ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 二次会
  4. 「ふたりの負担額は? 景品代は?」 二次会のお金Q&A
演出アイテム等
Share on>

「ふたりの負担額は? 景品代は?」 二次会のお金Q&A

「ふたりの負担額は? 景品代は?」 二次

出席してくれるゲストにあまり負担を掛けたくないから、会費はできるだけ抑えたいけれど、ふたりで全てを出すわけにもいかない……。二次会のお金のやりくりは結構大変です。会費ってどうやって決めるの? 景品代やプチギフト代ってふたりが出すべき? そんな二次会のお金に関する疑問にズバリお答えします!

二次会にかかる費用にはどんなものがあるの?

まずは二次会を行うと、どんな費用が発生するか、把握しましょう。
1 会場に支払うお金(料理、飲物、会場使用料、機材使用料など)
2 プチギフト代(1人200~400円)
3 ゲームやクイズの景品代
4 会場装飾代(装花、ウエルカムボードなど)
5 新郎新婦の衣裳代
6 新婦の二次会用ヘアメイク代
7 幹事会の飲食代
8 幹事さんへのお礼(1人3000~5000円)
9 結婚式会場から二次会会場までのタクシー代
10 その他(プロに頼むスナップ写真、ビデオ撮影代、二次会幹事代行業者費用など)

二次会の費用のメインは1。料理や飲物、プチギフト代はゲスト人数によって、景品代は景品のグレードや用意する数で変動します。装花は、持ち込みOKの会場なら、結婚式で使った花を使い回しすることによって費用をゼロにすることも可能。会場使用料や機材使用料、人数に関係なく支払わなくてはいけない最低保証金額の有無や金額は会場によって異なるので、予約する前に確認しておきましょう。
ちなみにダンドリ的には、会場決定まで新郎新婦側で行い、その後の準備から幹事と相談しながら進めるのが一般的。こうすれば、幹事への負担が減り、ふたりとの話し合いもスムーズに。

新郎新婦はどのくらい負担したらいい?

まずは二次会にかかる費用の中でも、新郎新婦側が負担する範囲を決めましょう。
新郎新婦の衣裳代やヘアメイク、幹事さんへのお礼、会場までのタクシー代、プロに頼むスナップ写真、ビデオ撮影代は自分たちで負担を。ふたりが幹事にお願いして引き受けてもらうのだから、幹事会の飲食代もふたりが負担したいところ。
料理・飲物代は会費から出しますが、プチギフトや景品はケースバイケース。これらも会費から出し、足りなかったら、ふたりが出すという人たちが多いようですが、「参加者の負担を少なくしたい」という理由で、ふたりが出すケースもあります。
この他、当日欠席などで赤字になった場合も新郎新婦側で負担しましょう。

会費はどうやって決めたらいい?

●会場の二次会プランに1人あたり1000~2000円上乗せ
大概の会場では、1人いくらという二次会プランがあります。その金額にプチギフトや景品代、装花などのオプションに使うお金として1000~2000円プラスした金額を会費に。男女差をつける場合、1000~1500円男性を高くするケースが多いよう。この場合、足りなかった分を新郎新婦が負担します。

●ふたりが今まで参加した二次会の会費の相場にする
二次会の会費の相場は地方によって違うし、カジュアルな居酒屋と高級なホテルでは違って当然。そこで、地元で参加した二次会の会費を参考に、「この会場で、この程度の料理と飲物ならこのくらい?」と、妥当な金額を考えて設定する。悩んだら参加した二次会会費の平均的な金額にする方法も。こうして決めた場合、予算内でできることを考えてやりくりし、会費で賄えなかった分を新郎新婦の負担に。

●総額から新郎新婦が負担する金額を引いて人数割り
新郎新婦が出せる金額が決まっている場合は、二次会にかかる費用からその額を引いて、ゲスト数で割ります。男女差を付けるなら、出た金額から女性500円引き、男性500円アップなど、プラスマイナスして。ふたりが「景品代とプチギフト代を負担する」と決めたら、それ以外にかかる費用を予測し、人数割りして会費を出します。ただし、金額が半端だと、当日お釣りに困るので、キリのいい金額に。

収支を予想する場合はここに注意

●ゲスト数は招待する人数より少なめに計算
きちんと出欠確認をしても、当日欠席者が5~10%くらい出る可能性が。予定人数で計算すると、欠席者分が赤字になることがあるので、人数は少なく見積もりましょう。
●幹事と新郎新婦の飲食代を忘れずに
当日ゆっくり食事をしている暇もない幹事の会費は無料にするのがお約束。新郎新婦の分については無料にしてくれる会場もありますが、そうでないところも。幹事と新郎新婦の飲食代は会費から出すようにするか、ふたりが負担しましょう。

新郎新婦の衣裳代や二次会用ヘアメイク代ってどのくらい?

結婚式で着たレンタルのドレスやタキシードを二次会でも着ると、延長料が掛かるケースが多い。その金額はもともとの衣裳代の20%前後が相場で、ふたり分の衣裳代が30万円なら6万円前後に。シンプルな二次会向きのドレスを新たに借りても5万円前後は掛かるので、衣裳代だけで数万円の予算をとっておきたい。二次会用にヘアメイクをチェンジする場合の費用は結婚式をする会場によって異なるが、5000~1万5000円と考えておきましょう。

幹事さんにはどんなことを気遣ったらいい?

幹事さんには役割分担の話に加え、お金の話もきちんとすること。新郎新婦から「幹事の会費は無料にしてね」と話し、最初の幹事顔合わせの時、必要経費を先渡しすれば、幹事さんは安心します。
この他、結婚式で使ったウエルカムボードや会場装花を二次会会場に運んでもらうためのタクシー代を出してあげたり、二次会後、新郎新婦負担で幹事の慰労会をしたり、帰りが遅くなるからと、幹事さんが宿泊するホテルを用意してあげたり……。これが幹事との信頼関係を築く秘訣です。
逆にお金のことまで幹事任せにし、「赤字が出ないようにしてね」とプレッシャーをかける新郎新婦はNG。時間と労力をかけて準備してくれる幹事さんへの思いやりを忘れないように。

from編集部『ゲストにも優しい新郎新婦になりましょう』

「自分たちの負担を軽くしたいから」といって会費を高くすれば、ゲストにしわよせがいってしまい、出席する人が少なくなってしまう可能性も。一方、「お金が掛けられないから」といって景品代をケチると、ゲームやクイズが盛り上がりません。男性と女性の会費の差を大きくすれば、男性の不満が大きくなるでしょうし、同じ金額だと、今度は女性から不満が。このようにゲストの気持ちになって考えることも忘れないで。

「二次会会場を探す/首都圏・東海・関西」

取材・文/渡邊博美

  • 二次会
  • 打ち合わせ開始期
  • お金の疑問
  • 安心したい
Share on>

pagetop