ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 婚約指輪・結婚指輪
  4. 結婚指輪
  5. 結婚指輪、24時間着けっ放しにしていませんか?
ジュエリー
Share on>

結婚指輪、24時間着けっ放しにしていませんか?

多くの人が日常的に身に着けている結婚指輪。正しい身に着け方を知らない人は、実は意外に多いのではないでしょうか。24時間着けっ放しでいいの? あるいは家に帰ったら外した方がいいの? 結婚指輪の身に着け方について考えてみました。

結婚指輪、みんなはどう身に着けているの?

イラスト

結婚指輪の身に着け方について、先輩カップルにアンケートを取ってみたところ、24時間身に着けているという人は女性で39%、男性で33%という結果に。24時間ずっと身に着けているという人は意外にも少ないという結果になりました。

24時間身に着けているという人は、「なくすのが嫌」「外すのが面倒」などをその理由に挙げています。また、女性では「結婚指輪を見ていると幸せな気持ちになれるから」という声も。

一方、24時間身に着けないという人は、「家事や育児のときは邪魔。汚れたり、傷ついたりするのが嫌」という理由を挙げる人が目立ちました。

結婚指輪は24時間身に着けるのがいいのか、それとも外した方がいいのか、一体どちらが正しいのでしょうか? 

一般社団法人日本ジュエリー協会認定 ジュエリーコーディネーター1級の岡本有紀子さんにお話を伺いました。

指輪のデザインによっては24時間着けてもOK

イラスト

「24時間着けるか着けないか、どちらが正しいというのはありません」と岡本さん。「むしろ指輪によって24時間身に着けられるものと、着けられないものがあると考えていただく方が分かりやすいと思います」。

24時間身に着けられる指輪とは、日常的に身に着けていて邪魔にならないデザインの指輪とのこと。「何も飾りのないシンプルなリングのほか、ダイヤモンドが飾られていても少数だったり、しっかり留められていて、引っ掛かりがなかったりするデザインなら、24時間着けていても大丈夫ではないでしょうか」。

ちなみに、岡本さんの結婚指輪はゴールドのアームにダイヤモンドが1粒飾られたシンプルなもので、24時間着けっ放しだそう。

一方、ダイヤモンドがたくさん付いた華やかなデザインの指輪やエタニティリングなどは、「家事などをする際には邪魔になると思いますし、指輪自体も傷みやすくなるので、基本的には家にいるときは外した方がいいですね」とのこと。

「もし24時間身に着けたいと考えるのであれば、シンプルな指輪を選ぶのがお勧めです」。

24時間身に着ける際に気を付けたいこと

24時間身に着けると指輪は皮脂やほこりなどが付き、地金やダイヤモンドの輝きが鈍くなってきます。「なんだか輝きが鈍くなってきたなと感じたら、柔らかい布で優しく拭き取るのがお勧め。これだけでもかなりきれいになります。

ダイヤモンドの曇りが気になる場合は、コップ一杯の水に中性洗剤を数滴落とした液に指輪ごと浸して、柔らかい歯ブラシなどでこするといいでしょう。リングの裏側にも汚れが付着しているので、こちらも忘れずに。最後は水ですすいで、柔らかい布で水分を拭き取ります」(岡本さん)

家事や力仕事のときは外すのがお勧め!

イラスト

24時間身に着けられる指輪であったとしても、外した方がいいシーンもあるとのこと。「衛生面の観点から、料理をするときは外した方がよさそうです。洗い物をするときは、洗剤のせいで指輪が抜けやすくなるので、紛失を防ぐ意味でも外すのがお勧め」と岡本さん。

また、掃除の際も研磨材などで指輪の表面に傷が付くことも考えられるので、大掃除の際などは外した方が無難とのこと。

「力仕事の際も変形しやすいので、外した方がいいでしょう。力が手に加わった際に変形しやすいので、テニスやゴルフなど道具を使うスポーツも要注意ですね」。

また、温泉に入るときも注意が必要とのこと。「純プラチナや純金では変色の心配はないのですが、指輪の強度を高めるために銀や銅などが合金として含まれている場合は、温泉の成分に反応して変色する可能性がありますのでご注意を。同じ理由で入浴剤にも気をつける必要があります。

温泉や入浴剤で変色した場合、磨き直すことで元の輝きに戻りますが、合金の割合や種類、純度などによって反応の程度が異なりますので、購入する際には対策について聞いておくといいと思います」。

なお、喪の席では結婚指輪は身に着けていて問題ないといわれていますが、「エタニティリングなど、あまりにきらびやかなリングは結婚指輪といえども外した方が無難ですね」。

外したときになくさないようにするには?

24時間身に着ける派が気にするのが、「外したときになくすのでは?」ということ。「そうならないためには、外したときに置く場所をしっかり決めておくことが大切。リングピローなどを用意し、外したらそこに置くことを習慣付けるのが、指輪をなくさないコツです」(岡本さん)

From 編集部

シーンに応じて着脱するのがきれいに保つコツ

結婚指輪の美しさを保つには、家事や力仕事、スポーツをするときなどシーンに応じて外すのがいいようです。「基本的には24時間着けっ放しにしたい」と考えるのなら、シンプルな結婚指輪を選ぶのがお勧め。

岡本さんの顔写真
Profile

岡本有紀子さん 一般社団法人日本ジュエリー協会認定 ジュエリーコーディネーター1級

夫婦でオカモトジュエリーを経営。オーダーメイドのブライダルリングやジュエリーのリフォームなどを手掛けています。客室乗務員の経験を生かした親切丁寧な接客と、使いやすさを考慮した女性目線でのデザインの提案が好評を博しています。

構成・文/粂 美奈子 イラスト/伊藤ハムスター 監修/岡本有紀子
※記事内のデータは、2017年6月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー92人が回答したアンケートによります
※掲載されている情報は2017年7月時点のものです

  • 挙式半年前
  • 結婚指輪
  • 新婚生活始めたて
  • 常識・マナー
Share on>

pagetop