ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 海外ウエディング
  5. 海外婚のゲストの旅費、みんなどうしてる?
お金・常識
Share on>

海外婚のゲストの旅費、みんなどうしてる?

フラワーシャワー

海外ウエディングには憧れるけど、ゲストの旅費はどうしよう……。多くのカップルが心配するのはまずそこですよね。でもご安心を。みんなの旅費を必ずしもふたりが負担する必要はないんです。もちろん親孝行や家族旅行を兼ねてふたりで全額持つケースもありますが、ゼクシィの調査によると約半数が「全く負担しなかった」という結果に。先輩花嫁たちの体験談もぜひ参考にしてみてください。

●どんな負担方法がある?

1.全員の旅費を全て負担する方法
飛行機代と宿泊代(もしくはツアー代金)を全額持つ方法。両家の親や家族だけなら人数も少ないし、実際に「旅行をプレゼントする」という名目で検討する人も多いよう。

2.ゲストによって負担する内容を変える方法
家族の分だけふたりで持って、友人には旅行がてら自費同行をお願いするというように、相手によって負担する内容を変えるケースも。この場合、お声掛けをする時点できちんとその旨を伝え、納得した上で来てもらうことが必要です。

3.旅費の一部を負担する方法
飛行機代または宿泊代だけを負担したり、全ての人に一律5万円をお車代として包むなど、「旅費の一部」を負担する方法もあります。

4.全員に自費で来てもらう方法
文字通り誰の旅費も負担しないという方法です。この場合はお声掛けする段階で負担できない旨を伝え、出欠の判断は相手に任せましょう。その際「自費で来ていただく代わりにご祝儀などのお気遣いは無用です」というひと言を添えるのも忘れずに。家族の場合はそれぞれの親が自分の家族の分を負担するケースもあるようです。

ゼクシィの調査によるとこんな結果が!

【海外ウエディングのゲストについて】
●ゲストがいた人……84.1%
(ハワイ87.4%、ヨーロッパ55.0%、グアム94.9%、アジア(ビーチ含む)86.4%)

●挙式の平均列席者数……9.7人
(ハワイ9.9人、ヨーロッパ4.7人、グアム11.5人、アジア(ビーチ含む)7.2人)

●ゲストの旅費の負担状況(ゲストがいたと回答した人のうち)
・全て負担した……13.7%
・一部を負担した……35.5%
・まったく負担しなかった……50.8%

●ゲストの旅費の平均負担金額……合計79万4000円
(ハワイ88万円、ヨーロッパ65万9000円、グアム73万4000円、アジア(ビーチ含む)43万4000円)

先輩Voice「全員分の旅費を負担しました」

腰を下ろす花嫁家族

・一緒に行ったのが両家の父母だけだったので、親孝行を兼ねて全額ふたりからプレゼント。とても喜んでくれました。大人数で挙式・披露宴をすることを考えると安いもんです。(28歳女性/大阪府)

・お互いの親を海外旅行に招待するための口実として、私たちのウエディングを海外でやったような感じです。そうでもないと遠慮して来てくれないと思ったから。大成功です!(33歳男性/神奈川県)

・学生時代から仲良くしている友人を数名招待し、家族同様、旅費はこちらで持ちました。その中には一足先に海外で式を挙げた友人がいましたが、彼が同じように僕の旅費を出してくれたので、お返しの意味も込めて。(28歳男性/和歌山県)

全額負担組は、親孝行を兼ねたケースが多い

一部、友人の旅費を負担した人もいましたが、「全額負担した」というケースでは、家族だけでの少人数ウエディングが目立ちました。海外ウエディングには、親孝行や家族旅行という側面も少なからずあるようです。人数が少ない場合や、また多くても旅費が比較的安い近場のグアムなどは、掛かる費用が抑えられるので、決断しやすいのではないでしょうか。

先輩voice「旅費の一部を負担しました」

ビーチで踊る新郎新婦とゲスト

・同行してくれたのは両家の家族。彼の父母と私の母、妹の5人です。全員、飛行機代と宿泊代の半額をこちらで負担しました。みんなで家族旅行が楽しめて良かったです。(33歳女性/千葉県)

・親族の飛行機代と宿泊代を全部ふたりで持ちました。ちなみに友人たちには宿泊代のみプレゼント。全額は出せそうにないことをあらかじめ伝え、飛行機代は各自にお願いしました。(28歳女性/新潟県)

・新郎側の家族3人には飛行機だけ出してもらい、ホテル代はこちら持ち。新婦の家族はパッケージツアーを利用して自費で来てくれた。お返しとして、滞在中の食事代や観光代などは全てふたりで負担を。(26歳女性/三重県)

・親族のみの海外婚でしたが、各家庭ごとに10万円ずつ包み、その中で自由にアレンジしてもらいました。(33歳女性/広島県)

最も多いのがこのパターン。予算に応じてフレキシブルに!

「テーマは家族旅行だから、家族の旅費だけ負担するけど、友人は自費でも来てくれるという人だけ」「出発地がどこであれ、1人5万円だけ包もう」など、予算を考える際にはある程度ルールを決めておきましょう。そうすると、お声掛けの際にもきちんと状況を説明することができます。最初に彼や親と一緒に相談しておくといいでしょう。

先輩Voice「全員に自費で来てもらいました」

トランクを積んだ黄色い車

・仕事の都合でゴールデンウィーク中に式を挙げたので、旅費が高くてとてもじゃないけどゲストの分まで負担できず。親の方も気遣って「自分たちで出すからね」と言ってくれたので、お言葉に甘えました。(24歳女性/愛知県)

・「ご祝儀はいらないので、みんなでハワイを楽しみましょう♪」というテンションでお声掛け。家族と親族7人が出席してくれました。(26歳女性/東京都)

・「お祝いの代わりに」と、ハワイまでの旅行費用は親からのプレゼントです。これから親孝行します!(29歳男性/兵庫県)

自費同行の場合、ご祝儀は遠慮するのがマナー

予算などの都合でどうしても旅費を負担できそうにない場合は、そのことを正直に伝えれば大丈夫。「それでも出席したい」と言ってくれる人には、「ご祝儀などのお気遣いは無用です」というひと言を添えることもお忘れなく。現地ではパーティや食事などで心尽くしのおもてなしをし、感謝の気持ちを伝えましょう。現地で購入した小物やお菓子などをプレゼントするのもいいですね。

from編集部『負担する・しないはふたりの決断でOK!』

先輩たちの声にもあったように、ゲストの旅費についての考え方は人それぞれのようです。相手との関係や予算の都合に合わせて、気楽に考えましょう。きちんと説明して納得の上なら、みんなもきっと海外ウエディング&滞在を心から楽しんでくれるはず!

海外ウエディングのためのゼクシィ発売中!

世界中の挙式会場選びから準備のしかた、気になるお金やゲスト周りのことまで、この1冊があれば大丈夫。 憧れの海外ウエディングが叶うヒントがいっぱいです!

ご購入はこちらから↓

構成・文/南 慈子
※掲載されている情報は2015年4月時点のものです
※記事内のデータとコメントは、「ゼクシィ海外ウエディング調査2014」ならびに2015年4月に調査を行ったマクロミル412人のアンケート結果によるものです

  • 結婚準備全体
  • 常識・マナー
  • お礼・お車代・交通費
  • 海外実例
  • 悩み解決
  • 安心したい
  • 海外ウエディング
Share on>

pagetop