ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ドレス・衣装
  4. カラードレス
  5. 【for大人花嫁】イエロードレスの“新3大トレンド”発表!
ドレス
Share on>

【for大人花嫁】イエロードレスの“新3大トレンド”発表!

タイトル上画像

人気のイエロードレスの中でも、いま大人花嫁たちが支持する3大トレンドをご紹介。甘くなりがちな色みを、小物やメイクなどで洗練させた先輩花嫁たちのテクニックと、ゼクシィでおなじみのスタイリスト・川島さんのコメントと合わせてチェック!

2018年の“3大トレンド”は?

trend1~3

インスタに投稿されたおしゃれ花嫁さんのスナップからわかった、イエロードレスの“新トレンド”は「色み」×「素材感」がキーワードでした! 甘くなりすぎず、大人らしく着こなした花嫁さんのスナップをご紹介します。

【trend1】マスタードイエロー×ハリ感素材

Aラインとピンクブーケでシックななかにも姫っぽさを演出

実例写真ハリ1
実例写真ハリ1
実例写真ハリ1

「ミカドシルクの贅沢な光沢感と鮮やかな色みにひと目ぼれ!   “ナイトウエディング”のイメージがあったので、黒髪を生かしたヘアに赤のリップをポイントに使った艶っぽいメイクに仕上げてもらいました。ブーケは『美女と野獣』をイメージし赤や濃いピンク系にして、お姫様気分に」
(金 正美さん/@my.wedding.record)

Dress/オーセンティック(オリジナルドレス)

fromスタイリスト

スタイリスト

光沢のある素材と程よいAラインシルエットが、まさに大人イエロードレスのお手本のようなスタイリング。旦那様の重厚感あるボックスシルエットのタキシードとの相性も抜群ですね。

動きのあるスカートでナチュラル可憐な印象に

実例写真ハリ2
実例写真ハリ2
実例写真ハリ2

「今までにないデザインと、角度によって絶妙に変わる色みがどストライク! シックなイメージに仕上がるようにヘアはダウンスタイル、ヘッドアクセは潔くなくして、その分大ぶりのピアスを合わせてメリハリを意識。サイズ直しができないドレスだったのですが、試着してみるとぴったり! まさに運命だと思いました」
(上原 菜都美さん/@xxn_wedding)

Dress/ドレスショップjunoの「Zacpozen」

fromスタイリスト

スタイリスト

ニュアンスのあるくすみイエローが着こなせるのは大人ならでは。ゴージャスなタッキングスカートのドレスには、同じくボリュームを持たせたダウン系ヘアでバランスもいいですね。

【trend2】レモンイエロー×ふんわりシフォン

シンプルだけどボリュームがあるシルエットで大人可愛く

実例写真シフォン1
実例写真シフォン1
実例写真シフォン1

「『美女と野獣』のベルが理想だったので、黄色のドレスと決めていました。ボリュームのあるチュールの中にオーガンジーの縦フリルデザインがお気に入り。ヘアを『ラプンツェル』の編み下ろしスタイルにカスミソウやリボンをつけて、甘くなりすぎないようにドライフラワーの花冠で繊細な雰囲気を演出しました。」
(yumiさん/@yuuuminmarried)

Dress/TAKAMI BRIDALの「イエローシーラ」

fromスタイリスト

スタイリスト

ブラウンのサッシュベルトが、甘くなりがちなシルエットのドレスをピリリと引き締めてくれています。後れ毛で遊んだヘアも含めて、大人可愛いスタイリングにまとまっています。

爽やかなブルーの刺しゅうが甘さをおさえたポイントに

実例写真シフォン2
実例写真シフォン2
実例写真シフォン2

「インスタで偶然このドレスを見つけてひと目ぼれ。ヘアは『ラプンツェル』のようなイメージで、ふんわりとゆるい三つ編みにしました。他とかぶらないリースブーケを選び、カスミソウをメインにドレスに使われているブルーを小花で取り入れて、全体のバランスを取りました」
(Tomomiさん/@t0m0m1203_wedding)

Dress/ハーディエイミス

fromスタイリスト

スタイリスト

トレンドの刺しゅう入りカラードレスもイエローなら他と差がつきますよね。ドレスの刺しゅうとブーケやヘッドのカラートーンを統一して、品良くまとまっています。

【trend3】ミモザイエロー×華やかプリント

大胆なコーデで華やかさの中にも潔さを

実例写真プリント1
実例写真プリント1
実例写真プリント1

「ハリのある鮮やかなドレスを着たかったので、まさに理想の一着! ブーケはあえて控えめにしましたが、逆にメイクは赤リップ、太めのアイライン、ヘアには大ぶりのお花を飾ってドレスに負けないようにパキッとした印象に仕上げました」
(中島 夏希さん/@wednn414)

Dress/ M / mika ninagawa

fromスタイリスト

スタイリスト

インパクト大のプリントドレスには大きなヘッドアクセや濃いめのリップで、ドレスに負けないヘアメイクが必須。ただしポイントはそれぞれ1つのみ、やりすぎないのがおしゃれの秘訣(ひけつ)です。

水彩のようなプリントデザインでモードな印象に

実例写真プリント2
実例写真プリント2
実例写真プリント2

「試着したものの中で手頃な価格のものをと思ったのですが、このドレスを着たらあまりにも可愛くて即決! 色合いが絶妙なので、そこを崩さないようにブーケはミモザを使って手作り。メイクはナチュラルでふんわりした印象にしてもらいました」
(H.Iさん/@Kurahal)

Dress/ M / mika ninagawa

fromスタイリスト

スタイリスト

甘くなりがちな総プリントドレスもイエローのフラワープリントならモードな雰囲気。ビジューネックレスやイエローブーケなど小物はシンプルにまとめて正解!

スタイリスト川島’s 総括

同じイエローでも、深みや明るさに少しニュアンスのあるものを選ぶと、それだけでぐっと大人っぽくなります。シルエットはあくまでシンプルにして、ハリやシフォンの素材感でメリハリを意識して。ドレスが華やかな分、アクセやブーケはナチュラルなイメージで選ぶとバランスもGood!

From 編集部

イエロードレスは大人花嫁におすすめ!

甘く幼く見えてしまいがちなイエロードレスも、合わせる小物や、選ぶドレスの素材感、ヘアメイク抜け感意識など、ポイントを押さえて、大人ならではの着こなしを楽しみましょう。

スタイリスト
Profile

川島ゆきさん スタイリスト

編集・ライターを経てスタイリストに。ウエディング関係のほか、キッズ系のスタイリングも得意。

取材・文/小池英子 デザイン/石澤縁(mashroom design) 構成/寺崎彩乃(編集部)

※掲載されている情報と商品の取り扱いおよび価格は2018年10月現在のものです。

  • ドレス・衣裳
  • アイテム検討期
  • トレンド
  • 大人かわいい
  • イエロー
  • ゴールド
  • キュート
Share on>

pagetop