ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. 役立つ、残せる、宝物になる 「#ウエディングノート」っていいね!
結婚式スタイル
Share on>

役立つ、残せる、宝物になる 「#ウエディングノート」っていいね!

気になるドレスやメイクのイメージ写真、自分の好きなものやTO DOリスト、メモなどをひとつにまとめた“ウエディングノート”。準備中に役立つだけでなく、大切な時を残せる、すてきな宝物にもなる、そんなノート。先輩花嫁の例も参考にぜひあなたも作ってみて!

ウエディングノートは<役立つ!>

したいこと、やりたいことがまとめられて、打ち合わせでも大活躍!

ノート

結婚式準備は決めることがたくさんあるけど、やってみたいこともどんどん出てくる……。そんな忙しい期間に、花嫁を力強くサポートしてくれるのが「ウエディングノート」。やるべきことをTO DOリストにまとめてスケジュール管理をしたり、雑誌やカタログで見て気になったドレスやヘアメイク、演出などを切り抜いて貼ったりと、一冊にまとめておくだけで結婚式のイメージを膨らませやすく、会場の担当者さんとの共有にも便利で、準備がスムーズに進むんです。

先輩花嫁VOICE

花嫁

イラストとメモを中心に書き込みました。ヘアスタイルやドレスのことだけでなく、どんな気持ちで当日を迎えたいかも書いたので、自分の気持ちの整理にも使えました(ぺすさん)

花嫁

やることリスト、招待客リスト、引き出物、ドレスやヘアメイクのイメージ写真、式場リスト、使用する曲など、この時期に必要だったことすべてをこの1冊にまとめたので、情報がバラバラにならず便利でした(YNさん)

ウエディングノートは<残せる!>

いつも手元に。アナログだから、形に残せる!

ノート

デジタルと違って、いつでも手元に置いておけて、進捗や状況を記録に残しておけるのも「ウエディングノート」の魅力。いつも持ち歩いて、気になったことや感想をその都度書き足していけるのも◎。彼と一緒にノートを見ながらやりたいことを考えたり、友だちに見せながら相談をしたりできる、そしてなにより式後も準備中のことをそのまま残しておけるのも、アナログのノートだからこそのポイント!

先輩花嫁VOICE

花嫁

挙式後に、準備中の写真や引出物のカタログ、ドレスなどをフォトブックとしてまとめて残しておきました(minoriさん)

花嫁

式場が立派なリング式ノートを準備してくれて、作り方をガイドしてくれたおかげで、準備の様子がそのまま残せています(けーちゃんさん)

ウエディングノートは<宝物になる!>

式準備中のすべてが詰まった思い出の一冊に!

ノート

ずっと花嫁の側に寄り添って、結婚式準備という特別な時間をともに過ごすウエディングノートは式後、きっとかけがえのない宝物に。目を通すたびにがんばった結婚準備当時のことを思い出すことができるから、毎年の結婚記念日に見返してみるなんてことをしてみても。式の写真や映像と同じように、大切な思い出の品となるのもウエディングノートならでは。

先輩花嫁VOICE

花嫁

彼とケンカした内容や準備時期に思っていたことも、メモのように書いていたので、ぼろぼろになったノートも今となってはすてきな宝物になっています(みーさん)

役立った!残せた!宝ものになった!

拝見、先輩花嫁のウエディングノート

結婚準備期間のさまざまなことを残せ、役立つ、宝物になるウエディングノート。3人の先輩花嫁に実際のノートを見せてもらいました!

ノート
ノート
ノート

先輩花嫁VOICE

[切り抜きやイラストを添えて。見て確認できるノートに]
花嫁

イメージをイラストに描いたり、切り抜きを貼るなどして整理しました。ブレてしまいがちな大きなテーマなどを、書き記しておいたことで度々見返せ、忘れずにいられたのもよかった。ひとつのことをここまで突き詰めて考えたのは結婚式が初めてだったので、今でもたまに見返しては当時のわくわくしていた気持ちを思い出しています(茅奈さん)

ノート
ノート
ノート

先輩花嫁VOICE

[市販のウエディングノートに写真や切り抜きを貼って]
花嫁

最初、白紙かあらかじめ項目があるノートかどちらか迷ったのですが、打ち合わせのことなども細かく書き留めたかったので、本屋で見つけたゼクシィのウエディングノートに! 式までにしないといけないことを書き留めていたので、いつ何をすべきかを、順序よく進めることができました。式が終わった今でも思い出として大切に保管しています!(香奈さん)

ノート
ノート

先輩花嫁VOICE

[お気に入りのノートに見やすくまとめて]
花嫁

大好きなグループのグッズのノートに、自分のやりたいことやどういう結婚式にしたいかなど、頭の中をアウトプットするかのごとく書き出しました。気になる情報や打ち合わせの内容、やるべきタスクなどを残し、見返すと当時を思い出す「頑張った記録」です。一大イベントを新郎、ゲスト、スタッフと成し遂げた準備過程を記録している大切なものです(さきこさん)

From 編集部

メリットたくさんのウエディングノート。ぜひ今すぐ作り始めてみて!

結婚式のイメージを膨らませやすく、準備が楽しくスムーズになって、きちんと形に残せて、将来の宝物になる。こんなすてきなことがたくさんのウエディングノート。だから、結婚が決まったらすぐに作りはじめるのがおすすめです!

取材・文/滝 紀子 撮影/齋藤海月(香奈さん分) イラスト/黒猫まな子 構成/松隈草子(編集部)
※記事内のコメントは2017年7月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー72人が回答したアンケートによるものです
※掲載されている情報は2017年8月時点のものです

  • 結婚準備全体
  • アイテム検討期
  • きちんとしている
  • テンションあげたい
  • 楽しく読む
Share on>

pagetop