ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. [動画]簡単おしゃれな「マーキー☆ライト」の作り方~DIY Wedding Items vol.1~
演出アイテム等
Share on>

[動画]簡単おしゃれな「マーキー☆ライト」の作り方~DIY Wedding Items vol.1~

マーキーライトの写真

夕方から夜にかけてスペースを彩る「マーキーライト」。「手作りでできるの?」、そんな花嫁の声が聞こえてきそうですが、実は作り方は簡単。ふたりのイニシャルだけでなく「Thank you!」「Hello」など、メッセージを作るのもおすすめ。会場入り口のウェルカムスペースやフォトブースに飾って、ゲストを驚かせてくださいね。
結婚式での役目を終えたらインテリアとして使えるのも嬉しいアイテムです。

step1 アルファベット形のオブジェの基礎を作る

[contents]
1. アルファベットをプリントした用紙とボウル紙をマスキングテープでとめる
紙をしっかり押さえ、定規を使ってアルファベットの形に切り取る
厚紙をカットし、側面になる6cm幅の短冊を作る

step2 オブジェを組み立てて電球をつける

[contents]
2. Tに切り抜いたボウル紙に、ライトを付ける位置に等間隔にシャープペンシルで印を付け、目打ちを使って、直径5mm程度の穴をあける
3. 作った短冊にテープを付けて、垂直になるよう土台に貼り付ける
4. 好みのスプレーで色を付けてゆく

<1日置いて涼しい場所で乾かす>
5. 乾いたら豆電球を後ろから差し込み、1つ1つテープでとめたら完成!

[point]
カラースプレーは家の中など狭い場所では飛散してしまうので、庭などの広いところで行いましょう

【アルファベット1字の材料】

材料カット

[ 制作時間 /約40分(乾燥1日)]

1. カッティングボード
2. ボウル紙(厚手で湾曲しにくいB4紙)……1枚
3. 厚紙(厚手で少ししなるB4の紙)……1枚
4. アルファベットを印刷したA4用紙……1枚
5. シャープペンシル
6. カッター
7. 目打ち
8. 消しゴム
9. マスキングテープ(5cm幅の物)
10. スプレー缶……1本
11. バッテリー付き豆電球(10球付きのもの)……1つ

※アルファベットによっては厚紙・ボウル紙は数枚必要です
※材料の数は今回の制作に使った1文字分の目安の数値になります

【作業前に準備しておくこと】
作りたいアルファベットの文字を紙にプリントアウトする

From Stylist

「R」「O」などの丸みのあるあるアルファベットを作るときは、湾曲しやすい厚紙を選ぶとスムーズです

From編集部 “プロみたい“な仕上がりに驚きました!

撮影中、完成したマーキーライトが点灯した瞬間、スタッフからも歓声が上がるほど作り手側にも感動のあるウエディングアイテム。
編集Kは結婚式の予定はないけれど、自分用を作ってみようと心に決めたところです。「アルファベットをいちから作るのは大変だから……」という花嫁さんはキットを利用してもOK。ライトがピカッと光っているだけで、異空間が生まれる瞬間をぜひ取り入れてほしいです!

取材・文/根本美緒、小林有希 撮影/花盛友里 スタイリスト/川島ゆき イラスト/hipBORNtwin 音楽/奥野彩子 画像編集/J. デザイン/高安晶子 撮影ディレクション・構成/小林有希(編集部)
※掲載されている情報は2016年2月時点のものです

  • 結婚準備全体
  • 結婚準備全体
  • 遊び心のある
  • カジュアル
  • おしゃれ
  • もてなし
  • 思い出
  • 照明・雑貨・その他
ウエルカムアイテムを探してみる
Share on>

pagetop