ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 二次会
  4. 二次会は一体感が命! 参加型ゲームで盛り上げよう
演出アイテム等
Share on>

二次会は一体感が命! 参加型ゲームで盛り上げよう

二次会のイメージフォト

二次会ではゲストとわいわい盛り上がりたい! 全員に楽しんで欲しいと思う一方で、初対面同士のゲストもいる中、どんなゲームをしたら盛り上がるのか迷う新郎新婦も多いのでは? みんなが参加して楽しめるゲームと場が盛り上がる景品、その渡し方を二次会のプロのアドバイスと一緒にレクチャーします。

二次会ゲームは「一体感のでるもの」でうまくいく

1、チーム対抗ゲームで盛り上げよ!

二次会の看板写真

自動的にチームが組まれるグループ対抗型のゲームなら人見知りさんでも安心。チームになると、人はその中で役割を持ち出すので、リーダー、盛り上げ役、サポート役など、組まれたグループ内で自然に結束が深まることも安心ポイント。

【やり方&進行】
二次会は出席者が当日まで確定できない場合も多いので、チームは受付で番号等を渡して決めるのがスムーズです。あとはチームごとに集まってもらい、ゲームを開始。
ゲームの内容はみんなで考えたり、協力、応援できるものがベスト。ゲストの顔ぶれを見て考えてみましょう。
例えば……
・新郎新婦のプロフィールにまつわるクイズ対決
・お題を出してその場で絵を描いてもらう絵ごころ対決
・新郎新婦さんへの祝辞を即興でしてもらうスピーチ対決
・長いストローでの早飲み対決
・借り物競走 など
ゲームによってスケッチブックやペン、スクリーンなど必要なものと所要時間を確保しましょう。

2、定番“ビンゴゲーム”を進化させよ!

ゲスト全員で電話をかけるイラスト

誰もが楽しめる定番ゲームのビンゴ。さらに一工夫、数字ではなくゲストの名前で1マスうずつ埋めていく“名前ビンゴ”はゲスト同士が触れ合えて、景品が当たるよりも会場が和気あいあいとした雰囲気に包まれるゲームになりますよ。

【やり方&進行】
受付にてゲスト全員に空白のビンゴカードを配布します。
まずは自分の名前をビンゴの真ん中に記入してもらいます。他の空白はビンゴゲームの時間までに知り合ったゲストに名前をサインしてもらって、1マスずつ埋めておいてもらいます。
ビンゴゲームが始まったら、ゲストの名前を読み上げていきます。呼ばれたゲストの名前をスクリーンに投影したり、前に出てきてもらい新郎新婦との関係や祝辞のコメントをもらうなどの工夫で会場がより盛り上がります。

[成功のコツ]
・ビンゴのマス数はゲストの人数やゲームにかけられる時間によって考慮しましょう。名前を呼ばれた人が祝辞を述べるなど何かしらする場合には長めの時間を要します。
・カードに名前をサインしてもらえるのは初対面の人のみ、などルールを決めると新しい人同士が知り合えて盛り上がりのきっかけに。

3、“電話の早掛け大会”で熱気を起こせ!

電話早掛けゲーム

電話をかける、という誰もがやり慣れている行為を会場にいる全員で、しかも一斉にチャレンジするゲーム。単純なゲームと思いきや、知らない人同士や大人数ならこの分かり易さが意外に盛り上がります。瞬時に勝者が分かる明快さも楽しいですよ。

【やり方】
プロジェクターに新郎か新婦の電話番号を表示。合図でゲストに一斉に電話をかけてもらいます。たいていの場合は回線が混み合ってつながらず、不在着信が残るので、最初に不在着信を残せた人が勝者。新郎新婦から勝利の電話を折り返してあげましょう。

[成功のコツ]
・勝者はひとりだけなので、トリのゲームにして豪華景品が当たるような流れが盛り上がります。
・テンポの良い司会進行でドキドキする雰囲気を共有しましょう。

*念のため、最初にゲスト全員が携帯電話を持っているか確認しましょう。
*間違い電話のないように注意してもらいましょう。

4、SNSを使った写真投稿ゲームでベストショットを逃すな!

LINEベストショットの方法

SNSの機能を効果的に使う方法が新鮮なLINEに写真投稿をしてベストショットを決めるゲームです。ゲストには幸せなふたりや感動で涙している姿など、普段は見られない瞬間を逃さず撮影し、投稿してもらいましょう。
二次会が終わっても、スマートフォンのアルバムにパーティの写真と一緒に思い出が残る、一石二鳥なゲームです。

【やり方&進行】
二次会用のパンフレットを作る際にゲームのルールを記載しておき、パンフレット内に、新郎または新婦のLINE IDを記載します。ゲストにはあらかじめそのIDで友人登録をしてもらいましょう。
2次会中に撮影したベストショットを部門別でLINEに投稿してもらい、幹事のPCで投稿写真を集約し、幹事+新郎新婦で投票、ベストショットを決定します。
例えば……
・新郎新婦部門
・オモシロ部門(新郎新婦に限らず)
・ベストスマイル部門(新郎新婦に限らず)
・会場装飾部門(会場の素敵な装飾、演出を切り取ったもの) など

[成功のコツ]
・受賞部門に新郎新婦を交えてのベストショットや、10人以上が写っているショットなど、大勢が一同にカメラに映らなければいけない賞を設けることで一体感が生まれます。

*二次会の開始前に会場にいるゲスト全員にゲームのアナウンスとLINEアプリを使用しているか確認しましょう。

一体感がぐっとアップするコツは「新郎新婦」が参加すること

一体感とは何かというと、共通の内容で盛り上がる事です。初対面のゲストも多い二次会での共通点といえば「新郎新婦」をお祝いしに来た事。
新郎新婦が見ているだけにならず、ゲームに参加する事で盛り上がりは倍増しますよ。ふたりから景品を渡してもらう、ビンゴゲームならビンゴを回してもらう、など何かしらの役割を持つとよいでしょう。

盛り上がる景品タイムは「目玉を最後に渡す」でうまくいく

1、景品は“一般賞”と”特別賞”に分けてメリハリを出そう!

ゲームで盛り上がった熱気を景品タイムでも維持するポイントは「目玉の景品を最後に出す」ということです。
最初の段階で目玉景品が出てしまうと、どうしてもワクワク感が下がってしまい、ゲストの意識も散漫になってしまいます。通常のゲームで一通りの景品をプレゼントし、特等賞は最後の別ゲーム用にとっておく、という方法が有効です。

2、“特別賞”として人気の景品とは?

【 二次会のプロに聞く人気景品ベスト3 】

1位 テーマパークチケット
2位 旅行券(ディナークルーズ)
3位 高級食材
上記3点は永遠の定番、とも言い切れるほどの人気商品だそうですよ。

3、最近の主流は華やかな見た目と準備が簡単な「パネルギフト」

最近の主流は目録をパネルに印刷して見せる「パネルギフト」です。
重い・かさばるなど持ち運びに不便な景品は、よい物だとしても、購入者も当選者も荷物になり負担に。二次会では写真パネルをプレゼントし、景品は後日、自宅へ配送すると便利です。
またテーマパークチケットや商品券など実物が小さい景品も、パネルなら大きく豪華に見せることができるのでおすすめです。

二次会のプロに微妙に気になることを聞いてみました!

Q1「ゲスト全員に景品が行き渡るゲームにしたいのですが……」

二次会は知らない人同士も多いので、全員に景品が当たるようにするとゲームの時間が長くなり、空気がダレてしまうことも。
重要なのはものよりも思い出と考え「場の盛り上がり」が全員にとって楽しい記憶になるよう、ゲームそのものを盛り上げましょう。

Q2 「過去に見てきた二次会で、これはイマイチだったな、というものはありましたか?」

男女をくっつけようとするゲームはおすすめできません。特に女性は引いてしまう場合が多く、空気が悪くなりかねません。みんなが気兼ねなく参加できるゲームが良いでしょう。

From 編集部

二次会でのおもてなしとは「一体感」ある空間づくり!

立食だったり自由席が多い二次会では、ゲストが自由に動ける分、工夫次第で知らない人同士でも一緒に盛り上がることができます。定番のゲームや景品でも、ちょっとのアレンジでその場が盛り上がり楽しい会になるはずです。

構成・文/真坂 千稔 取材協力/二次会サポーターズ 無料TEL0120-169-122
※掲載されている情報と商品の価格は2016年1月時点のものです

  • 挙式3ヶ月前
  • 二次会
  • 打ち合わせ開始期
  • 遊び心のある
  • ワイワイ
  • 一体感
  • 宴中の余興・盛り上げ演出
  • 二次会演出
Share on>

pagetop