ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. その他演出・演出アイテム
  5. ゲストをほっこりさせる “優しい招待状”送りませんか?
演出アイテム等
Share on>

ゲストをほっこりさせる “優しい招待状”送りませんか?

結婚式は大切なゲストとの絆を強める絶好の機会。最初にゲストの手元に届くアイテム「招待状」も、ちょっとした工夫でふたりの優しさが伝わり、ゲストに「ほっこり」してもらえるおもてなしアイテムになるんです。今回は先輩花嫁が実際に送って喜ばれたり、ゲストとして受け取ってうれしかった“優しい招待状”のアイデアをほっこり度別に紹介。ぜひ参考にして。

【ほっこり度110%】決め手は「先回り」ができるかどうか

ほっこり度110%イラスト

まずは「定番プラス10%」のさりげなさが光るアイデアを紹介。ゲストみんなの体調や好みを気にかけたり、事前の心配や不安を取り除く「先回りした」一文やひと手間が決め手に。

先輩花嫁の“優しい招待状”

先輩花嫁画像

<寒さのフォロー>
招待状に「ガーデンでセレモニーがございます。コートや羽織るものをお持ちください」と書いたカードを追加しました。当日は3月とはいえまだ少し肌寒く、コートを着て参加してくれた女性ゲスト多数。楽しそうなみんなの笑顔を見て、「伝えておいてよかった」と思いました。(miyuさん)

先輩花嫁画像

<アレルギー対応>
招待状の返信はがきに通信欄を設け、「アレルギーや苦手な食材がある方はご連絡ください」とひと言添えました。年配ゲストなど、好き嫌いや食べられない食材があるゲストは意外に多く、喜ばれました。(由美子さん)

先輩花嫁画像

<ドレスコードの連絡>
沖縄の離島でリゾート挙式。「大自然を満喫できるホテルのガーデンでの挙式となりますので、リゾートを楽しむカジュアルな装い(ジャケット着用でなくて問題ございません)でお越しください」と招待状の文面に入れ、ドレスコードの例も画像で紹介しました。「服装で迷わずに済みよかった」と感謝されました。(円さん)

先輩花嫁画像

<アクセスの案内>
新郎が実際に歩いて撮影した周辺の地図と送迎バスの時刻表、ならびに主要ターミナル駅(東京など)からの所要時間やアクセスをまとめた案内状をパソコンで作成。「分かりやすかった」と遠方ゲストからも好評でした。(R.Nさん)

先輩花嫁画像

<子連れゲストへの配慮>
会場内のベビーベッドのほか、休憩室、授乳室を別に用意したことを招待状に書き添え、定番の披露宴であることも伝えました。「乳児がいるので助かる」と喜ばれてよかったです。(ハッピーさん)

**ここがほっこり度110%のポイント**

服装や食べ物、会場までのアクセスなど、ゲスト目線に立つと事前に確認したり、聞いておきたいことはいろいろ出てくる。そこを先回りして招待状で伝えれば、ゲストの負担や不安を減らせるし、新郎新婦がゲストを思う気持ちも伝わる。

【ほっこり度150%】「先回り」に「ふたりらしい遊びごころ」をプラス

ほっこり度150%イラスト

「定番プラス50%」の特別感を感じる招待状。ふたりらしい遊び心やサービス精神が感じられたり、個別の事情にまで気を配っていることが伝わって、ゲストもほっこり。

先輩花嫁の“優しい招待状”

先輩花嫁画像

<アクセスの案内>
会場に行くまでの道順を、新郎新婦自らが案内する写真付きの地図を作って招待状に同封。「とても分かりやすく、うれしかった」「迷わず、早く着いた」という喜びの声続出でした。(さちえもんさん)

先輩花嫁画像

<会場周辺の観光案内>
会場が用意してくれた地図とは別に、宿泊するゲストにはホテル周辺でふたりおすすめのスポットを書いた地図も同封。観光気分も味わってもらえてよかったです。(さくらさん)

先輩花嫁画像

<ウエルカムドリンクに代わるおもてなし>
ウエルカムドリンクの代わりにホテル内のカフェのドリンクチケットを同封し、「好きなタイミングで召し上がってください」というメッセージを添えました。「結婚式前にみんなで集まったときに飲んだ」、「披露宴が終わってから飲んで心がさらに温かくなった」など多くの方から好評でした。(R.Nさん)

先輩花嫁画像

<子連れゲストへの配慮>
ママさんゲストを招待する際は招待状の宛名にキッズゲストの名前を記載し、母子一緒に招待しました。「キッズ衣裳やレンタル衣裳も会場内のサロンにてご案内可能となっておりますので、ご利用の際はご連絡ください」というひと言も添えたら、喜ばれました。(知世さん)

先輩花嫁画像

<ペット参加に関する配慮>
ふたりとも犬が大好きで、ガーデンでのウエルカムパーティには飼っている犬も参加させたかったので、「私たちの愛犬も参加する予定です。犬が苦手でご心配な方にもご迷惑が掛からないよう細心の注意を払いますので、何とぞご容赦をお願いします」という一文を入れました。みんな温かく見守ってくれ、「アットホームな結婚式になってよかったね」という言葉も頂けてうれしかったです。(美奈子さん)

**ここがほっこり度150%のポイント**

ゲストが思わず笑顔になるような遊び心を盛り込んだり、ゲスト各自の事情を配慮したきめ細やかな心配りを感じる招待状が届くと、「ふたりらしさ」を感じられて、結婚式に行くのがもっと楽しみに!

【ほっこり度200%】「先回り」「遊び心」「提案力」でパーフェクト!

ほっこり度200%イラスト

「私のためにこんなに気遣ってくれたんだ」とゲストを驚かせ、感動させるレベル。定番プラス100%超えの招待状で「愛」を伝え、ゲストをきゅんきゅんさせちゃおう。

先輩花嫁の“優しい招待状”

先輩花嫁画像

<スピーチの打診>
友人の結婚式の招待状にスピーチ依頼の付箋が入っていて、「昔からあなたにお願いしようと決めていたのでぜひお願いしたいです」と書いてあり感激。大好きで仲のいい友達ですが、彼女がそう思っていてくれたことがうれしくて、もちろん引き受けました。(ゆーこさん)

先輩花嫁画像

<1人で出席するゲストへの配慮>
共通の友人がおらず、1人で参加する予定だった友人の結婚式。1人で参加することに不安もあったのですが、招待状に「もしよかったら、〇〇君(そのときは彼氏。今の夫)と一緒に参加していただけたら……」と書き添えられていてびっくり。友人と彼は面識があり、まったくの知らない仲ではなかったのですが、限られた招待人数の中、カップルで招待してくれたことに感激しました。(佳織さん)

花嫁アイコン

<子連れゲストへの配慮>
会場が狭かったので、友人の子どもには遠慮してもらうことに。その代わり、2階のフリースペースで家族の方と待てる場所を用意し、ドリンクや食事でもてなすこと、友人ゲストは会場から出やすい場所に席を用意するので、気兼ねなく行き来してほしい旨を招待状に書き添えました。友人ゲストからは「大人も子どもも楽しめてよかった」と想像以上に感謝されました。(ゆっちゃんさん)

先輩花嫁画像

<マタニティゲストへの配慮>
妊娠中に届いた友人からの招待状。「返事はギリギリでいいからね」というメモが挟んであって、うれしかったです。行ける可能性もアップするし、「ぜひ来てほしい」という思いが伝わってじーん。(kaoさん)

花嫁アイコン

<マタニティゲストへの配慮>
妊婦の友達が3人いたので、毛布とか用意すべきものがあったら教えてね。乾杯はお酒じゃなくてジンジャエールにしようと思っているけど、炭酸は飲める? もし体調が悪くなったら控室とか用意してあるから遠慮なく言ってね」と書いたメッセージカードを招待状に同封しました。「気を使ってくれてありがとう。うれしかったし、毛布を用意してもらえて助かった」と喜んでもらえました。(ちゃんさん)

**ここがほっこり度200%のポイント**

「結婚式を楽しめるように」と考え抜かれた具体的な提案や、想像以上に行き届いた気配りがあると、ゲストは感動。招待状が新郎新婦の好感度を一気に引き上げ、ゲストの祝福気分を高めてくれる。

From 編集部

プラスαの優しさでゲストに「ほっこり」届けましょ♪

「招待状はフォーマルなものだから」と定型文をそのまま送っている人も多いけど、ちょっとした気配りでゲストの心をほっこりさせることが可能。大切なのは、いろんな状況や立場のゲストを思いやる気持ち。「自分がゲストだったら」と想像しながら、優しい気持ちを込めて一工夫してみて。

文/笠原恭子 イラスト/すぎやまえみこ 構成/小田真穂(編集部)
※記事内のコメントは2015年12月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー124人が回答したアンケートによります
※掲載されている情報は2016年1月時点のものです

  • 挙式3ヶ月前
  • アイテム検討期
  • 花嫁実例
  • もてなし
  • 細やかな気遣い
  • 頑張りたい
Share on>

pagetop