ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ドレス・衣装
  4. 和装
  5. #和装 「打ち掛け&振り袖のおしゃれ」を集めましたSNAP7
ドレス
Share on>

#和装 「打ち掛け&振り袖のおしゃれ」を集めましたSNAP7

はんなり美しい和装には憧れるけど、ちょっとマンネリかも……。そんな誤解を解くために、インスタグラムでとびきりおしゃれな花嫁PHOTOを探してきました。気に入ったらマネできるよう、ゼクシィでおなじみのスタイリスト松本さんがコーデポイントも教えてくれるのでCheck!

カラフル個性派の打ち掛け&振り袖コーディネート

母から受け継いだ振り袖を、ビビッドな色遊びで粋に仕上げて

画像1
画像2
画像3

「成人式に母から譲り受けた振り袖をもう一度着たい!と、花嫁着物専用サロンに持ち込んで相談しました。打ち掛けは、歌舞伎を思わせる粋な雰囲気の柄がお気に入り。ブーケとヘッドは、着物に合わせ、モダンなイメージでオーダーしました」(蝶子さん @chouko.wedding/身長164cm)

ここがPOINT!

仮画像

振り袖を掛け下として合わせるのは、最近、注目を集めるやり方。紫、赤、黄を、それぞれ象徴的に取り入れつつ、大胆な柄、大輪のブーケなど、個性の強いアイテムを絶妙に組み合わせています。おしゃれ上級者のコーディネート!(スタイリスト松本さん)

豊かな色彩を上手にまとめた、リラックス感ある着こなし

画像1
画像
画像

「色打ち掛けならではの『華やかさ』に引かれてセレクト。掛け下は顔映りの良かった淡いパープルを選び、伊達襟に強いグリーンを入れてバランスを取りました。歩くたびに揺れるかんざしは実家のアンティーク家具店で見つけたもの」(金本かすみさん @kasuminwedding/身長161cm)

ここがPOINT!

仮画像

水彩画のように色彩豊かな打ち掛けに、グラデーションカラーの生花のヘッドが似合っています。優しい色み&ウエーブの髪型を合わせることで、インパクトの強い一枚を、柔らかく、リラックス感のあるスタイルに仕上げています。

自分らしさを引き出したフレッシュな装い

画像1
画像2
画像3

「シンプルな色使いの振り袖なので、小物次第で自分らしくアレンジできるかな?と思いました。コーデの中心はひと目ぼれしたグリーンの小物です。ツインのヘアでスパイスを効かせ、手作りのヘッドパーツで季節感も演出♪」(あゆちゃん @ayuchan_wedding/身長160cm)

ここがPOINT!

仮画像

赤い絞りの古典柄×生成りの振り袖が、若々しくて、はつらつとした彼女のイメージにぴったり。ツインのお団子ヘアもかわいらしい! 華美なアイテムを使わないことで、クラフト感のあるナチュラルな会場コーデにもマッチ。

和装の可能性を感じるパーティスタイル!

画像1
画像2

「最初に決めたのは、とにかくかわいい大ぶりのヘッドパーツ! インスタで発見して即予約したほどお気に入りです。ヘッドを主役に打ち掛けを選び、囲み目メイクも赤とピンクで統一。さらに生花をあしらい、華やかさをアップさせました」(明子さん @a_kiko1026/身長159cm)

ここがPOINT!

仮画像

インパクトのある柄を重ね、さらにボリュームたっぷりのヘッドを合わせて、これほどおしゃれに決まるなんて! 彼女自身のおしゃれ感度はもちろん、「足し算」でぐんぐんセンスアップする『和装』の素晴らしさを改めて実感。

レトロかわいい派の打ち掛け&振り袖コーディネート

時代を超えた美しさは、アンティークならでは

画像1
画像2
画像3

「黒は似合わないと思っていましたが、柄行きや配色によって印象が異なり、驚きました。大好きな松の文様もポイント。後ろ髪に挿した銀細工のかんざしは、指輪の代わりに新郎から贈られたものです」(あづささん/身長156cm、取材協力/衣裳らくや RENTAL @ishou_rakuya)

ここがPOINT!

仮画像

黒引き振り袖に松の文様は、花嫁ならではの伝統衣裳。それにふさわしく、直球勝負の日本髪が素晴らしい! フェイスラインに掛かる初々しい前挿し、水引のコーム、帯揚げなどの色使いまで、遊び心と洗練を感じます。帯結びもかわいい♪

色使いも髪型も個性的。チャーミングなオーラを放つ花嫁姿

画像1
画像2
画像3

「いつもの私とは違い『派手かな?』と思いましたが直感で決定。憧れのべっ甲かんざしをヘアのポイントに、前髪はウイッグを使用。最初は和装のイメージが湧かずに不安でしたが、羽織ってみると華やかで感動!」(あかりさん/身長154cm、取材協力/SPOSA BLANCA(スポサブランカ) @sposablanca)

ここがPOINT!

仮画像

金糸を織り込んだ打ち掛けは重厚な印象になりがちですが、パステルカラーをプラスすると軽やかで旬な表情に。柄の入った伊達襟を選んだところも個性的です。実は難しい洋髪×べっ甲かんざしのアレンジもまとまっていてチャーミング。

帯結びまでこだわった、あでやかな見返り美人

画像1
画像2
画像3

「宝尽くしのおめでたい柄が婚礼にぴったりだと思いました。帯も大正時代のビンテージです。卒花さんの写真で着こなしを研究し、帯揚げの色彩や半襟のストライプの角度までこだわりました。会場のモダンな雰囲気に合わせてヘアは洋髪に」(亜輝さん/身長162cm)

ここがPOINT!

仮画像

古典的な総柄の振り袖&帯を、卓越したカラーセンスでモダンかつ華やかにアップデート。ハッと目を引くスカイブルーの抱え帯を、結び下げの「しごき」にして動きを出したのも印象的。複雑な色を使った分、すっきりまとめたヘアも完成度のカギ。

From 編集部

色と柄のセレクト次第で、可能性は無限大!

色と柄の「足し算」で、花嫁一人一人の魅力が際立つのが和装の楽しみ。とはいえ、和洋折衷の装いや、着物と反対色の小物使いまで、ここまで自由にハイレベルに進化していることに驚きました。プレ花嫁の皆さんも、自分らしくファッショナブルに、和装を楽しみ尽くしてくださいね!

仮画像
Profile

松本絵里 スタイリスト

本誌『ゼクシィ』の和装やドレス特集を数多く手掛ける、衣裳選びのエキスパート。花嫁の魅力を引き出しながら、一歩先をいく高感度なスタイリングで大人気!

取材・文/宮部真理子 スナップ監修/松本絵里 イラスト/南 夏希
※掲載されている情報は2017年11月時点のものです。

  • 挙式・披露宴
  • ドレス・衣裳
  • 写真・ビデオ
  • アイテム検討期
  • 大人っぽい
  • おしゃれ
  • 色打ち掛け
  • 引き振り袖・振り袖・黒引き
Share on>

pagetop