ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. [ご多忙カップル向け]怒涛の結婚準備を乗り切る「ふたりノート」活用術
演出アイテム等
Share on>

[ご多忙カップル向け]怒涛の結婚準備を乗り切る「ふたりノート」活用術

念願のプロポーズからの、結婚準備スタート! とはいっても、毎日電話する時間もないほど忙しい私たち、結婚式の準備なんて無理かも……。そんなご多忙カップルさんでも、ゼクシィアプリの機能「ふたりノート」を使えば、スムーズに準備が進められるんです。その賢い使い方を、レクチャーします!

「ふたりノート」とは?

「ふたりノート」は、彼と彼女のゼクシィアプリを連携させてさまざまな情報を共有できる機能。どちらかから招待メールかLINEを送り、相手が承認することでふたりだけの共有画面が使えるように。
共有できるのは、結婚式までのカウントダウン、これからやることのリストやダンドリの進み具合、お気に入りの会場やリングのクリップなどの情報。うまく使いこなすと、ふたり揃った時間が取れなくても、結婚準備が進められる。
ゼクシィアプリ記事「アプリがつながるって便利&楽しい!『ふたりノート』を使おう」も参考にして。

<登場カップル>

atuo

アツオ (31歳)

高校の体育教師で野球部の部活顧問。県大会優勝を目標に、毎日熱血指導している。夜は練習メニューを練り直すのが日課。結婚式は挙げるつもりだが、教え子の試合スケジュールが優先。結婚式の準備はなんだか大変そうだと戦々恐々。

rika

リカ (29歳)

総合病院の産婦人科で働く看護師。休日は4日に1回、睡眠ゼロの泊まり勤務もある。アツオとの結婚式はきちんとやりたいが、お互いの休日がなかなか合わないのが悩み。勤務日はメールやLINEを見る暇もなく、深夜の帰り道にアツオに電話するのが日課。

ご多忙カップルは、最初のスケジュール設定が肝心!

日取りを決められないアツオへ、リカから「ふたりノート」招待メールが…

1

「忙しくて予定が分からない!」と式が先延ばしになりそうなら、先に結婚式の日取りを設定するのが正解。ご多忙カップルの場合は、1年後の大型休暇前後が設定の目安。どんなに忙しくても1年あれば、その間に夏季休暇、年末年始休暇、ゴールデンウイークなど何度かまとまった休みが取れる。結婚準備は長期休暇を利用して進めよう。
「ふたりノート」に結婚式の日を登録すれば、次にやることをアプリが教えてくれるから、いつ何をするべきかを自分で調べなくてOK。忙しいふたりにとって、結婚式準備の強い味方に!

スケジュール確認に使いました!

花嫁1

「ふたりノート」は、いつのタイミングで何をすればよいのかを把握するのに、彼と一緒によく使っていました。彼は「ふたりノート」を見てその都度情報を共有できたのが便利だったみたいです。(まおさん)

会場選びはクリップして候補を選定、見学は現地集合で!

リカがクリップした会場のフェアをアツオが予約してくれて…

2

休日が同じふたりなら、雑誌をめくりながら一緒に会場を検討できるものの、ご多忙カップルだとそれも至難の業。そんなときは「ふたりノート」の会場クリップ機能を活用して。どちらかが気に入った会場をクリップすると、相手にも表示されるから、好みを擦り合わせるのに便利。
また、ゼクシィアプリからブライダルフェアの予約をすると、「ふたりノート」にそのスケジュールが表示されるから、相手が予約してもすっぽかしてしまう心配なし。予約の取り消しもできるから、急な予定変更も大丈夫。丸一日スケジュールが合わないときは、現地集合で乗り切って。

会場クリップ、役立ちました!

花嫁2

「ふたりノート」を使い始めたのは、会場選びの前から。「会場選び前にイメージを固めておくといい」とゼクシィに書いてあったので、「ふたりノート」を使って、お互いに好みをストックしていくようにしました。お互いの憧れがどんな感じなのか、目に見えて非常に助かりました。私だけでなく、彼の憧れも知ることができ、なんだか嬉しかったです。会場見学の際の擦れ違い防止にも役立ったと思います。(ももさん)

花嫁3

プロポーズを受けた翌週に「ふたりノート」を登録。その時はまだ式を挙げる時期は決まっていなかったものの、会場選びと指輪選びを最優先にして動き始めました。平日はお互い仕事が忙しかったので、気に入った会場をクリップしあって週末にふたりで検討。LINEだといちいちリンクを送るのが面倒ですが、アプリだと共有できるので便利でした。(なっちゃんさん)

リングはそれぞれ好みをクリップ。ひとりで下見して、最終決定はふたりで

アツオはひとりでショップへ。リカは婚約指輪はいらないって言ってたけど…

3

結婚指輪はずっと着けるものだから、お互い納得の上で選びたいもの。ジュエリーショップを何軒も一緒にハシゴする時間なんてない!というふたりにも、「ふたりノート」はお役立ち。
お互いに好みのリングをクリップしていくと、色やデザインなど大まかな傾向が分かるように。金額も載っているので、予算の範囲内かどうか一目瞭然。婚約指輪もクリップして、彼に希望を伝えるのもアリ!
来店予約もゼクシィアプリからできるから、それぞれ空いた時間に見にいこう。

リング選びにも、利用しました!

花嫁4

結婚指輪のデザインを絞っていくのに便利でした。お互いに好みのリングをクリップして写真を見せ合うことで、どんなデザインが好きなのかが分かり、指輪のイメージを固められて良かったです。(まおさん)

できることはひとりで進めてOK! ダンドリチェックで準備の達成度を確認

仕事に熱中しているアツオを尻目に、リカはひとりで着々と準備を進めて…

4

休日が合わなかったり遠距離だと、ふたり揃って準備をするのは難しい。ひとりでどんどん進めると、後で「言った」「聞いてない」の不毛なケンカに……。
「ふたりノート」のダンドリ機能でやったことをチェックしていけば、結婚式までの準備が何パーセント完了したかが双方に表示されるから、ケンカの心配もなし。お任せした側も、準備の進み具合が数値やリストで見えると、「やってくれているんだ」と実感できて、感謝の気持ちに。

ダンドリチェック、便利でした!

花嫁4

結婚式の日取りが決まってからすぐに「ふたりノート」を使い始めました。更新はほとんど私でしたが、今どこまで進んでいるのかを彼にもチェックしてもらうことで、いろんな話し合いもしやすかったです。結婚式に向けて彼と一緒に準備を進めている実感が得られたのが良かったです。(shioriさん)

From 編集部

「ふたりノート」を使って効率的な結婚準備を

ふたりの結婚準備とはいえ、忙しいカップルだと必ずしも一緒には取り組めないことも。そんなときには「ふたりノート」をうまく使ってみて。これから始まる結婚生活は、お互い助け合いの連続。忙しさに負けず、力を合わせて頑張ろう!

構成・文/稲垣幸子 イラスト/つぼゆり

※掲載されている情報は2019年2月時点のものです
※記事内のコメントは、2019年1月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー94人が回答したアンケートによるものです

  • 結婚準備全体
  • 結婚決まりたて
  • ダンドリ
  • 花嫁実例
  • 悩み解決
  • スッキリしたい
Share on>

pagetop