ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ビューティー・ブライダルエステ
  4. ヘアメイク
  5. 【結果発表】#2019挙式 花嫁ヘア“悩みがち問題”3Answer|後編
ビューティー
Share on>

【結果発表】#2019挙式 花嫁ヘア“悩みがち問題”3Answer|後編

【結果発表】#2019挙式 花嫁ヘア“悩みがち問題”3Answer|後編

プレ花嫁が抱える「結婚式の髪型、どうする!?」問題を解決すべく、最新のブライダルヘア事情についてリサーチ&レポートの後編。髪型やヘアアクセサリーにまつわる2択アンケートの投票結果を大発表しちゃいます☆記事最後にはヘアメイクのプロに聞いた「花嫁ヘアに効く3TIPS」も紹介! ぜひチェックして。

前髪どうする
「上げる?」「おろす?」

「おろす・ながす派」が多数!

前髪を上げておでこを出すと縦長シルエットになるので大人っぽく、おろすと可愛らしい印象に…。イメージがガラッと変わるからこそ、みなさんギリギリまで悩んでいるよう!

前髪を上げておでこを出すと縦長シルエットになるので大人っぽく、おろすと可愛らしい印象に…。イメージがガラッと変わるからこそ、みなさんギリギリまで悩んでいるよう!

花嫁Voice

前撮りで前髪を上げたので、式本番ではおろしてサイドに流す予定。どっちもできるので大満足!(オレンジみーこさん)

たくさんの人に相談して、似合うと言ってもらえた前髪を上げるスタイルに決定。式直前に長さは変えられないので数か月前から考えておくべき。(ホーマーさん)

前撮りで前髪を上げたので、式本番ではおろしてサイドに流す予定。どっちもできるので大満足!(オレンジみーこさん)

前撮りで前髪を上げたので、式本番ではおろしてサイドに流す予定です。どっちもできるので大満足!(オレンジみーこさん)

メインでつけるアクセサリーは
「ティアラ?」「花?」

「ティアラ」が圧倒的多数!

/s/contents/article/kuchikomi/Bride2.jpg

王道アイテムのティアラとフレッシュな花飾り、どちらもTHE花嫁なアクセサリーだから迷ってしまうもの。式場の雰囲気を優先してアクセサリーを決めている人も多かった。

花嫁Voice

先輩花嫁さんに譲ってもらったティアラをつけました。ティアラのデザインによって髪型が変わるのでアクセサリーから決めるのも手。(ぷぇさん)

アラフォーなのでヘアもドレスも落ち着いた感じにしたくて……。クラシカルなドレスの刺しゅうとリンクした花をつけるつもりです。(かいんさん)

先輩花嫁さんに譲ってもらったティアラをつけました。ティアラのデザインによって髪型が変わるのでアクセサリーから決めるのも手。(ぷぇさん)

先輩花嫁さんに譲ってもらったティアラをつけました。デザインによって髪型も変わるので、ヘアスタイルかアクセサリーのどちらかを優先するとスムーズにから決められそう。(ぷぇさん)

自分らしいヘアスタイルで優先するのは
「クラシカル?」「トレンド?」

「トレンド」も意識した花嫁ヘアが人気!

自分らしいヘアスタイルで優先するのは?

伝統的なアップヘアもいいけれど、トレンドのカジュアルなヘアアレンジもやってみたい。お色直しのタイミングで髪型を変えて、ガラッとイメチェンするという声も目立った。

花嫁Voice

インスタグラムで検索して、トレンドのローポニーテールに。ヘッドドレスも映えそうだし、親族ウケもよさそうなところが決め手。(すぷりんぐさん)

屋外での挙式のため、風で髪型が崩れないようにスプレーでしっかり固めたクラシカルなヘアスタイルに。室内の披露宴ではゆるふわヘアにしました。(kanankaさん)

インスタグラムで検索して、トレンドのローポニーテールに。ヘッドドレスも映えそうだし、親族ウケもよさそうなところが決め手。(すぷりんぐさん)

インスタグラムで検索して、トレンドのローポニーテールに。ヘッドドレスも映えそうだし、親族ウケもよさそうなところが決め手です。(すぷりんぐさん)

それでも迷ったら…
プロに花嫁ヘアに効いた3TIPS

TIPS1 髪型のイメージ写真を用意する

それでも迷ったら…

「初対面のヘアメイクとイメージを共有しやすいのが写真。どんな風にしたいのか、あくまで雰囲気を伝えるものなので髪型を決めすぎなくてもOK。たくさん集めることで好みの傾向も見えてくるはずです」

TIPS2 ドレスのネックデザインから考える

TIPS2 ドレスのネックデザインから考える 「例えば、クラシカルなハイネックタイプならアップヘアのほう映えます。ティアラや花飾りなどのヘアアクセサリーも同じなので、ヘアメイクとの打ち合わせまでに使い

「例えば、クラシカルなハイネックタイプならアップヘアのほう映えます。ティアラや花飾りなどのヘアアクセサリーも同じく髪型に関わるので、ヘアメイクさんとの打ち合わせまでに使いたいアイテムの用意しておくのも◎」

TIPS3 リハーサルの髪型を写真に撮って見返す

TIPS2 ドレスのネックデザインから考える 「例えば、クラシカルなハイネックタイプならアップヘアのほう映えます。ティアラや花飾りなどのヘアアクセサリーも同じなので、ヘアメイクとの打ち合わせまでに使い

「リハーサルの髪型を写真に撮って、ディテールや髪色などをチェックすると、鏡越しでは気付かない修正点が見つかることも。リハーサルで納得いくまで話し合うのが理想ですが、その場でうまく伝えられないときは持ち帰って冷静に考えるとよいでしょう」

教えてくれたのは……

SAORIさん/「SEVEN」クリエイティブ・ディレクター
SAORIさん/「SEVEN」クリエイティブ・ディレクター

奥渋エリアにある美容室「SEVEN」でサロンワークする傍ら、ブライダルや雑誌のヘア&メイクとしても活躍するパワフルウーマン。ファッション性のあるおしゃれなヘアスタイルに定評あり! Instagram:@saori_163

From 編集部

みんなの回答も参考に、満足の花嫁ヘアを叶えよう!

花嫁のヘアスタイルの悩みは尽きないもの。アンケートに答えてくれた先輩花嫁も迷いながら、自分の納得がいく髪型を見つけていたことが判明しました。投票結果に振り回されず、理想の花嫁姿をかなえてください。

取材・文/岸田雅子 イラスト/南夏希 D/ロンディーネ 構成/真坂千稔(本誌)
※記事内のコメントは2018年10月に「Raicoゼクシィコミュニティ会員」が回答したアンケートによるものです。

  • 式イメージ収集期
Share on>

pagetop