ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. ブライズメイドって何するの?衣裳の準備は?[カンタン依頼ガイド]
演出アイテム等
Share on>

ブライズメイドって何するの?衣裳の準備は?[カンタン依頼ガイド]

ブライズメイドって何するの?衣裳の準備は?[カンタン依頼ガイド]

ブライズメイドってお揃いの衣裳が素敵だけど、具体的には何をしてもらうの?どういう準備をしたらいい?と気になる花嫁さんも多いはず。そこで今回は、ブライズメイドの基本知識から、取り入れ方までをまるっとご紹介。友達と共有して、ぜひ検討して。

ブライズメイドってそもそも何?

元々中世ヨーロッパでは、結婚するカップルをねたんで悪魔がやって来るといわれ、友人たちが花嫁と同じような衣裳を着て付き添うことで、悪魔の目を惑わし花嫁を守ったという伝説が由来とされている。

ブライズメイドの本来の役割って?

「花嫁のサポート役」のこと。式の立会人でもあり、準備段階から花嫁を助ける大切な役目です。衣裳は白以外の色のお揃いのドレスを着てブーケを持ち、花嫁に花を添えて式を盛り上げます。バージンロードを花嫁に先立って入場したり、花嫁の移動や着替えを手伝うなど、アテンド役をこなすことも。
また新郎側はグルームズメン(アッシャー)とも呼ばれ、ブライズメイド同様に友人や兄弟が新郎を手伝います。

日本で取り入れるなら……

必ずしも本来のやり方にこだわらなくても大丈夫。大切なのは、依頼する友人に何をどこまでお願いするかを、きちんと共有すること。

何を、どう依頼したらいいの?

●いつ、誰に頼む?

ブライズメイドイラスト

ブライズメイドは、仲の良い、信頼がおける友人や姉妹、親族にお願いするのが一般的。以前は未婚者に依頼することが多かったものの、現在は未婚・既婚にかかわらず、適任だと思う友人等に依頼する花嫁が増えている。何をお願いするかによっても変わるが、ある程度当日の内容が固まってくる3カ月前くらいには声掛けをしておきたい。

●どんなふうにお願いしたらいい?

ブライズメイドイラスト

依頼される側も「ブライズメイドをするのは初めて」という人が多いので、事前に何をどこまで頼みたいかをある程度決めてからお声掛けをして。その際は、あくまでお願いする立場であることを忘れず、感謝の気持ちをもって依頼することが大切。
ブライズメイドをお願いする友人同士が初対面の場合は、事前に会う機会をつくるのがおすすめ。段取りの打ち合わせをしながら、事前に仲を深めておくと当日がスムーズに。

●何をお願いする?

ブライズメイドイラスト

ブライズメイドを依頼するに当たって、何をどこまでお願いするかを決めることが最重要ポイント。主な依頼内容はこの3つに分けられる。

【1】衣裳のみお揃い
【2】衣裳お揃いプラスアルファ(受付や余興、二次会幹事など)
【3】準備~当日まで欧米式の本格派ブライズメイド(新婦側)&グルームズメン(新郎側)スタイル

仲の良い友人同士なら、事前にどの辺までお願いできそうかを直接相談してみるのも◎。なるべくゲストに負担を掛けない方法を選びたい。

●衣裳や小物はどうしたらいい?

ブライズメイドイラスト

お揃いの衣裳や小物は、依頼する側の新郎新婦が用意するのが一番スムーズ。デザインなどは花嫁の好みだけで決めず、ブライズメイドそれぞれの個性を考え、相談しながら決定していくと◎。もしそれぞれの友人にお願いする場合は、あらかじめテーマカラーを決めておき、形は自由にしてもらうのが、負担も少なくおすすめ。

衣裳の注意点としては、会場や装花の雰囲気や、花嫁ドレスとのバランス。全体的な見た目の調和も考えておかないと、チグハグな印象になってしまうので気を付けて。

スタイリスト・石井なお子さんのアイデア

欧米では「ブライズメイドギフト」と呼ばれる、カードにひと言添えてちょっとしたお礼の品を贈る習慣も。当日身に着けてもらうお揃いのアクセサリーを、そのままプレゼントするのも素敵。当日の装いにもギフトとしてもおすすめなイニシャルチャームのブレスレットをご紹介。

●費用はどうしたらいい?

ブライズメイドイラスト

衣裳やヘッドドレスなど、当日身に着けるものに関しては、花嫁側が負担するのが一般的。最近では、当日の衣裳と小物を箱に入れて事前にプレゼントする、欧米式の「ブライズメイドボックス」も定番化してきている。

費用に関してうやむやにしておくと依頼された側も不安になってしまうので、どちらが負担するかは、依頼する際に必ず伝えて。

和の結婚式でもブライズメイドってあり?

ブライズメイド=洋装のイメージですが、実は和婚でも叶えることが可能。和ならではの「着物ブライズメイド」は、和装花嫁ならぜひ取り入れたい、伝統的かつ新しいスタイルです。

先輩花嫁のブライズメイド実例

style1:大人カラーの衣裳で会場のムードを華やげる

衣裳だけお揃い
衣裳だけお揃い
衣裳だけお揃い

【誰に依頼した?】  
友人4人(高校の友人2人、専門学校の友人2人)

【どんなふうにお願いした?】
正式に依頼する前に「ブライズメイドをもしお願いするとしたらやってくれる?」と軽くヒアリング。その反応を見てから、
・ドレスの金額をこちらが負担すること
・そのドレスはプレゼントすること
・それに合うインナーやアクセサリーは各自で用意してもらうこと
・色のイメージ
などを伝えてから、正式に依頼しました。

【何をお願いした?】
「ブライズメイド=花嫁のお手伝いをする人」ということは知っていましたが、友人たちにはゲストとして思いっきり楽しんでもらいたい!という思いがあったので、衣裳をお揃いにする以外は特にお願いしたことはありません。

【費用はどうした?】
衣裳とミニブーケを新郎新婦からプレゼントしました。ドレスを渡す時には、簡単ですがブライズメイドボックスを作り、手渡ししました。

渡す時のプレゼント
渡す時

【衣裳や小物はどうした?】
ドレスのカラーは各自の苦手な色は選びたくなかったので、会場の雰囲気にも合わせつつ、みんなの好みを聞きながらドレスを取り寄せて、試着会をしてから決定。ネットでの注文だったため、サイズが心配でしたが、私が注文したお店は取り寄せてから試着が可能だったので大変助かりました。

永田さん

ずっと憧れだったブライズメイド!私たちの式はコロナ下で少人数にしたため、ゲストとして参列してくれた友人は4人だけだったので、全員にブライズメイドをお願いしました。

いろんな先輩花嫁さんの写真を見ながら妄想を膨らませ「きっと会場が華やかな雰囲気になるんだろうなぁ」と本当にワクワクしながら当日を迎えました。(mocoさん)

サンクスレターの朗読
サンクスレターの朗読
サンクスレターの朗読

【プラスワン★アイデア】サンクスレターの朗読

普段はなかなか一人一人に向き合って、感謝を伝えたり手紙を書くことってないなと思い、今までの感謝の気持ちをお手紙にして、ちゃんと目の前で伝えるというサプライズを企画。それぞれいろんな反応があって面白かったし、泣きすぎて顔が崩れました。

nagataさん
nagataさん
nagataさん

【プラスワン★アイデア】花嫁だって同じ衣裳を着ちゃう!

みんなと一緒に衣裳を選んでいたら自分も着たくなってしまい、ついでに自分の分も購入!式後に友人たちとホテルで打ち上げをした際にお揃いで着用し、結婚式とはまた違う楽しい思い出になりました。

style2:ガーデンウエディングで挙式での役割もしっかり

ガーデンウエディング
ガーデンウエディング
ガーデンウエディング

【誰に依頼した?】  
大学のサークルの友達4人

【どうやってお願いした?】
「東京(私たち)⇔熊本(地元)と、普段は離れていてなかなか会えないけど、福岡で行う結婚式は、みんなと一緒に思い出を残したいから」とお願いしたところ、みんな快くOKしてくれました!

事前にZoomで挙式での役割について説明。当日リハーサルがあることや、挙式の1時間半前にブライズメイドミートがあることも事前に伝えておきました。


【何をお願いした?】
・衣裳を揃える 
・当日のブライズメイドミート
・挙式では1人1つずつ役割をお願いしました。
<1>ブートニアを新婦へ渡す(その後新婦が新郎の胸ポケットへ入れる)
<2>リング交換時に新郎のグローブを預かる
<3>リング交換時に新婦のブーケを預かる
<4>リング交換時にリングピローを持って交換のお手伝い
・式の最後にフラワーシャワー用の花びらを参列者に配る

【衣裳の用意や費用はどうした?】
サイズや色形の好みがあると思ったので、ブライズメイドたちで衣裳は決め、用意してもらう代わりに宿泊費を一部負担。当日は同じホテルへ泊まってくれたのでゆっくり過ごせました。ブーケは手作りし、シャンパンボトルに入った入浴剤とシャンプーを当日サプライズでプレゼント。

FACE

元々東京での挙式を考えていたのですが、コロナ下で4度の延期。ふたりとも九州出身なので、親族のことを考え、場所を福岡に変更して叶ったウエディング。延期のたびにいつも支えてくれた大切な友達と一生の思い出をつくりたいと思い、ブライズメイドを依頼しました。

そして、会場がリゾート感あふれる空間で、海外のようなガーデン挙式が叶う場所だったので、ブライズメイドをお願いして大正解でした!(YUKIさん)

ブライズメイドミート
ブライズメイドミート
ブライズメイドミート

【プラスワン★アイデア】ブライズメイドミート

式の1時間半前くらい早めに来てもらって、お支度部屋で準備をした後にブライズメイドミートをしました。ブルーの衣裳がとっても似合っていて、本当に素敵で感動の演出になりました!

style3:お揃いの衣裳で気軽に楽しんで写真映え♪

お揃いの衣裳を気軽に楽しんで写真映え♪
お揃いの衣裳を気軽に楽しんで写真映え♪
お揃いの衣裳を気軽に楽しんで写真映え♪

【誰に依頼した?】  
大学時代の友人4人

【どうやってお願いした?】
「衣裳をお揃いにしよう」と、カジュアルに声を掛けて依頼しました。

【何をお願いした?】
こちらからお願いしたのは衣裳を揃えるのみ。余興はブライズメイドのみんなが動画を用意してくれました。

【衣裳準備や費用はどうした?】
ドレスは1人1万5000円×4人分を負担してプレゼントしました。
お揃いのドライフラワー風の髪飾りとピアスは、前日に4人でお泊まりして作ったらしく、楽しんでくれたようでうれしかったです。

@michi_wedding2020さん

私自身の憧れでもありましたが、友人たちにも楽しんで結婚式に参加してほしかったのでブライズメイドを依頼。気負わずオソロの服を着るくらいの感じでお願いしたので快く受けてくれました。場が華やかになり、少人数でのお茶会のような雰囲気の写真も撮れて大満足です♪(@michi_wedding2020さん)

お揃いの飛沫防止の手作り扇子
お揃いの飛沫防止の手作り扇子
お揃いの飛沫防止の手作り扇子

【プラスワン★アイデア】 お揃いの飛沫(ひまつ)防止の手作り扇子

コロナ対策として飛沫防止の扇子を作ってプレゼント。フリンジはピンク、紫、薄紫、ゴールド、と同系色4色にし、それぞれ友人のイメージに合うものを付けました。写真映えもするし、お気に入りのアイテムです。

From 編集部

まずはどこまでお願いするかを決めよう

ブライズメイドのやり方はさまざまで、衣裳だけお揃いでもOK!まずはどこまでお願いするかを決めて、依頼者に相談してみよう。大切なのは、事前に衣裳の費用負担の有無をはっきりさせ、お互い負担にならない範囲で行うこと。ブライズメイドのいるウエディングをすることで、きっとお互い最高の思い出になるはず!

構成・文/滝 紀子 イラスト/清水利江子
※掲載されている情報は2022年3月時点のものです

  • 挙式
  • 挙式1年前
  • 挙式半年前
  • ゲストへの依頼
  • 演出・アイテム
  • アイテム検討期
  • スタイル提案
Share on>

pagetop