォーマル」タイプ。柄が目立たないネクタイを合わせたダークスーツや、ハリのあるかっちりしたワンピースなど、結婚式にゲストとして参列するときのような装いで改まった感、きちんと感を演出しよう。

<服装例>
新郎:ブラックフォーマルスーツに淡色ネクタイ
新婦:フォーマルなワンピースにジャケット、もしくはツースーツなど
父親:ブラックフォーマルスーツに淡色ネクタイ
母親:フォーマルなツースーツやワンピースなど
兄弟:ダークスーツに淡色ネクタイ
姉妹:フォーマルワンピースにジャケットなど

卒花VOICE

「フォーマル」を選んだわけは?
花嫁

「きちんとした場にしたい」という彼の父母の要望で、会場に料亭を選び、フォーマルな服装での食事会を行いました。参加したのはきょうだいも含めた8人。男性はスーツ、女性は結婚式のゲストのようなドレスをセレクトしました(もももさん)

花嫁

ホテルの個室で食事会を行いました。事前に両家の親に服装について相談したら、「フォーマルで」と意見が一致。フォーマルで両家揃えて行いました(みかんさん)

花嫁

お互いの実家の中間地点にある、温泉旅館の個室で両家親と新郎新婦で食事会を。親には「フォーマルでなくてもOK」と事前に伝えていたのですが、気合が入ってしまったらしいわたしの父は新調までしたがっつりスーツで! 新郎新婦より気合の入った服装でびっくりしましたがうれしかったです(K746さん)

マナーデザイナー岩下先生に聞く、「フォーマル」スタイルのポイント

「女性の洋服の格はワンピース、アンサンブル、ツーピースの順。フォーマル感を出すためには膝が出ないスカート丈にする、肌の露出が多いワンピースにはジャケットを羽織る、派手になりすぎない色柄のものを選ぶなどの配慮も大切です。男性はブラックスーツか、ディレクターズスーツを」(岩下先生)

【3】カジュアルダウンしたきちんと感「セミフォーマル」タイプ

男性はスーツに襟付きシャツ&柄ネクタイ、女性はワンピースなど

セミフォーマル

スーツやワンピース、ツーピースでフォーマル感はキープしつつ、柄のあるネクタイを合わせたり、ワンピース1枚だけでジャケットは羽織らないなど、程よいリラックス感をプラス。「堅苦しくしたくないけれど、きちんと感は出したい」という食事会にぴったりで、アンケートでも選んだカップルが一番多かったのがこのタイプ。遠方から参加する親やきょうだいもこの服装のまま移動できるなどのメリットも。

<服装例>
新郎:スーツに柄入りネクタイ、もしくはノータイにポケットチーフなど
新婦:フォーマルなワンプースに羽織ものなしなど
父親:スーツに柄入りネクタイ、もしくはノータイにポケットチーフなど
母親:パンツスーツやツーピースなど
兄弟:スーツに柄入りネクタイなど
姉妹:きちんとしたワンピースやスーツなど

卒花VOICE

「セミフォーマル」を選んだわけは?
花嫁

お互いの親が遠方からの参加だったので、普段より少しカチッとした、しかしずっと着ていても疲れないスーツやワンピースで来てもらいました。彼はスーツでわたしはきれいめのニットとスカートをセレクト(M.Wさん)

花嫁

鉄板懐石の個室で両家の親きょうだい計9人で食事会を。堅苦し過ぎず、でも大切な節目として少しかっちりとしたかったのでセミフォーマルに。彼の妹家族に小さな子どもがいたので、動きやすさも重視しました。大学生の妹はきれいめのブラウス+スカートで。最後に集合写真も撮りましたが、程よくきちんとした服装が映えすてきな記念に(りほさん)

花嫁

新郎の親から「あまり堅苦しい場にしたくない」という希望が。とはいえ、格式ある料亭の個室で行ったのでセミフォーマルな服装に。両家親子水入らずで、アットホームな雰囲気で行うことができてよかったです(たまきさん)

マナーデザイナー岩下先生に聞く、「セミフォーマル」スタイルのポイント

「ダークスーツなら柄のあるネクタイを着けてもOK。ノーネクタイの場合はポケットチーフをプラスするとフォーマル感がアップします。ワンピースの場合は色、柄、素材を選んで、カジュアルになりすぎない、体の線が出すぎないものを選びましょう。パンツスーツも準礼服ですが、エレガントなデザインで素材が柔らかいものがベストですね。

また、男性のブレザーとスラックスの組み合わせは略礼装のスタイルの一つ。ポケットチーフとネクタイをアスコットタイなどにして同じ柄にするのもおしゃれです。合わせるのはダークスーツでもOK。おしゃれのポイントとして、ネクタイとシルクベストを共布にするのもおすすめですよ」(岩下先生)

【4】着慣れた、普段のお出掛け着スタイル「カジュアル」タイプ

新郎新婦、親、きょうだいともに華やぎをプラスしたきれいめカジュアル

カジュアル

スーツやワンピースなどではなく、休日のお出掛け着のような、動きやすく着心地もいいけれど、いつもよりきちんと感のある服装が「カジュアル」。顔合わせの場として選びたいのはちょっといいレストラン。そんな肩肘を張らずに済む会をと望むふたりや親にはぴったり。男性はカジュアルなジャケットにインナーは襟なしでもOK。女性はよそ行き感のあるきれいめの服装で。おしゃれをしつつも、堅苦しくなく、普段に近い雰囲気で相手の家族にあいさつができる。

<服装例>
新郎:カジュアルジャケットにシャツ、Tシャツなど
新婦:カジュアル素材のワンピースやスカートにカットソーなど
父親:カジュアルジャケットにシャツ、Tシャツなど
母親:カジュアル素材の上下のセットアップなど
兄弟:コットンパンツにカジュアルジャケットなど
姉妹:羽織ものにスカートなど

卒花VOICE

「カジュアル」を選んだわけは?
花嫁

親、きょうだい、彼の祖母を呼び、彼の実家近くのちょっといいレストランで食事会を。カッチリし過ぎた服装だと緊張するというのと、着飾ったお互いの印象をもってもその後大変かな、でも顔合せなのでデニムなどカジュアルすぎるのは避けたいと思いカジュアルを選びました。おかげで、普段どおりリラックスした会にすることができました(ayk0さん)

花嫁

挙式するホテルの中華レストランで食事会を。堅苦しい雰囲気だと会話も弾まなくなるので、お出掛け着程度な感じで行いたいとの親の希望があり服装はカジュアルに。予約時にあえて個室ではなく窓際の席を選んだら、開放感もあり、和やかに進行することができました(りりぴさん)

花嫁

お互いの親と、日本料理店の個室で食事会を。気軽な気持ちで集まりたかったので、いつもお出掛けするときに着るようなきれいめカジュアルに。かしこまった雰囲気にならず、すぐに和やかさのある会にすることができました(あき子さん)

マナーデザイナー岩下先生に聞く、「カジュアル」スタイルのポイント

「男性の上着は襟付きのものを。女性のカジュアルスタイルは素材やデザイン、シルエットなどに上品さや上質感が感じられるかが重要に。服は色柄ともシンプルにして、アクセサリーや小物を上手に使って華やかさを演出するのもいいですね」(岩下先生)

【5】普段と同じリラックスウェア「デイリーカジュアル」タイプ

新郎新婦、親ともデニムなどラフな日常着の組み合わせ

デイリーカジュアル

かしこまった感じではなく、みんなが自然体で会話が弾むアットホームな食事会が希望。または両家がすでに親しく行き来をして、かしこまった服装を選ぶと逆に緊張しそう、ざっくばらんなお付き合いを望んでいる。そんな両家ならジャケットなし、デニムもTシャツもOKのいわゆる普段着での食事会もあり。「飾らず楽しみましょう」という意思表示にもなり、気軽な雰囲気で楽しめる。

<服装例>
新郎:Tシャツやシャツにデニム、もしくはチノパンなど
新婦:Tシャツやカットソー、ニットにボトムスなど
父親:Tシャツやシャツ、ポロシャツにチノパンなど
母親:Tシャツやカットソー、ニットにボトムスなど
兄弟:Tシャツにデニムなど
姉妹:ニットにパンツなど

卒花VOICE

「デイリーカジュアル」を選んだわけは?
花嫁

いつもどおり、気軽に楽しく両家で顔合わせをしたかったので食事会も普段と同じ服装で。わたしの地元の郷土料理のおいしい飲み屋さんに行き、初対面とは思えないほど盛り上がりました。両家の親もわたしたちも大満足(美奈子さん)

花嫁

親同士すでに知り合いで、きっちりやろうとすると逆に変な空気になりそうだったので、地元の韓国料理屋さんで気取らず普段着で食事を楽しむことに。堅苦しさは一切なし、自然体で楽しめる会にすることができました(晃子さん)

花嫁

わたしと彼の実家が近所なので、最寄り駅前のイタリアンレストランで両家の親と彼の妹と7人で顔合わせ食事会を。服装は新郎新婦、親ともにデニムなど日常着の組み合わせたデイリーカジュアルに。妹は平日仕事帰りだったので、極端なフォーマルではなくワンピースでの参加でした(にゃごまさん)

マナーデザイナー岩下先生に聞く「デイリーカジュアル」スタイルのポイント

「ドレスコードのあるお店では、Tシャツ+デニムなどのスタイルだと入店を断られてしまうことも。お店が決まったら事前に確認をしておきましょう。普段着とはいえデザイン、色、柄、素材を選んで、あまりカジュアルになりすぎない組み合わせができるといいですね」(岩下先生)

From 編集部

服装は、どんな雰囲気の食事会にしたいか両家の意見をすり合わせて!

叶えたい雰囲気によって、選ぶべき会場や服装が変わってくる。まずは自分の親に「どんな食事会にしたいか」を確認し、ふたりが間に入ってすり合わせを。ドレスコードが決まったら、お手本を共有して具体的な服装のイメージを親やきょうだいに伝えて。全員が心地よく食事会を楽しむためには、両家の服装の格式が揃っていることが大事。しっかりこだわって、ぜひ希望どおりの顔合わせを叶えてくださいね♪

先生
Profile

岩下宣子 マナーデザイナー

現代礼法研究所主宰。NPO法人マナー教育サポート協会理事・相談役。企業をはじめ、学校・商工会議所・公共団体などで、マナー指導や講演などを行う。「マナーとは相手を思いやること」を信条に、ゼクシィでも悩める花嫁さんへの愛あるアドバイスでおなじみ。マナーに関する著書多数。

取材・文/笠原恭子 イラスト/二階堂ちはる 監修/岩下宣子(現代礼法研究所) 構成/松隈草子(編集部)
※記事内のデータならびにコメントは2019年10月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー80人が回答したアンケートによるものです
※掲載されている情報は2019年12月時点のものです

  • 結納・食事会
  • 結婚決まりたて
  • 家族の絆
  • 安心したい
  • さくさく読む
Share on>

pagetop