ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 新生活全般
  5. 「おめでた婚」報告で起こるモヤッ。ホントのところって?
お金・常識
Share on>

「おめでた婚」報告で起こるモヤッ。ホントのところって?

結婚と同時に妊娠となるいわゆる「おめでた婚(Wハッピー婚)」で外せないのが周囲の人への報告。お互いの親以外の人への報告となると「“おめでた婚”って言っても大丈夫?」と疑問や不安を感じるかもしれません。そんな花嫁さんのために「おめでた婚の報告」について調査。すると不安とは裏腹に、職場や周囲の人のおめでた婚報告の受け止め方は好意的!一方で意外なポイントで不快感を持った方々がいたんです。それは……。

ホントのところ「親戚」と「友達」への報告の仕方が盲点だった!?

アンケートでは79.2%の人が「おめでた婚の報告を受けて、不快な思いをしたことはない」と回答。誠意のある「おめでた婚の報告」は温かく迎える風潮に変化している様子です。
ですが、残りの「気になった」「不快に思った」と回答した人たちのほとんどが、親戚および友人という間柄であることが発覚。上司や同僚といった職場への報告は気を使っている花嫁がほとんどだと思いますが、親戚や友人は親しいだけについ気を抜きがち。

そこでアンケート回答を基に、「おめでた報告で実はモヤっとした!!」という「親戚」「友人」代表の実例をご紹介します。実例を参考にココまでフォローできれば抜かりなし!

【親戚編1】
「親にまかせておけばいい」はダメ!?

イラスト2

親戚のお怒りで多かったのが、おめでた婚であることを知らされなかったというもの。また、その結婚・出産という報告を、はがき一枚で済ませるなど、ぞんざいな対応も大人としてはNG。「親が言うはずだからいいかな」「結婚式に呼ぶわけじゃないからいいかな」ではなく、まず報告すべきかどうかも含めて対応の方法を両親と相談しましょう。

「おめでた婚」報告でモヤッ!

読者さん

「従妹から出産数カ月後に結婚報告はがきが来て『お祝い待っています』と書かれていた。どっちの?」(埼玉県・20代女性)

読者さん

「子どもが生まれてから授かり婚だと知りました。私は非常識だと感じて、印象が悪くなりました」(静岡県・30代女性)

【親戚編2】
ただ報告すればいいわけでもない!?

イラスト3

報告が遅れるのも問題だけど、急ぐあまりとりあえず報告しちゃうというのもNG。「他の人には言わないでね」などと言って他人に気を使わせるようでは大人の女性として失格。結婚式に呼ぶ親戚にまとめて報告する、婚姻届を提出して安定期に入ったら全員に電話で直接報告するなどきちんと計画性をもって報告しましょう。

「おめでた婚」報告でモヤッ!

読者さん

「『他の親戚にはおめでた婚だと秘密にしてほしい』と言われて理由もわからず困った」(福岡県・30代女性)

読者さん

「10年以上会っていないいとこから突然の電話で『両親に反対されてて味方が欲しいの』と。切羽詰まっているのが気の毒だと思いつつも、どうして私?」(東京都・20代女性)

【友達編1】
「できたから結婚する」っていう報告はナシ!!

イラスト4

友達とはいえ、いろいろな考え方の人がいるもの。おめでた婚であることを報告するなら「大好きな彼と結婚する→おめでたである」ということをきちんと伝えるべき。友達だからと照れることなく、真剣な気持ちで結婚することを伝えた方が、相手も心から祝福したいと思えるはずです。

「おめでた婚」報告でモヤッ!

読者さん

「『できたからとりあえず結婚するんだ』と言われ、『とりあえず!?』と微妙な気持ちに。『おめでとう』が言いにくかった」(北海道・30代女性)

読者さん

「できちゃったから結婚すると言われると問答無用であきれる」(奈良県・30代男性)

【友達編2】
当然だけど忘れちゃう? “親しき仲にも礼儀あり”

イラスト5

結婚やおめでたで浮かれ過ぎると、なぜかすっぽり抜け落ちてしまうのが“相手の気持ちを考える”ということ。親しいからこそやってしまいがちなミスが、友達関係にひびを入れてしまうことも。友達への報告も、しっかり手抜きをなくしてこそ大人の女性というものです。。

「おめでた婚」報告でモヤッ!

読者さん

「全員の名前とアドレスが全部わかる状態で、報告の一斉メールが。お祝いの気持ちより、なぜBCCじゃないの!? という思いが先に」(埼玉県・20代女性)

読者さん

「結婚がすでに決まっていた私。おめでた婚で急遽挙式した友達から『あなたの方が前から結婚決まってたのにお先にごめんね(笑)』と言われ、なんだか不愉快だった」(岐阜県・20代女子)

From 編集部

報告の仕方ひとつで人間関係が変わっちゃうことも!

友達や親戚の不満が多いのは「どうでもいい人と思われているのでは!?」と相手に疑わせてしまっているのが原因。実際のところ、両親や職場上司への報告に気を使うあまり、親戚や親しい友達ほど気が回らないというのが花嫁の本音かもしれません。ただ、ほんの少しの気遣いがあなたの人間関係を大きく左右するのも事実。自分のことで頭がいっぱいになりがちな時期だからこそぜひ上手に報告して今後の人間関係向上につなげましょう!

取材・文/青柳恵美香 イラスト/カツヤマケイコ 構成/小林有希(編集部) 
※掲載されている情報は2015年11月時点のものです。
※記事内のコメントと数値は、2015年11月にマクロミルが男女101人に対して実施したアンケート回答によるものです。

  • 結婚準備全体
  • 結婚決まりたて
  • きちんとしている
  • 細やかな気遣い
  • スッキリしたい
  • 安心したい
  • おめでた婚
  • パパママ婚
Share on>

pagetop