ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. もっとスムーズ!長期休暇活用術(2)こだわりたいことに集中編
演出アイテム等
Share on>

もっとスムーズ!長期休暇活用術(2)こだわりたいことに集中編

招待するゲストを決め、招待状を準備するのは意外と時間がかかるもの。ウエディングアイテムの手作りもしかり。こだわりがたっぷりある人は、なおさら時間が必要ですよね。そんなふたりの強~い味方が長期休暇。年末年始や夏期休暇、ゴールデンウイークやシルバーウイークといったまとまった連休を利用して、上手に結婚準備を進めましょう。

【ゲストのこと】リストアップや招待状の準備まで段階に合わせて

招待状の準備を進めるふたり

例えば親族を呼ぶ際には親の確認が必要だったりと、ゲスト選びはふたりだけでは決められないことが多いもの。その点、長期休暇を利用すれば実家に帰って親と相談できるし、彼とお互いのゲストについての情報交換もじっくりできそうです。この機会に、リストアップから招待状の発送準備まで一気に済ませてしまいましょう。

【今からゲストを考える人は ……】
ゲスト選びは、彼や親との相談が不可欠です。実家が遠方にある人、日頃忙しくてなかなか彼と話せない人も、連休や長期休暇が絶好のチャンス!

【すでに招待する相手が決まっている人は……】
意外と時間がかかるのが招待状の準備。ゲストの住所録をまとめたり、招待状を発注または作成する作業も、集中して進められる長期休暇中が狙い目です。

花嫁voice

\連休を使ってゲスト選びや招待状の準備をしました/
1728906さん顔写真

連休をゲスト選びと席次表を考える時間に充てました。親にも相談しつつ、年賀状で最新の住所を確認しながらじっくり3日間かけて。(azusaさん)

1728757さん顔写真

印刷された招待状セットを組み立てて発送できるよう、連休を使って一気に作業。宛名確認や封入、切手貼りなどのミスできない作業も、集中してできるのでよかったです。(ゆんさん)

1728902さん顔写真

招待状に関する作業全般をゴールデンウイーク中に。宛名書きや封入などもろもろの準備が整った後は帰省して、友人や親戚に招待状を直接手渡し。トータルで4日ほどかかりました。(mayuさん)

【アイテムの手作りや演出の準備】1つだけでもやっておくと後がラク!

巨大なウエルカムベアを手作りしている新婦

アイテムの手作りも内容によっては時間がかかる場合が。こだわりがたくさんある人はもちろん、ぶきっちょさんにとっても長期休暇は強い味方! 彼と一緒に取り組めば連休中に仕上げることも夢じゃないし、何より素敵な思い出づくりができるのでオススメです。準備や練習が必要な演出も、ぜひ長期休暇を利用して。

【時間がかかる手作りを集中してこなす】
意外と時間がかかるのがペーパーアイテム作り。ほかには映像やウエルカムアイテム、親へ渡す手作りギフトなどが。1つだけでも集中して仕上げておくと、後がグッとラクになりそう。

【BGM選び&編集をする】
BGMを選んだり、使いたいフレーズを取り出して編集するのも時間のかかる作業。コツコツ曲集めを楽しむのもいいけれど、忙しい人は長期休暇の間に集中してやっておくと安心。

【演出の準備・練習をする】
ピアノやギター、歌、ダンスなどを自ら披露しようと考えている人は、長期休暇中にしっかり練習を。友人たちと一緒に行う場合も、連休中ならみんなが集まりやすいかも。

【映像用の写真を集める】
プロフィールビデオに使う昔の写真を集めるのも長期休暇中がオススメ。たくさんあるアルバムをチェックする作業も、時間があれば気合を入れて頑張れそう!

花嫁voice

\連休中にオススメの手作り作業や演出準備はコレ/
1729001さん顔写真

連休を、ゲスト100人分のロゼットを手作りしたり、プチギフトのタグを作ったりする時間に充てました。翌日の仕事を気にすることなくじっくり取り組めてよかったです。(rinさん)

1728455さん顔写真

式直前のゴールデンウイークに席次表と席札を作成。各70セット分の作業を黙々とこなしました。それでも2日間たっぷりかかったので、連休中に頑張ってよかったと思います。(なおひんさん)

1729756さん顔写真

披露宴ではふたりでギターとバイオリンを演奏しようと計画していたので、お盆休みに猛練習! 集中して頑張るとグッと上達します。(MOUYAL明子さん)

【手紙や謝辞の文面作り】じっくり腰を据えて考えて

花嫁が手紙を読む練習をしている横で、大泣きしている新郎

【花嫁の手紙や人前式の宣誓文を考える時間に】
「親への手紙や謝辞を考えるのは式直前でもいいや」と思っている人、いませんか? 実は構成や文面を考えるのって意外と大変な作業なんです。しかも仕事のある平日だと時間がなくて少しずつしか進められないし、そうなると思考が分断されて思うようにはかどりませんよね。

一方、連休中なら何時間でも集中して取り組めるし、それこそ家族が寝静まった深夜に作業をしても翌日も休みだから気がラク! ゲストに直筆メッセージを書きたい人は、文面だけでも考えておくことをオススメします。

花嫁voice

\私たちも、連休中にじっくり考えました/
1727451さん顔写真

親への手紙は下書きから清書、読む練習まで連休を利用して済ませました。ゲストの方に自分の思いがきちんと届き、さらに飽きられずに聞きやすい文章を書くのは予想以上に時間がかかったので、余裕のあるときにやっておいてよかったと思います。(ろーるぱんさん)

1727503さん顔写真

ゲストへの席札メッセージに添える文面を連休中に考えました。席札が納品されるのは式直前になるため、バタバタしないよう事前に準備。パソコンに文面を保存していたので、納品後はすぐに書き上げることができて正解でした。(dannyさん)

From 編集部

一気に済ませなくてもOK。数ある連休を上手に使い分けて

長期休暇や連休は1年に何度もあるので、一度に済ませてしまわなくても大丈夫。「ゴールデンウイークには●●を」、「年末年始休暇は結構長いので●●をしよう」というように、大まかなスケジュールを立てて取り組みましょう。ゴールを決め、準備の進み具合に応じてフレキシブルに!

構成・文/南 慈子 イラスト/すぎやまえみこ
※掲載されている情報は2016年11月時点のものです
※記事内のコメントは、2016年10月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー100人が回答したアンケートによるものです

  • 結婚準備全体
  • 結婚準備全体
  • ダンドリ
  • きちんとしている
  • ふたりらしい
  • 頑張りたい
Share on>

pagetop