ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. 「明日嫁ぐ娘へ」。あなたに贈る、父母のメッセージ
演出アイテム等
Share on>

「明日嫁ぐ娘へ」。あなたに贈る、父母のメッセージ

「明日嫁ぐ娘へ」。あなたに贈る、父母のメ

娘を嫁がせた経験を持つ全国のお父さん、お母さん約200人に、実際に式の前日に娘に贈ったメッセージについてお伺いしました。百人百様の想いのこもった、とっておきの娘へのメッセージはどれも心に響く名言ばかり! あなたの式前日はどんなメッセージが贈られるか。想像しながら読んでみて!

まずはメッセージを受け取った花嫁本人から!

まずはメッセージを受け取った花嫁本人から

「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバーのnicchiさんが受け取ったのは、「明日泣いたらアカンで(笑)」「バージンロードでこけないように!」というとっても人間味のあるメッセージ。ご本人曰く、「ドラマのような感動的な言葉ではないけれど、私の親らしい言葉でそれが反対にうれしかったです。普段通りの会話をすることで、私の緊張をほぐしてくれようとする気持ちが伝わってきました」とのこと。

そして迎えた翌日の式当日。あれだけ「泣いたらあかんで!」と言っていたお母さんは、ベールダウンのリハーサルで大号泣(涙)。「バージンロードでこけたらあかんで!」と言っていたお父さんは、緊張しすぎてガチガチになり、つまづきかけ……。

リハーサル後にできた家族だけで過ごせたタイミングで、nicchiさんは前日に親に言われた言葉をそのままおふたりに。「わたしからの言葉に『うんうん』とうなづきながら、涙ぐみながらも笑顔になる両親がなんだかかわいく思えました」。
「その後の本番では、ベールダウンの時に母親と目を合わせてふたりでニッコリ笑うことができ、父も無事バージンロードでしっかり歩くことができました」!

約束どおり本番では涙を見せなかった! nicchiさんとお母さん、感動のベールダウン

一番多かったのはやはり花嫁の幸せを願うメッセージ

一番多かったのはやはり花嫁の幸せを願うメ

全国のお父さん、お母さんにお願いしたアンケートで一番多く集まったメッセージは、今も昔と変わらず花嫁の明るい未来を願う「幸せに」。
シンプルなメッセージだけあって、アンケートで上がっただけでも「いつまでも幸せにね」(男性・59歳・愛媛県)、「幸せになるんやで!」(女性・57歳・京都府)、「たくさん幸せになりなさいね」(女性・60歳・神奈川県)、「ふたりで力を合わせて幸せになってね」(女性・48歳・福島県)、「君の幸せが私たちの願い」(男性・61歳・静岡県)など、個性や地域性がプラスされたさまざまなバリエーションが! 
「幸せに」。シンプルだけど、ありきたりかもしれないけれど、やはり贈っても贈られてもうれしいメッセージNo.1ですよね。

先輩夫婦として新夫婦に贈るメッセージ

先輩夫婦として新夫婦に贈るメッセージ

次に目立ったのは、これからはじまる結婚・夫婦生活についてのアドバイスメッセージ。
「協力し合って楽しい家庭にしなさい」(女性・55歳・北海道)、「結婚は易し結婚生活は難し」(男性・55歳・大阪府)、「お父さんとお母さんのようないつまでも好きだと言える夫婦を目指してください」(男性・59歳・山梨県)、「片目を閉じて相手の良い所を見つめて」(女性・65歳・東京都)など、夫婦生活で得た夫婦として末永く過ごすための知見を贈ったという人が多く見受けられました。
なかには、「以心伝心や察するというのは素敵な言葉だが、実際の結婚生活では口にして言わなければわからないことがたくさんあるので、夫婦の会話を大切に理解し合う努力をしてほしい」という想いを込めて、「夫婦に一番大切なことは会話をたくさん持つこと」(女性・58歳・神奈川県)というメッセージを贈ったという人も。同じ想いを込めたメッセージとしては「どんな小さなことでも言葉にして二人で相談しながら生活してください」(男性・59歳・秋田県)などが上がりました。

幸せな結婚生活の基本はやはり“健康”!

幸せな結婚生活の基本はやはり“健康”!

幸せな結婚生活は健康があってこそという想いを込めたメッセージも多数。
がんばりすぎる花嫁の性格を見越して贈られた「無理しないように」(女性・63歳・埼玉県)、何事も健康があってこそという想いが込められた「いつまでも健康に」(男性・62歳・兵庫県)、共働きとなる花嫁の体調を気遣った「疲れないよう、無理しないよう。そしていつまでも仲良くね」(女性・59歳・千葉県)など、花嫁の性格も状況も知り尽くした親だからこそ掛けられる健康を願ったメッセージはやはり心に響きます。

from編集部『愛情たっぷりで贈られる、親から娘へ区切りの言葉』

ご紹介したメッセージいかがでしたか? あなたの式前日はどんなメッセージが贈られるか、想像できましたか? ご自身も親のキモチを想像して、何か伝えられないかぜひ考えてみてくださいね!

取材・文/松隈草子(本誌)
※この記事に掲載のデータ・コメントは2015年1月に既婚男女208人を対象に行なったマクロミルのインターネット調査および、「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー96人が回答したアンケートによるものです ※掲載されている情報は2015年3月時点のものです

  • 挙式
  • 式直前1カ月前
  • 花嫁実例
  • 家族の絆
  • アットホーム感
  • 感動
  • ほっこりしたい
Share on>

pagetop