ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 婚約指輪、結婚指輪
  3. 結婚指輪の基礎知識
  4. 素材とデザインが関係? 結婚指輪の価格の違い

素材とデザインが関係?
結婚指輪の価格の違い

安い結婚指輪は大丈夫?結婚指輪の価格の違い

幅広い価格帯で展開される結婚指輪(マリッジリング)。その価格を左右する要素は素材とデザイン? 本記事では素材と価格がどのように結婚指輪の価格に影響するかをご紹介。

結婚指輪の素材って?

デザインは納得がいくものを

結婚指輪の素材は プラチナまたはゴールドが定番 。あるいは、 ゴールドとプラチナを組み合わせたコンビ(コンビネーション) リングもある。

素材だけで見ると 価格の高い順にプラチナ、コンビ、ゴールド となる。

混ぜる金属の量によっても価格が異なる

素材で価格が変わる?

プラチナやゴールドはジュエリーとして加工する場合、強度を増したり、扱いやすくしたりするために、銀や銅など他の金属を混ぜることが多い。

プラチナはパラジウムやルテニウム、イリジウム、銅、コバルトなどを混ぜることが多い。混ぜる割合は5〜15%程度で、純度が低くなるほど価格はお手頃になる。ちなみに、Pt900とは純度90%のプラチナという意味。

ゴールドはK18が一般的。K18とは純度85%という意味。混ぜる金属やその割合によって色みが変わるのが特徴。プラチナと同様、純度が低くなるほど価格はお手頃になる。

凝ったデザインの方が価格は高くなる

結婚指輪のデザインはバリエーション豊か。何も装飾のないシンプルなストレートリングから複数のメレダイヤがあしらわれた華やかなものまで揃っている。

凝ったデザインになればなるほど価格は高くなる 。デザインが複雑になれば工賃も高くなる上、メレダイヤや地金の使用量も増えるので、その分の価格も上乗せされる。

長く身に着ける結婚指輪はお気に入りを選んで

結婚指輪は結婚式で交換してから基本的には毎日身に着け、ふたりの愛の誓いを形にしたもの。 長く身に着けるものだからこそ、ふたりが気に入ったものを選びたい

ふたりで悩み、相談しながら結婚指輪を決めたことは、かけがえのない思い出に。ふたりで相談して決めた結婚指輪を見れば、当時のことを思い出して幸せな気持ちになれるのでは?

結婚指輪の価格の違いまとめ

  • 素材によっても価格が変化
  • デザインによって価格が変化
  • 結婚指輪は長く身に着けるものだからお気に入りを選びたい