ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 海外ウエディング
  5. 到着したらOMG!海外婚ゲストのあるあるトラブル6
お金・常識
Share on>

到着したらOMG!海外婚ゲストのあるあるトラブル6

ふたりはもちろん、招待されるゲストにとってもドキドキな海外ウエディング。旅費負担の調整や当日のスケジュールは電話やメールで確認済みだし、後は手配会社と打ち合わせを進めるだけ、なんて思ってない?
海外挙式に招くぐらい親しい間柄だからこそ、油断は禁物。海外では予想外のハプニングが起きるんです。今回はゲストに実際に起きたOMG!な事件をご紹介。きちんと対策して、ふたりもゲストもHAPPYな海外婚に!

似た名前のホテルと間違えたー!

証人:IZUさん 場所:ハワイ

似た名前のホテルと間違えたー!

「結婚式前日に両家でディナーの予定だったのに、時間になっても私の両親が来ない。『シェラトン●●●●』と『シェラトン▲▲▲▲』を間違えていました。30分後に無事合流。式当日も同じ集合場所だったので前日でよかった……!」

どう防ぐ? OMG対策

・案内は正式名称で
観光地には似た名前のホテルがたくさん。カタカナだけでなくホテルや会場の正式名称を伝えておこう。

・ホテルカードを渡す
ホテルや会場の名前・住所入りのカードを準備。財布や手荷物に入れられて、迷ったときはタクシードライバーにそのまま渡せば、現地の言葉が話せなくても行き先が伝わる。

・簡単な地図を用意
似たような名前のホテルと間違わないように、簡単な地図を用意。最寄り駅や目印になる建物からの経路があると分かりやすい。

送迎バスはどこですかー!?

証人:レビンさん 場所:カナダ

送迎バスはどこですかー!?

「友人の結婚式で『リゾートホテル最寄りの○○駅から、△時にバスが出ます。現地の友人10人も一緒です』と案内が。駅に行くと乗用車と白いスクールバスのみ! 案内ボードやホテルのロゴもなく、他のゲストらしい人たちも皆困惑……。なんとか幹事のベストマンに連絡がつくと、そのスクールバスらしいと分かり、急いで乗り込みました。後で聞くと、予算の関係でリゾートホテルのバスを諦めて外注し、スクールバスに行き先などの目印を掲げる配慮もなかったそう」

どう防ぐ? OMG対策

・送迎バスの色やデザインを確認
どんなバスがゲストを迎えに行くか、事前に手配会社やスタッフに教えてもらい、ゲストに特徴を伝えておこう。

・案内ボードを準備
送迎バスに案内ボードがあるか聞き、ない場合は依頼を。体験談のように予算の関係で難しい場合は、簡単な画用紙でもいいので準備して車の前面など目立つ所に置いてもらって。

・待ち合わせ場所を旅のしおりに
待ち合わせの詳しい場所や緊急連絡先、バスに一緒に乗るゲストを伝えて置くと安心。語学が得意な友人にはフォローをお願いする可能性があることを話しておこう。

日本の結婚式とドレスコードが違うのかーい!

証人:松岡 愛さん 場所:韓国

日本の結婚式とドレスコードが違うのかーい!

「友人の結婚式に参加したとき、日本の結婚式の感覚で、ワンピースドレスとオーガンジーのストールを用意。現地の友人に『やり過ぎ。もっとカジュアルでいいよ』と言われ、友人のカーディガンを借りて出席しました」

どう防ぐ? OMG対策

・ドレスコードを伝える
南国リゾートやヨーロッパの教会など、その国・エリアごとに服装は違う。ゲストが迷わないよう、「リゾートドレスにサンダルでOK」「家族はアロハシャツやムームーを着ます」「教会内で肩出しや生足はNG」など、具体的にドレスコードやNGな服装を伝えておこう。

ううう……パンプスで砂まみれビーチフォト(涙)

証人:ひろこさん 場所:グアム

ううう……パンプスで砂まみれビーチフォト(涙)

「結婚式前にみんなで撮影会をするから早めにホテルに集合してほしいと、前日に新婦から連絡。てっきりホテルで撮影すると思いきや、そこから全員で車に乗ってビーチへ。灼熱(しゃくねつ)のビーチの上で、汗だくになりながら撮影会をし、新しく買ったパンプスも浜辺を歩いたせいで砂まみれになり、結婚式前にぐちゃぐちゃ……」

どう防ぐ? OMG対策

・ゲストとビーチフォトをするならサンダルを用意
家族やゲストとのフォトツアーは今とても人気。だけど、ビーチで撮るなら、サンダルを用意してもらうか、ふたりがビーチサンダルなどを準備しておくべき。

・撮影コースを伝えておく
靴以外にも、日焼けや化粧直しなど気になることはたくさん。準備もあるので「サプライズの方が楽しいかも」なんて思わず、事前にコースを伝えておこう。

・待ち時間を配慮
ゲストと一緒にフォトツアーに出ると、どうしても新郎新婦のショット待ちの時間が長くなる。プランナーに伝えて、長時間待たせることがないよう、日陰や椅子のある所に案内する配慮を。

帰国フライトに乗り遅れちゃうよ~><

証人:Kanaさん 場所:ハワイ

OMG!帰国フライトに乗り遅れちゃいそうに><

「自分たちの結婚式の打ち合わせ中に帰国便を一度変更しました。なぜか変更前の時刻がずっと頭に残っていて、家族一同乗り遅れそうになりました。旅行慣れしていなかったせいか、チケットは発行されて搭乗時刻も印字されているのに、乗り遅れそうに。本当に危なかった……」

どう防ぐ? OMG対策

・飛行機の時刻は出発前に再確認
確認メールや旅のしおりなどに時刻をはっきり明記して、家族やゲストに連絡。飛行機の時刻や宿泊ホテルなど大事なことを変更した場合は、必ず最終確認。

・早めに空港へ
海外旅行に不慣れな人がいる場合は、空港に早めに着くように時間を設定して。トラブルが起きたときも時間に余裕があれば対応できる。

・チケットを持っているか確認
最近はeチケットなど、いろいろな形態がある。特に旅行慣れしていない人や高齢ゲストには、チケットを忘れていないかひと声掛けて。

挙式の集合場所が分からない……!?

証人:あっつーさん 場所:ハワイ

挙式への集合場所が分からない……!?

「ゲストの集合場所が分からず、友人ゲストが待ち合わせの時間に少し遅れてしまいました。さらに集合場所にいるはずの案内の人がそこで待っていてくれず、皆、自力で挙式会場へ。式にはなんとか間に合ったけれど、次の式が控えていてセカセカした雰囲気になってしまいました」

どう防ぐ? OMG対策

・地図を送り、最終打ち合わせで場所を確認
大型リゾートホテルは、エントランスやロビーがかなり広い。挙式前日に最終打ち合わせがあるなら、ゲストの待ち合わせ場所も見ておき、分かりにくかったらメールやLINEで補足して。

・時間に余裕を持って
初めての場所は迷いやすいもの。出発時間の10分前を集合時間にしておくと安心。

・緊急連絡先を伝える
当日トラブルが起きたときのため、ふたりの連絡先以外に会場のブライダル担当の連絡先も伝えておこう。

最低限伝えるべきPOINT5

体験談から分かるように、事前に情報を伝えておくことが重要。以下の5つの情報をまとめて、早めにゲストに渡そう。

招待状

【イベント開催】リゾートウエディングの会場・手配会社に一度に相談できる

海リゾフェスタ写真

9月29日(土)・30日(日)、ふたりにぴったりのリゾートウエディングが見つかるゼクシィフェスタを渋谷ヒカリエで開催! 国内は北海道から軽井沢、沖縄まで、海外はハワイやヨーロッパなど、多数のエリアが相談できます。また、ハネムーンや帰国後のパーティ、二次会もご紹介。リングの試着や人気の「ハーバリウム」が作れる花嫁DIY(有料)、プチエステの体験コーナーや、来場者プレゼントなどの嬉しい特典も♪ お気軽にお越しください!

『ゼクシィフェスタ 海外&国内リゾートウエディング』の詳細はこちら!

From編集部

海外婚の準備は、事前に情報を送ることが最大のポイント

海外挙式の場合は、国内挙式風の「招待状」は必須ではないけれど、旅行スケジュールやホテル、飛行機など伝えることがいっぱい。「旅のしおり」まででなくても、ゲストが安心できるように事前情報を郵便やメールなどで送ろう。「これだけは絶対に見て、現地にも持って来てください」と念押しを。ふたりもゲストも安心して当日を迎えてくださいね♪

取材・文/竹本紗梨 イラスト/ユリコフ・カワヒロ デザイン/高安晶子 構成/小森理恵(編集部)

※掲載されている情報は2017年1月時点のものです
※記事内のコメントは2016年11月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー103人が回答したアンケートによるものです

  • 式イメージ収集期
  • 海外実例
  • 細やかな気遣い
  • 安心したい
  • 海外ウエディング
Share on>

pagetop