ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 婚約指輪・結婚指輪
  4. 婚約指輪
  5. 欲しい婚約指輪が予算オーバー……おねだりするか……うーん悩む!
ジュエリー
Share on>

欲しい婚約指輪が予算オーバー……おねだりするか……うーん悩む!

欲しい婚約指輪が予算オーバー……おねだり

結婚を決めたふたりにとって初めての大きな買い物となる、婚約指輪。一生の記念になるものだからとっておきを探したい!と夢が広がっている花嫁さんも多いのではないでしょうか。しかし気に入ったものが見つかったものの予算超え……と悩んでいる人も少なくないみたい。ここでは「予算オーバーしてしまったお気に入りを彼におねだりするか、それとも諦めるか……」なんてお悩みを抱える花嫁へのアドバイスをお届けします!

リサーチを重ねたショップで見つけたお気に入りのユ・ビ・ワ!

結婚指輪との重ね着け人気の追い風もあってか、「ゼクシィ結婚トレンド調査2017(全国推計値)」によると婚約記念品の約9割を占める婚約指輪。みんなはどうやって選んでいるの?
同調査によると、指輪探しのために足を運んだショップの平均は約3軒。さすが今どきの花嫁、好みの指輪を多く扱うショップを事前にしっかりリサーチして効率よく選んでいるよう。ということはつまり、気に入ったショップ=好みに合った指輪をより見つけやすいという構図になってるみたい。

ついに出合えたお気に入りの指輪がまさかの予算オーバー……

予算を取るか、それともおねだりすべきか。そんな状況に直面したらみんなどうする? 彼におねだりする場合の回答でもっとも多かったのは「一生に一度の記念だから」(女性・37歳・千葉県)など、一生ものであることをアピールし説得するというもの。他にはこんな意見も。

●「一生大切にするし、一番の宝物にしたいから」とアピールする(女性・25歳・群馬県)
●「もう買うことがない、一生ものだから後悔しないものがいいけど……どう思う? でも予算オーバーだよね……」と悩む姿を見せる(女性・30歳・群馬県)
●長く持ち続ける“ふたりの”思い出の品だということを伝える(女性・36歳・愛知県)
●「一生に一度、大切な人からもらうものだから一番気に入ったものが欲しい!」と伝える(女性・32歳・埼玉県)

彼にとってプラスとなる条件も加えて。素直にお願いするのも◎

おねだりする場合は彼にも喜んでもらえる条件をプラスしたり、より納得してもらえる理由を挙げられるとさらに成功率が高まる! という声が多数。また同じ状況に直面した経験のある先輩花嫁からは、「欲しいなと素直に言うのが一番!」(女性・28歳・東京都)との心強いアドバイスが。確かに本当に欲しいものなら、その気持ちは言葉や態度で彼に伝わるはず。「本当に気に入ったと伝われば、おねだりしなくても買ってくれると思う。そんなこともわからないなら夫婦にはなれないかな」(女性・31歳・東京都)なんて率直なコメントも……。
おねだりが叶った時はお礼の気持ちをコトバにして伝えたり、彼にも婚約記念のギフトをお返しするなどすれば、いっそう思い出深く、ふたりにとって意味のあるものになりますよ♪

●お返しのことを先に伝える(女性・26歳・岡山県)
●彼にもそれ相応のものをプレゼントする(女性・34歳・埼玉県)
●ずっと大事にすること。今後、高価なものはいらないことをしっかり伝えお願いする(女性・29歳・福島県)

先輩花嫁が経験した婚約指輪エピソード

●予算を少し超えていたが、彼の方がそちらのデザインを気に入ってくれたので特におねだりはしていません(女性・29歳・大阪府)
●「ちょっと高いよね?」と聞いたら、「そんなことない」と言ってもらえました(女性・30歳・滋賀県)
●好みは変わるので婚約指輪はそこそこで、10周年のスイートテンにゴージャスなジュエリーをもらうのもいいと思う。不況のせいかスイートテンはスルーな友人が多いなか、うらやましがられました(女性・38歳・東京都)

from編集部『彼に負担を掛けたくない花嫁にはこんな方法も!』

彼との愛の証だからこそ、長く愛せる好みのものが欲しいというのが女ゴコロ。しかしこだわれば、それだけ予算内に収まらない可能性もグググッとアップ。そんな予算オーバーの場面に直面したものの、「おねだりは……」という花嫁さんに耳寄りな情報を。
それは最近欧米で徐々に増えているという、購入予算の一部を花嫁が持つというもの。新しい人生のスタートを飾る婚約指輪をふたりで協力しあって購入する。そうすることでより絆が深まるというのが本来の意味とのことですが、これなら元の意味を踏まえつつオーバー分も補えちゃう、いいコトずくめの方法かも?

取材・文/松隈草子(本誌)
※この記事に掲載のデータ・コメントは「ゼクシィ結婚トレンド調査2017(全国推計値)」および、2014年10月に既婚女性197人を対象に行ったマクロミルのインターネット調査によります。

  • 挙式1年前
  • 婚約指輪
  • 結婚決まりたて
  • テンションあげたい
Share on>

pagetop