ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ドレス・衣装
  4. カラードレス
  5. 続・おしゃれカップルSNAP10選★お色直しはふたりの○○バランスが鍵
ドレス
Share on>

続・おしゃれカップルSNAP10選★お色直しはふたりの○○バランスが鍵

白ドレスよりも個性が出しやすい分、ふたりのバランスを取るのが難しいのが、お色直し後のコーディネート。そこで今回はオシャレな先輩カップルたちのカラードレスの着こなしチェック! 新郎新婦ともにお色直し前の写真も載せているので、変化感をチェックしてみてね。これを参考にしてふたりにベストマッチな衣裳を探しに出掛けよう!

彼彼女ともにナチュラル4:エレガント5のバランスが鍵/くるみさん

ドレス
ドレス

スモーキーグリーンのドレスは、ナチュラルテイストながらもトレーンが長く、エレガントさもあるところがGOOD! 彼の方も、タキシードにペイズリー柄のシャツ&ドットのちょうネクタイを合わせて、遊び心を加えているので、ふたりのバランスがちょうどよくまとまっています。

●新郎お色直しのpoint
白ドレスのときは白シャツと無地のちょうネクタイできちんと感を。お色直しのタイミングで、シャツとちょうネクタイをデザイン性の高いものに変えてカラードレスに合うようイメージチェンジ。

シンプルフォルムなドレスは彼の脱ジャケットでバランスを/ふみこさん

ブーケ
花冠

花嫁のドレスが可愛らしいデザインなので、彼がジャケットを脱いでベストスタイルにしたのが◎。軽やかな雰囲気はカジュアルな会場にもよくマッチしています。アクセサリーもパールネックレス1点でシンプルに合わせているので、彼のナチュラルカラーのちょうネクタイとうまくバランスが取れています。

●新郎お色直しのpoint
グレーのジャケットスタイルをブラックのちょうネクタイで引き締めた1着目のコーデから、ジャケットを脱いだだけで雰囲気ががらりと変化。ちょうネクタイを変えるだけでできる、スピードお色直し術!

色みと柄のgoodバランスが大人可愛いをつくる鍵/mamicoさん

可愛い柄と落ち着いた色みが

ふたり
写真

くすみ系ピンクのドレスに、ネイビーのタキシードを合わせたことで、並んだ時に重くならず軽やかな印象に。ギンガムチェックのシャツが彼に可愛らしさをプラスしてくれるから、フラワーモチーフを使ったドレスとの相性もバッチリ。リースブーケにネイビーを使ったことで、ピンク×ブルーの色バランスも◎。

●新郎お色直しのpoint
挙式の時のタキシード&ベストとパンツはそのままで、シャツとボウタイをチェンジ。タイの色をドレスに合わせることで、一気にふたりの統一感がアップ。

ふたり並んでマッチする、お互いを意識した主張バランス/*hii*さん

ドレス
ドレス

鮮やかなレッドが印象的なナチュラルドレスに合わせるタキシードは、光沢のない素材を選んで正解。並んだ時のコントラストが激しくならないように、落ち着いたネイビーを選んだのもGOOD! ソックスのレッドでさりげなく色のリンクをつくったのも、やり過ぎずちょうど上品なバランス感。

●新郎コーディネートのpoint
新郎はお色直しせず、同じタキシードを着回し。ふわふわでボリュームがあるドレスと、ナチュラルなカラードレスのどちらにもマッチするには、きちんと感とカジュアル感を上手くMIXさせたコーディネートがおすすめ。

アースカラードレスは素材と色みのバランスが雰囲気をまとめる鍵/恵実さん

ドレス
ドレス

スモーキーグレーのドレスに合わせた新郎コーデは、色みにリンクしたカジュアル素材のシャツがポイント。ドレスにボリュームがあってきちんと感がある分、新郎コーデにボルドーのちょうネクタイ&チーフをプラスし、大人っぽさのあるシックな雰囲気にまとめているのがハイセンスです。

●新郎お色直しのpoint
王道のブラックタキシードコーデから、シャツと小物を変えるだけで、オシャレ感がUP! シャツも無地ではなく、さりげない柄物を選ぶとこなれ感が出る。

スイートピンクに相性◎の色&柄をバランスよくコーデして正解/あやかさん

ドレス
ドレス

花嫁のふんわりしたスイートなドレスに、ダークカラーではなく薄いチェック柄のグレーのタキシードを合わせたことで、世界観がバラバラにならず統一感があります。全身グレーでなく、ベストとパンツに黒を持ってきたことで、ぼんやりとせずコーディネートがうまく締まったところも◎。

●新郎お色直しのpoint
全身白でキリっと決めた王道コーディネートから、スタイリッシュな雰囲気へチェンジ。全身柄物に抵抗がある人は、ジャケットに柄を取り入れるだけで一気に雰囲気が変わります。

クラシカルにまとめた小物バランスで世界観をリンク/RINCOさん

ドレス
ドレス

花嫁の着る印象的なレッドドレスに合わせて、グレーの千鳥格子柄ジャケットとカマーバンドでクラシカルにまとめたところが、ふたりの世界観をうまくつくり上げていてGOOD。赤を少しだけ効かせたチーフ使いも、分量のバランス感◎です。

●新郎お色直しのpoint
オールホワイトでまとめた甘めの王子様スタイルから、がらりと変身。新郎の劇的チェンジなら白→ダークカラーのお色直しがお勧め。

ふたりのさりげないシルバー使いが大人バランスの鍵/sary.04sさん

ドレス
ドレス

ドレスの胸元に輝くシルバーのビジューに合わせて、ベストとネクタイにシルバーを使った、ふたりのリンクコーディネート。さりげないリンクのようですが、華美な小物は用いずシンプルな装いにしたからこそ、リンクカラーが引き立っています。

●新郎お色直しのpoint
白ドレスに合わせたのは、白シャツと黒ちょうネクタイのシンプルな王道コーディネート。中をシルバーに変えるだけで一気にシックでスタイリッシュに変身します。

好相性カラー同士のバランスがふたり並んだときにマッチする鍵/舞さん

ドレス
ドレス

胸元にビジューが入ったボリュームのあるグレーのドレスに、ネイビーのタキシードがベストマッチ。黒のタキシードだとふたりが並んだ時に少し重くなってしまうので、会場のアンティークな雰囲気に合わせた、ふたりのカラーバランスは絶妙です。

●新郎コーディネートのpoint
ネイビーのタキシードは、白ドレスにもグレーのドレスにもマッチするお勧めカラー。新郎がお色直しをしない場合はどちらのドレスにも似合う1着を見つけよう。

From 編集部

大事なのはふたり並んだときのバランスです

ふたりのコーディネートをオシャレに格上げするために大事なのは、並んだときのバランス! 同じ色を使い過ぎてない? 素材感は合ってる? 雰囲気がちぐはぐじゃない? 自分の衣裳だけでなく、お互いの衣裳とのバランスを見ながら、ふたりでお色直し衣裳を決めていこう。

取材・文/滝 紀子 取材協力/スタイリスト為井真野(Kind) 構成/真坂千稔(編集部)
※掲載されている情報は2017年9月時点のものです

  • ドレス・衣裳
  • 写真・ビデオ
  • アイテム検討期
  • 定番
  • ふたりらしい
  • ヒロイン気分
  • ポイントカラー
Share on>

pagetop