ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. 予算を抑えるための<挙式、衣裳、写真・ビデオ撮影>の選び方
お金・常識
Share on>

予算を抑えるための<挙式、衣裳、写真・ビデオ撮影>の選び方

「少ない資金の範囲で式を挙げたい」「予算オーバーになりそうで、困っているけれど、質は落としたくない」。そんな花嫁たちのためのコスト削減策を、先輩花嫁に聞いてみました。第1弾は挙式、衣裳、ブーケ、衣裳小物、写真・ビデオ撮影編。お金を効果的に使うコツが詰まっているので、役立てて。

挙式料や挙式演出のコスト削減策

宴内人前式、オリジナルシャワー、造花の装花、レンタルピロー……

挙式写真
挙式写真
ぺーパーシャワー

写真1枚目/チャペルでの挙式を人前式にしたらキリスト教式より5万円ダウン(いぶきさん)
写真2枚目/めいっこのドレス(1900円)はネットで見つけた(小西若奈さん)
写真3枚目/花びらよりリーズナブル!  コンフェッティでペーパーシャワー(うえみささん)

挙式料(平均33万4000円☆)は会場や挙式スタイル、音楽の内容などで異なり、同じ人前式でも「チャペル、ガーデン、披露宴会場のどこでやるか」で変わります。リーズナブルなのは披露宴会場内での人前式(宴内人前式)。

挙式で必要なアイテムは以下のように自己手配することでコストダウンが可能です。
●フラワーシャワー(平均1万4818円★)を花びらを造花にする、安価な羽根を混ぜる、市販のコンフェッティ(紙吹雪)などを使ったペーパーシャワーに変える
●リングピロー(既製品で平均4745円★)は会場や先に結婚した花嫁に借りる
●挙式料に人前式の結婚誓約書(平均5351円★)が入っていなかったら、自分たちで作る
●ブーケトス(専用ブーケ代平均5588円★)など必須でない演出は、やる意味があると思うものだけにする

私たちはこれでコストダウン!

花嫁のイラスト

[人前式を披露宴会場で]

チャペル使用料など、挙式のための会場費が不要な披露宴会場内で人前式をしました。そのまま披露宴に移ったので、式の進行を頼んだプロ司会者の時間延長料も不要で、チャペルで行うより15万円も低い金額でできました。(333さん)

花嫁のイラスト

[チャペル装花は造花でも十分ステキ]

祭壇やバージンロードの両サイドに飾る生花はオプションで5万~10万円と言われました。私たちは造花でも十分と判断し、追加費用なしで挙式。(つくねさん)

花嫁のイラスト

[神前式の雅楽は生演奏でなくても]

神前式プランは雅楽が生演奏か、録音されたものを流すかで金額が違いました。私が挙式した会場の場合、20万円も違ったので、私は録音済みの音楽に。(きよさん)

花嫁のイラスト

[花びらではなくてぺーパーシャワー!]

100均の折り紙をクラフトパンチでカットして、色とりどりのコンフェッティ(紙吹雪)を作り、ぺーパーシャワーをしました。かかった費用は1200円!(うえみささん)

ふたりの衣裳のコスト削減策

衣裳1着、外部手配、ドレスのセカンドユーザー、成人式の振り袖……

新郎新婦の写真
新郎新婦の写真
新郎新婦の写真

写真1枚目/海外挙式と帰国後パーティで2回着たドレスはリサイクルショップにて10万円で購入(あやかさん)
写真2枚目/前撮りで着たドレスはフォーマルドレス専門店で買って、フリマアプリで売ったので、差し引き約2800円で済んだ(同上)
写真3枚目/c‘estさんは和の会場に合うヴィンテージドレスをフランスに旅行したとき、20ユーロ(2500円)でゲット!

花嫁衣裳は平均2.3着で平均48万8000円(☆)と、お金がかかるアイテム。
衣裳を1着増やすと美容着付け代も上がり、ふたりで20万~30万円くらい変わるため、1着で通す人もいます。複数着たければ、当日の衣裳を1~2着にして、当日着ない衣裳で前撮りしても。衣裳1着の前撮り費用は衣裳と美容着付け、撮影料込みで5万円くらいから。

外部ショップ(会場と提携していないショップ)の衣裳の持ち込みが可能なら、外部でも探しましょう。最近は新品にこだわらない人も増え、「リサイクルドレスを買ってセカンドオーナーになる」「SNSで見た先輩花嫁から直接譲ってもらう」人も。式後、売って「花嫁バトン」する人も増えています。外部ショップを利用する場合、会場の持ち込み料も確認し、持ち込んでもお得かどうか見極めて。

この他、先輩花嫁がしたことは……
●結婚したら着られなくなる成人式のときの振り袖にして、和装代0円!
●海外旅行時に白ドレス7万円、色ドレス4万円で購入
●二次会ドレスをネットで注文して1万円

私たちはこれでコストダウン!

花嫁のイラスト

[ドレス1着の金額でふたり分]

会場のドレスの最低金額が25万円したので、外部ショップで探しました。同じ金額で、ドレスとタキシードの2着を小物込みでレンタル。(marrさん)

花嫁の写真

[ウエディングドレスを2WAYに]

挙式時、披露宴時、お色直し後の3回分の小物がセットになって21万円の2WAYドレスを借り、髪型チェンジで雰囲気を変えました。お色直しも短時間で済み、2着借りるより15万~25万円も節約。タキシードは外部ショップで探し、3万円でお得にレンタル。(Mさん)

花嫁のイラスト

[彼はタキシード1着]

花婿の衣裳は1着にして、お色直しでポケットチーフとネクタイ、ベストだけチェンジしました。2着にするより10万円ほど抑えられたと思います。(ぷーさん)

花嫁のイラスト

[振り袖を5万円でリメイク]

成人式の振り袖をリメイクして和ドレスに。白無垢や色打ち掛けを借りることを考えるとお得感たっぷりでしたし、振り袖を買ってくれた親も喜んでいて良かったです。(たままぃさん)

ブーケのコスト削減策

白&色ドレス兼用、ネット購入、DIY、プリザーブドブーケ……

花嫁の写真
ブーケの写真
ブーケの写真

写真1枚目/たった2500円! 写真映えもして大好評だったジャイアントフラワー(吉田れいこさん)
写真2枚目/材料費6500円でリースブーケとボールブーケの2つをハンドメイド(しおりさん)
写真3枚目/ネットショップでリーズナブルなブーケを購入(すちさん)

先輩花嫁が持ったブーケの数は平均1.8個、総額は4万6000円(☆)。会場を通してのオーダーだと1つ2万~4万円はするので、持ち込み可能な会場だったら、外部ショップへのオーダーや手作りも検討を。

ドレス2着の場合……
●兼用で持てる色合いのブーケ1つにする
●お色直し用は小ぶりなリストブーケにする
●生花より手頃なアーティフィシャルフラワー(造花)にする策も。
挙式後、生花のブーケをドライ加工して保存するつもりの人は、加工代を考えて(平均1.5個で総額4万6000円☆)、プリザーブドフラワーや造花で作ってもらうのもおすすめ。

私たちはこれでコストダウン!

花嫁の写真

[プリザーブドブーケを外部で購入]

ブーケ1つは会場オーダーが必須だったので、1つだけネットショップを利用。8640円でできたプリザーブドフラワーのブーケは費用が抑えられた上、式後そのまま飾っておけるので、それを見て余韻に浸るという幸せな時間も過ごせました。(すちさん)

花嫁の写真

[ブーケを白ドレス、色ドレス兼用に]

ドレス2着ですが、ブーケは1つにして、カラードレスにも合う色合いにしてもらいました。その額、3万円。2つ頼んでいたら、倍したなと思うと、得した気分!(あんにゅいさん)

花嫁のイラスト

[リストブーケにして1万円弱]

お色直し後はブーケを持っている時間も少ないし、手が空いていた方が便利だったので、色ドレス用はリストブーケに。使う花材が少ないから、1万円しない金額で作ってもらえましたよ。(ゆっちゃんさん)

花嫁の写真

[2500円のジャイアントフラワー]

いろいろな作家さんが出品するハンドメイド専門サイトで、ジャイアントフラワーを2500円でゲット! ブーケよりも見栄えがし、撮影小物としても使えるのでおすすめです。(吉田れいこさん)

衣裳小物のコスト削減策

ハンドメイド専門サイトやアクセ専門店で購入、使用後売却……

ティアラとネックレス
花嫁の写真
髪飾り各種

写真1枚目/「挙式でしか着けないものだから」と、ハンドメイド専門サイトでティアラを3900円で購入(marinaさん)
写真2枚目/雑貨店で見つけたドレスを引き立てる控えめなイヤリングは2000円!(S.Oさん)
写真3枚目/挙式用、披露宴用、和装用3種類の髪飾りをすべて手作り。材料費は全部で9500円(しおりさん)

ティアラなどのヘッドドレスやアクセサリー、ベール、グローブ、靴、ドレス用インナーなどの小物は、ドレス代に含まれていなくて、追加料金が発生することも。それらで5万円以上になることもあるから侮れません。
衣裳小物は、衣裳より持ち込みの制限が少ないため、外部ショップで購入したり、先輩花嫁から譲ってもらう花嫁が多く、衣裳同様、使用後、フリマアプリなどで売って出費を最小限に抑える人も。
昨今人気があるのは、お洒落なものが手頃な金額で買えるハンドメイド専門サイト。
手先が器用なら、理想のデザインにすることができて、大幅な経費削減にもなるハンドメイドにチャレンジしてみても。

私たちはこれでコストダウン!

花嫁のイラスト

[専門ショップをはしご]

ブライダル商品を扱ってるお店を見て回り、気に入ったものを購入。ベール、手袋、イヤリング、ネックレスで5万円くらいでしたから、会場で借りるよりは10万円くらい低く抑えられたと思います。(京都のライムさん)

花嫁の写真

[フリマアプリで買って売却]

グローブはフリマアプリで新品中古を2800円で購入し、その後、1400円で売りました。新品で2万円したベールは、8000円で売却! 売ってしまうことで、もともとリーズナブルだった小物類のコストが半分に!(すちさん)

花嫁の写真

[安価なアクセショップで入手]

アクセサリー類は「お洒落なのに安い!」と人気のアクセサリーショップやネットですべて購入しました。ネックレスとピアス、髪飾りを挙式、披露宴、お色直し分揃えて4000円。その金額には全く見えなくて、みんなの目をだませました(笑)。(ちゃーやんさん)

花嫁の写真

[アメリカのセールを利用]

毎年11月下旬に行われるアメリカのブラックフライデーセールはお買い得。私は、アメリカのサイトで、5万円のロングベールを送料込み1万円で入手しました。サッシュベルトやティアラもディスカウント価格で購入。(えるさん)

写真・ビデオ撮影のコスト削減策!

アルバム手作り、外部利用、ゲスト撮影、平日に前撮り……

前撮り写真
写真のアルバム

写真1枚目/モニター料金で和装の前撮り(紗希さん)
写真2枚目/会場に頼まず、ネットで注文したアルバムの表紙(右)とお気に入りのページ(左)(はるかさん)

写真にはスタジオで撮る記念写真(1カット平均1万6317円★)、スナップ写真(平均22万4000円☆)、記念写真を挙式日以外の日に撮る別撮り(スタジオ撮影で平均15万9000円☆、ロケ撮影で平均17万8000円☆)があります。
スナップ写真はアルバムの有無や質でかなり違うので、アルバム無しにしたり、最低限のアルバムにすることで費用を抑えることが可能。データをもらえば、パソコンやスマートフィンのアプリを使い、数千円程度で、きれいに製本されたアルバムを作ることができます。
フォトグラファーの持ち込みが可能なら、外部の写真スタジオも探してみて。前撮りをするなら、割安な平日がねらい目。

ビデオ撮影(平均19万7000円☆)も外部に頼むという手段の他、挙式のみ会場に頼む、家族、親族に撮影してもらうという方法も。

私たちはこれでコストダウン!

花嫁の写真

[アルバム1冊4100円]

親族に配る写真を会場に頼むと1セット1万1000円もしたので、もらったデータを使い、ネット上で、自分でデザインして、製本してもらいました。費用はA4サイズ26ページで1冊当たり4100円。クオリティーが心配でしたが、十分満足できるアルバムができました。(はるかさん)

花嫁のイラスト

[スナップ写真を外部に依頼]

フォトグラファーの持ち込みが自由な会場だったので、外部に頼みました。かかった費用は撮影料とアルバム、データ全部込みで10万円!(ももんさん)

花嫁の写真

[外部のスタジオで前撮り]

外部で和装1着のロケ撮影をしました。費用はモニター料金適用で衣裳、メイク、データ込み6万円。アルバムは自分でデザインしたものを製本してもらって1冊3240円。会場の前撮りはアルバム付きで15万円でしたから、かなりお金が浮き、親と姉妹にも1冊ずつプレゼント!(紗希さん)

花嫁の写真

[借りた360度カメラで撮影]

海外挙式のビデオ撮影が7万円もしたので、日本で360度カメラをレンタルし(1日500円)、1000円の三脚で定点カメラにしました。360度カメラだとゲスト目線で見渡せ、参列した家族や天井画なども見えて良かったです。(さくらさん)

From 編集部

無理も無駄もないお金のかけ方を見つけて

予算を抑えるための方法の中には、簡単にできるものもあれば、会場にある中から選ぶのと違って手間や時間がかかるものも。だから、結婚準備にかけられる時間も考えて、自分たちにできることを見つけて。「譲れること」と「譲れないこと」を分け、譲れるアイテムのコストを抑えるのが、無駄のない上手なお金のかけ方。

取材・文/渡邊博美 
※掲載されている情報は2018年12月時点のものです
※記事内のデータの☆印は「ゼクシィ結婚トレンド調査2018」(全国推計値)、★印は「花嫁1000人委員会調査2018」、コメントは2018年10月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー88人と、2年以内に結婚式を挙げた花嫁103人が回答したマクロミル調査によるものです

  • 挙式半年前
  • 挙式・披露宴
  • ドレス・衣裳
  • 写真・ビデオ
  • 式イメージ収集期
  • お金
  • お金実例
Share on>

pagetop