ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出・演出アイテム全般
  5. アイテム手作りの「理想と現実」、先輩花嫁のホンネ
演出アイテム等
Share on>

アイテム手作りの「理想と現実」、先輩花嫁のホンネ

招待状、ウエルカムボード、プロフィール映像……結婚式・披露宴のアイテムを手作りしようかどうか考える人は多いはず。手作りすると時間はかかるけど節約になる? やっぱりプロに依頼した方が安心?と迷うこともありますよね。そこで、先輩カップルにアンケートを実施。手作りしたかった・実際に手作りした・手作りしてよかったアイテム、その理由や感想などホンネを調べました。手作りする・しないを決めるときの参考にして。

先輩カップルが「手作りしたかった」のは『ウエルカムアイテム』がトップ

ウエルカムボード

先輩カップルが当初から手作りしたいと希望していたものは、下記のランキングの通り。ウエルカムボード、ウエルカムベアやドールなどの『ウエルカムアイテム』は、220人中186人と、ほとんどの人が当初は手作りを考えていたという結果に。
次いで招待状、席次表、席札などの『ペーパーアイテム』、『リングピロー』プロフィール映像やエンディング映像など『演出用の映像』も半数以上の人が当初は手作りを希望。準備をスタートしたばかりの頃は、みんながあれもこれも手作りしようと、ちょっと肩に力が入っているようですね。

DATA 1●結婚式・披露宴のアイテムで「手作りしたかった」ものは?

1位 ウエルカムアイテム(ウエルカムボード、ウエルカムベア・ドールなど) 186人
2位 ペーパーアイテム(招待状、席次表、席札など) 158人
3位 リングピロー 129人
4位 演出用の映像(プロフィール映像、エンディング映像など) 120人
5位 ブーケ・衣裳小物 63人
6位 ゲストへのプチギフト 54人
7位 親への贈り物(花束、体重ベア、その他記念品など) 39人
(回答者数: 220人 ※複数選択)

実際に「手作りできた」のはプロフィール映像など『演出用の映像』がトップ

映像演出

手作りしようと思い、本当に実現したもののランキングを見ると、プロフィール映像やエンディング映像など『演出用の映像』がトップに。ほかのアイテムに比べて難易度が高めのため、そもそも手作りできる自信があって、手作りを考えた人が多いのかもしれませんね。
一方、興味深いのが『ペーパーアイテム』のデータ。当初の希望では2位、実現率では5位と、手作りしたかった人も、諦めた人も多いよう。先輩カップルのコメントを見ると「彼に、招待状はゲストが最初に手にして見るものだからプロに任せた方がいい、手間がかかるけど本当にできる?と言われたので」(33歳女性・33歳男性)など、仕上がりを重視したという声が多く挙げられました。

DATA 2●手作りを「希望していた」アイテムで「実現できた」ものは?

1位 演出用の映像 83%
2位 ウエルカムアイテム 82%
3位 親への贈り物 74%
4位 ブーケ・衣裳小物 73%
5位 ペーパーアイテム 70%
6位 リングピロー 64%
7位 ゲストへのプチギフト 52%
(回答者数: 220人 ※複数選択)

「手作りして良かった」のは『親への贈り物』。ほかは満足した人が半数未満

親ギフト

手作りしたアイテムの満足度は、花束、体重ベア、その他記念品など『親への贈り物』がトップ。当初から手作りを考えた人は少なかったものの、実際に気持ちを込めて手作りしてみると、その満足度はやはり高いようです。
そして注目したいのが、2位以下のデータ。1位の『親への贈り物』を除き、すべてのアイテムにおいて「手作りして良かった」人が半数未満となっています。先輩カップルのコメントを見ると「名前が入るペーパーアイテムはミスの許されないところ。外字や並びなど、難しい点もいっぱいあるし、一般家庭のパソコンでは対応策も限られてしまいます。もう一度やり直せるなら、席次表は専門店に頼みたいです」(28歳女性・28歳男性)など、「アマチュアの限界」を挙げる声が多く寄せられました。

DATA 3●手作りを「希望していた」アイテムで「良かった」ものは?

1位 親への贈り物 51%
2位 演出用の映像 45%
2位 ウエルカムアイテム 45%
4位 ペーパーアイテム 42%
5位 ブーケ・衣裳小物 38%
6位 リングピロー 30%
7位 ゲストへのプチギフト 28%
(回答者数: 220人 ※複数選択)

from編集部『仕上がりやかかる時間も考え、手作りするなら計画的に』

結婚式・披露宴アイテムの手作りには「節約できる」「温かみがある」「ふたりらしさが出せる」「思い出に残る」などのメリットがいっぱい。でもその半面、「プロの仕上がりにはかなわない」「自分の時間がなくなる」などのデメリットもあり、結果に満足できなかった人が多いのも事実です。手作りするかどうかを判断するときは、仕上がり、かかる時間についてもよく考え、優先順位をはっきりと。そして、手作りすると決めたら、しっかりと計画を立てて進め、挙式直前に寝不足にならないようにすることも大事といえそう。必要なときにはプロの手も借りて、大満足のアイテムを用意してくださいね。

BGMを決めるときに知っておいてほしいこと

●会場によって、音源の持ち込みができない場合や取り扱える音源に制限がある場合があります。事前に会場に相談、確認をしましょう。
●曲を購入する前に、会場での使用が可能かを事前に確認しましょう。
●会場によって、音源の再生タイミングの指定など、オペレーションの制限がある場合があります。事前に会場に相談、確認をしましょう。

取材・文/前川ミチコ
※記事内のデータは2014年11~12月に実施した結婚情報サイト「ゼクシィ」ユーザー220人へのアンケートによるものです。
※掲載されている情報は2015年6月時点のものです

  • 演出・アイテム
  • 打ち合わせ開始期
  • 定番
  • ウエルカム演出
  • 入場演出
  • 宴中の余興・盛り上げ演出
  • エンディング演出
  • 中座中演出
Share on>

pagetop