ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. ブライズメイドって何するの? 衣裳の準備は?[カンタン依頼ガイド]
演出アイテム等
Share on>

ブライズメイドって何するの? 衣裳の準備は?[カンタン依頼ガイド]

ブライズメイドって何するの?衣裳の準備は?[カンタン依頼ガイド]

ブライズメイドってお揃いの衣裳が素敵だけど、具体的には何をしてもらうの? どういう準備をしたらいい?と気になる花嫁さんも多いはず。そこで今回は、ブライズメイドの基本知識から、取り入れ方までをまるっとご紹介。友達と共有して、ぜひ検討して。

ブライズメイドってそもそも何?

元々中世ヨーロッパでは、結婚するカップルをねたんで悪魔がやって来るといわれ、友人たちが花嫁と同じような衣裳を着て付き添うことで、悪魔の目を惑わし花嫁を守った伝説が由来とされています。

ブライズメイドの本来の役割って?

「花嫁のサポート役」のこと。式の立会人でもあり、準備段階から花嫁を助ける大切な役目です。衣裳は白以外の色のお揃いのドレスを着てブーケを持ち、花嫁に花を添えて式を盛り上げます。バージンロードを花嫁に先立って入場したり、花嫁の移動や着替えを手伝うなど、アテンド役をこなすことも。

日本で取り入れるなら……

必ずしも本来のやり方にこだわらなくても大丈夫。大切なのは、依頼する友人に何をどこまでお願いするかを、きちんと共有すること。

何を、どう依頼したらいいの?

●いつ、誰に頼む?

ブライズメイドイラスト

ブライズメイドは、仲の良い、信頼がおける友人や姉妹、親族にお願いするのが一般的。以前は未婚者に依頼することが多かったものの、現在は未婚・既婚にかかわらず、適任だと思う友人等に依頼する花嫁が増えている。何をお願いするかによっても変わるが、ある程度当日の内容が固まってくる3カ月前くらいには声掛けをしておきたい。

●どんなふうにお願いしたらいい?

ブライズメイドイラスト

依頼される側も「ブライズメイドをするのは初めて」という人が多いので、事前に何をどこまで頼みたいかをある程度決めてからお声かけをして。その際は、あくまでお願いする立場であることを忘れず、感謝の気持ちをもって依頼することが大切。
ブライズメイドをお願いする友人同士が初対面の場合は、事前に対面できる機会をつくることもマスト。段取りの打ち合わせをしながら、事前に仲を深めておくと当日がスムーズ。

●何をお願いする?

ブライズメイドイラスト

ブライズメイドを依頼するに当たって、何をどこまでお願いするかを決めることが最重要ポイント。主な依頼内容はこの3つに分けられる。
【1】衣裳のみお揃い
【2】衣裳お揃い+アルファ(受付や余興、二次会幹事など)
【3】準備~当日まで欧米式の本格派ブライズメイドスタイル

仲の良い友人同士なら、事前にどの辺までお願いできそうかを直接相談してみるのも◎。なるべくゲストに負担を掛けない方法を選びたい。

●衣裳や小物はどうしたらいい?

ブライズメイドイラスト

お揃いの衣裳や小物は、依頼する側の新郎新婦が用意するのが一番スムーズ。デザインなどは花嫁の好みだけで決めず、ブライズメイドそれぞれの個性を考え、相談しながら決定していくと◎。もしそれぞれの友人にお願いする場合は、あらかじめテーマカラーを決めておき、形は自由にしてもらうのが、負担も少なくおすすめ。
衣裳の注意点としては、会場や装花の雰囲気や、花嫁ドレスとのバランス。全体的な見た目の調和も考えておかないと、チグハグな印象になってしまうので気を付けて。

先輩花嫁たちはどんな衣裳を選んだ?

衣装選びのポイントから手配方法まで、すてきなSNAP写真と共にご紹介。ぜひ参考にして。

●費用はどうしたらいい?

ブライズメイドイラスト

衣裳やヘッドドレスなど、当日身に着けるものに関しては、花嫁側が負担するのが一般的。最近では、当日の衣裳と小物を箱に入れて事前にプレゼントをする、欧米式の「ブライズメイドボックス」も定番化してきている。
費用に関してうやむやにしておくと依頼された側も不安になってしまうので、どちらが負担するかは、依頼する際に必ず伝えて。

和の結婚式でもブライズメイドってあり?

ブライズメイド=洋装のイメージですが、実は和婚でも叶えることが可能。和ならではの「きものブライズメイド」は、和装花嫁ならぜひ取り入れたい、伝統的かつ新しいスタイルです。

先輩花嫁ブライズメイド実例

ホワイトカラーで統一した衣裳で爽やかに

衣裳だけお揃い
衣裳だけお揃い
衣裳だけお揃い

【誰に依頼した?】  
友人ゲスト全員です。

【どんなふうにお願いした?】
お願いをする前に、こんな感じにやりたいと、画像などを見てもらいイメージしてもらいやすいよう工夫しました。

【費用はどうした?】
サイズや着たい形が異なるため、テーマカラーのホワイトだけを決めて、それぞれ好きなワンピースを購入してもらいました。リストブーケは私が手作りしブライズメイドボックスを制作してプレゼントしました。

「お揃いのカラーとリストブーケがあることで統一感が増し、ゲストも私もテンションが上がり、素敵な写真がたくさん撮れました! 結婚式という一生の思い出を、さらに最高な一日にしてくれたみんなには、今でも感謝の気持ちでいっぱいです」(新盛恵美さん)

[写真1]女性ゲストだけでなく、男性ゲスト+キッズもお揃いに。
[写真2,3]リストブーケは手作りし、ブライズメイドボックスを作ってプレゼントしました。写真映えバッチリ☆

30人のブライズメイドによる日本酒girl☆

衣裳お揃い+ウエルカムドリンク
衣裳お揃い+ウエルカムドリンク
衣裳お揃い+ウエルカムドリンク

【当日ブライズメイドにお願いしたことは?】
衣裳を揃えるだけでなく、入り口でウエルカムドリンクとして新郎新婦の地元の日本酒を振る舞ったので、その際に日本酒ガールとしてゲスト対応をお手伝いいただきました。

【誰に依頼した?】   
結婚式に参列してくれた友人30人全員。

【どんなふうにお願いした?】
・なぜブライズメイドをお願いしたいのか、自分がやりたいと思ったかをきちんと伝えた
・衣裳の費用のこと、どのような衣裳を検討してるか、イメージ画像を見せながらお願いした

【費用はどうした?】
友人と話し合い、人数も多かったので、各自が負担してくれることに。

【衣裳や小物はどうした?】
[ゲストが各自購入]:ドレス
[花嫁が作成しプレゼント]:リストフラワー、ヘアアクセサリー
[手作りが得意な友人に依頼]:ピアス

「友人同士も仲良く楽しい時を過ごしてもらえたのは良かったですね。ドレスを着る機会はなかなかないし、テンションも上がって良い思い出になったよ!と言ってもらえたことも嬉しかったです!」(星川聡子さん)

[写真1]全員集合の写真は圧巻! 髪型をハーフアップorダウンで揃えたのも◎
[写真2]ウエルカムドリンクは地元自慢の日本酒でお出迎え
[写真3]リストフラワーとピアスも全員分用意

親しい友人に二次会幹事も兼ねてお願い

挙式のお手伝いをお願い

【当日ブライズメイドにお願いしたことは?】
お揃いの衣裳に加え、式ではみんなに手紙を読んでもらいました。二次会の幹事もお願いしています。

【誰に依頼した?】 
大学時代の親しい友人。

【どんなふうにお願いした?】
自然な流れで、特に気負わずにお揃いの衣裳をお願いしました。

【衣裳や小物はどうした?】
こちらで用意しました。

「お揃いのドレスを着てもらったことで一体感が出ただけでなく、後から写真を見直したときにやって良かったなと毎回思います。会場全体の雰囲気にあるようにアイテムや、ドレスのデザインやカラーを選ぶのが楽しかったです」(S・Sさん)

準備から当日のお支度、式の介添役までしっかりサポート

当日のお支度まで正統派スタイルで
当日のお支度まで正統派スタイルで
当日のお支度まで正統派スタイルで

【ブライズメイドにお願いしたことは?】
★準備
・結婚式に向けたお手伝い(ドレス選び、ウエルカムボードの作成、婚姻届提出の際も区役所にブライズメイドとグルームズメンが同行)
・婚約直後のエンゲージメントパーティのお手伝い

★当日
・お支度 ・チャペルでのリハーサル付き添い ・挙式での介添え 
・挙式、披露宴での一緒の入場 ・披露宴でのスピーチ

【誰に依頼した?】   
全部で6人。全員親友です。
(会社の同期が3人、大学から1人、高校の友人1人、小4からの幼なじみ1人)

【どんなふうにお願いした?】
まずはメイド・オブ・オナー(ブライズメイドの代表となる女性)を決めて依頼。その後、ブライズメイドたちにオーダーメイドの依頼カード&ブーケを用意しました。友人たちは全く負担に思わず、ブライズメイドをしたいと自ら言ってくれた時は嬉しかったです。

【費用はどうした?】
全て私が負担しました。
・6人分の衣裳(みんなで選びました)
・当日の生花のブーケ
・当日のヘアセット
・当日のお揃いローブ(それぞれの名前入り)

【衣裳はどこまで揃えた?】
[花嫁がプレゼント]:ゴールドのロングドレスと白いブーケ 
[ブライズメイドたちが各自用意]:ピアス
同じ美容師さんに依頼したので、ヘアセットも全員揃いました。

「みんなのドレス姿を並んで見たときはうっとり。何から何まで揃えるのは、大変かもしれないですが綺麗に見せたいならとても大切! ブライズメイドがいてくれたことで、安心して当日を迎えられましたし、当日も最高な一日になるように花嫁のフォローをしてくれて心強い存在でした。親友とまた一つ、一生の思い出ができ、準備期間から式当日まで、全てが最高の思い出です!」(遠山亜沙美さん[@asamit12])

[写真1]当日みんなが到着する前にベッドの上にギフト(準備の際に着るお揃いのローブ)を用意
[写真2]挙式中もブライズメイドが介添え役としてしっかりフォロー
[写真3]披露宴では一緒に入場。友人代表のスピーチもお願いしました

【+アイデア】前撮りやバチェロレッテパーティで当日以外も楽しめる!

前撮りやバチェロレッテパーティ
前撮りやバチェロレッテパーティ
前撮りやバチェロレッテパーティ

せっかくブライズメイドをお願いするなら、結婚式の当日だけでなく、前撮りを一緒に行ったり、バチェロレッテパーティを開催して、友人たちと独身最後の日を思いっきり楽しむのもおすすめ。きっとウエディングの思い出が、より濃いものになるはずです。

[写真1]みんなでラスベガスへ行き、バチェロレッテパーティ☆ 
[写真2]お揃いのタンクトップをオーダーメイドで作り、プレゼントしました
[写真3]式の1週間前にはブライズメイドと私だけで前撮りを実施

「写真は一生残るものですし、ブライズメイドたちのおかげで、本当に素敵な思い出の写真が残せたなと思います」(遠山亜沙美さん[@asamit12])

From 編集部

まずはどこまでお願いするかを決めよう

ブライズメイドのやり方はさまざまで、衣裳だけお揃いでもOK! まずはどこまでお願いするかを決めて、依頼者に相談してみよう。大切なのは、事前に衣裳の費用負担の有無をはっきりさせ、お互い負担にならない範囲で行うこと。ブライズメイドのいるウエディングをすることで、きっとお互い最高の思い出になるはず!

構成・文/滝 紀子 イラスト/清水利江子
※掲載されている情報は2019年2月時点のものです

  • 挙式
  • 挙式1年前
  • 挙式半年前
  • ゲストへの依頼
  • 演出・アイテム
  • アイテム検討期
  • スタイル提案
Share on>

pagetop