ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. 【花婿専用】「失敗したくない」なら、プロポーズ用リングが正解!
ジュエリー
Share on>

【花婿専用】「失敗したくない」なら、プロポーズ用リングが正解!

ふたりの人生の節目となるプロポーズ。彼女に喜んでもらいたいと計画を練る際、頭を悩ませることの一つが婚約指輪を用意するか否か。彼女の好みも、指輪のサイズも分からないし……と、不安に思う人も少なくないだろう。そんな男性の悩みを解消する方法を探ってみた。

女性はプロポーズの「箱パカ」に憧れている!

9割の女性が箱パカを求めるというグラフイラスト

女性はプロポーズのときに、婚約指輪の箱を差し出してプロポーズをするという、いわゆる「箱パカ」に憧れているという答えが9割を占めるという結果に! 一方、男性は約6割がプロポーズに婚約指輪を用意することについて否定的。その理由としては、「サイズや好みが合わなかったら困る」が多かった。
そこで、何か解決策はないかと、すでにプロポーズを終えた先輩に話を聞いたところ、「プロポーズ用リング」なるものの存在が浮かび上がってきた。

「プロポーズ用リング」ってなに?

男女二人が一緒にリングのデザインを選んでいる様子イラスト

「プロポーズ用リング」とは簡単に言うと、プロポーズでは仮のリングを使用し、プロポーズ後に本物のリングをふたりで選ぶことができるというもの。
ダイヤモンドだけは事前に男性が選び、後日、枠の部分をふたりで相談して選べるという形を取る所が多いようだ。
実際のところの「プロポーズ用リング」のメリットや、受け取ることになる女性の反応などを探ってみることにしよう。

【メリット1】女性の憧れ「箱パカ」が叶う

箱パカして男性がプロポーズしているイメージイラスト

彼女の指のサイズやどんな指輪が欲しいのかを、彼女に知られずにリサーチするなんて、はっきり言って無理という男性がほとんどだろう。
だが、「プロポーズ用リング」ではプロポーズ時のリングはあくまでも仮なので、彼女の指のサイズや好みがわからなくても問題なし! 彼女の前にひざまずき、指輪のケースをパカッ!っと開けてプロポーズ……まるで映画のワンシーンのような体験を、ノーリスクで彼女にプレゼントすることができる。

「箱パカ」はプロポーズの王道。女性にとって永遠の憧れです!(36歳/パート・アルバイト)

「箱パカ」はプロポーズの王道。女性にとって永遠の憧れです!(36歳/パート・アルバイト)

ドラマで見る「箱パカ」のシーンに憧れます。やってもらえれば、結婚するんだという実感が湧くと思います。(21歳/学生)

ドラマで見る「箱パカ」のシーンに憧れます。やってもらえれば、結婚するんだという実感が湧くと思います。(21歳/学生)

【メリット2】彼女にデザインを選んでもらえる

デザインが変更になっているリングのイラストイメージ

「プロポーズ用リング」では、ダイヤモンドだけを先に選び、枠のデザインは後から選択できるシステムが多い。
彼女の好みが分からない、大切な指輪だからふたりで選びたいという男性も安心だ。サイズ直しにも対応してくれるので、サイズが分からないという場合も問題ない。

「箱パカ」は憧れだけど、デザインやサイズが合わないのはもったいない。だから、「プロポーズ用エンゲージリング」はありだと思います。

「箱パカ」は憧れだけど、デザインやサイズが合わないのはもったいない。だから、「プロポーズ用リング」は有りだと思います。(28歳/会社員)

プロポーズのときに指輪を贈られるのは女子の憧れ。高価なものなので、後で一緒にデザインを決められるのは、こだわりのある人にとっては嬉しいと思います。(32歳/会社員)

指輪は高価な物なので、後で一緒にデザインを決められるのは、こだわりのある人にとっては嬉しいと思います。(32歳/会社員)

【メリット3】損をしないどころか、嬉しいサービスも!

正規のリング代からプロポーズ用リング代が引かれて得しているイメージイラスト

少し心配になるのがお金のこと。
ショップによって異なるが、「プロポーズ用リング」にはサービスが付加されていることが多い。例えば、仮リングの費用は実際の婚約指輪の代金から差し引いてくれたり、仮リングに別のストーンをアレンジしてプレゼントしてくれるなど。

正式な指輪の費用から仮の指輪の費用が引かれるなら、無駄にならないのでよいいと思います。(25歳/学生)

正式な指輪の費用から仮の指輪の費用が引かれるなら、無駄にならないのでいいと思います。(25歳/学生)

実際に体験したカップルに話を聞いてみた!

とはいえ、そんなにうまくいくの?と、まだまだ不安に思う人もいることだろう。そこで、実際に「プロポーズ用リング」を使って、プロポーズした&されたというカップルに話を聞いてみた。

「ずっと着けていてほしいから」という彼の優しさにきゅん!

カップル写真

左:円香さん 右:貴則さん

プロポーズでは「婚約指輪を用意したい! でも、彼女が喜んでくれるデザインを選ぶ自信がない……」と悩んでいた貴則さん。
そんなときに目に留まったのが「プロポーズ用リング」。

当日は、夜景の見える展望台で、ひざまずいてプロポーズ!
「やはり『箱パカ』は憧れだったので、ものすごくうれしかったです」と円香さん。
キラキラと輝く指輪をうっとりと眺めながら、円香さんはそれがプロポーズ用リングだとはまったく気が付かなかったそう。

プロポーズの興奮が収まってから、貴則さんから「実は……」と告げられてびっくり。
「ずっと着けていてほしいから、好きなデザインを選んで欲しい」と伝えられた円香さんは、「私の気持ちを第一に考えてくれた彼の優しさに、きゅんとしました。実は憧れていたデザインもあったので……」と、再度うれしさが込み上げてきた。
後日、実際にふたりで仲良く店舗を訪れ、少しウエーブがついたラインの婚約指輪をチョイスした。

「ロマンチックなプロポーズをしてもらった上に、彼の深い愛情にも触れられ、自分の好みの婚約指輪も手に入れることができました。こんな幸せなことはありません!」(円香さん)

どんな「プロポーズ用リング」がある?

いいことずくめの「プロポーズ用リング」。ジュエリーショップによってシステムは微妙に異なってくるので「プロポーズ用リング」でプロポーズをしようと思ったら、まずは情報収集を。
ここでは、参考までに、プロポーズ用リングを扱うショップと、それぞれのシステムをご紹介。

シライシ
ルミナーレ(ケイウノ)

■写真1枚目 銀座ダイヤモンドシライシの場合
・ダイヤモンドを先に選び、サイズ調整可能な枠(リング)に留める
・後日、好きな枠(リング)を選び、ダイヤモンドを付け替える

■写真2枚目 ケイウノ ブライダルの場合
・3種類のリングデザインから1種類を選び、好みのダイヤモンドを留める(写真のデザインはメビウス)
・後日、3種類の中ならば無料でリングデザイン変更可能
 その他のデザインが希望の場合は、差額をプラスする

【写真1枚目】
プロポーズ用リング1万5000円+ダイヤモンドの料金(正式なリングの枠代は別途)/銀座ダイヤモンドシライシ

【写真2枚目】
20万8000円(Pt950、0.2ct)/K.UNO BRIDAL(ケイウノ ブライダル)

Shop list

K.UNO BRIDAL(ケイウノ ブライダル)

03-5731-9107

11:00~19:00 ※日曜・年末年始除く

銀座ダイヤモンドシライシ(銀座本店)

03-3567-5751

取材・文/粂 美奈子 イラスト/二階堂ちはる 構成/小森理恵(編集部)
※掲載されている情報と商品の取り扱いおよび価格は2018年2月時点のものです
※文中の略語は以下の意味となります。Pt=プラチナ ct=カラット
※価格はダイヤモンドの大きさやグレード、指輪のサイズ、地金の相場によって変動することがあります
※記事内のデータならびにコメントは2017年12月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー104人が回答したアンケートおよびマクロミル会員103人へのアンケート調査によるものです

  • プロポーズ
  • 婚約指輪
  • 結婚決まりたて
  • 悩み解決
  • 思い出
  • 頑張りたい
婚約指輪を探してみる
Share on>

pagetop